スキンケア豆知識!化粧水・乳液のお手入れの順番とパッティングの事

化粧水の効果をより引き出してくれるスキンケアの順番をご存知でしょうか?正しい順番でお手入れすることはとても重要なことです。化粧品を使用するメリット、パッティングの方法についてまとめました。

化粧水の効果を引き出す!スキンケアの順番

乾燥した肌は肌トラブルを起こしやすくなります。潤いのある健康な素肌を保つには、スキンケアが欠かせません。しかし、使用する基礎化粧品の順番を間違えると、効果が半減してしまう事があります。正しい順番を覚えて、スキンケアの効果を最大限に引き出しましょう。

洗顔を終えた後、始めに使用するのは化粧水です。手やコットンを使用して、肌にたっぷり水分を与えましょう。ただし、肌が乾燥していると細胞が固くなってしまうので、化粧水があまり浸透しなくなります。洗顔後、顔についた水滴を取り除いたら、肌に水分が残っている内に素早く化粧水を使用しましょう。

次は美容液です。美容液には、肌の悩みを解消する有効成分が多く含まれています。肌にしっかり馴染むように、化粧水で潤いを与えてから使用するようにしましょう。もし、大きな肌の悩みがなく、スキンケアも最小限でかまわないというのであれば、美容液は省いてもかまいません。

最後に、クリーム・乳液です。化粧水や美容液は水分が主成分のため、ケアをしなければ蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。油分を含むクリームや乳液で蓋をして、水分の蒸発を防ぎましょう。クリームは乳液に比べて油分が多く含まれています。気温や肌の状態に合わせて、乳液とクリームのどちらを使用するか判断すると良いでしょう。

化粧水の正しいお手入れ方法

女性だけでなく男性もスキンケアを行う時代になっています。しかし正しいスキンケアができている方はごくわずかです。そこで誰でも使う化粧水を使った正しいお手入れ方法についてお話します。化粧水の目的は肌の水分補給です。乾燥肌やオイリー肌など様々な肌質の方がいらっしゃいますが、どんな肌でも水分は重要です。肌の外側からも水分補給をしてあげます。

しかし、手のひらに化粧水をとると手のひらが化粧水を吸収してしまい、顔に化粧水が浸透していきません。なぜならお風呂に入ると手が水分を吸ってしわしわになることがあります。手のひらは体のどこよりも働き者でよく動かしますし、紫外線などにもさらされる頻度が高い部分です。そのため肌の水分も枯渇しやすいので水分に触れると吸収してしまいます。

そのためコットンを必ず使用してください。コットンに適量取り、パッティングします。パッティングは100回以上行ってください。そうすることで肌がひんやりして、毛穴を引き締めてくれます。

毛穴の開きはたるみの原因なので、たるんだ皮膚が引き締まるだけで小顔効果やシワ対策にもなります。パッティング後は特に乾燥しやすい小鼻周りに10分程度コットンパックすると更に潤います。しかし長時間のパックはコットンが水分を吸ってしまうので注意してください。

化粧水を使うメリットを知りましょう

朝と夜に行うのがスキンケアです。最近では男性もスキンケアをするようになり、コスメ業界も数々の化粧品を開発しています。スキンケアにとって、一番大切なのが、水分です。保湿をしっかりとしなければ、お肌の潤いも弾力もしっとり感も失われてしまい、早く老化をさせてしまいます。

そして一番大切なのが化粧水です。化粧水はお肌に潤いと水分を与え、さらにしっとり感をくれます。化粧水はただそれだけ、そう思っているでしょう。それだけではないのです。化粧水を使うメリットとして、パックとしても利用できるということです。パックというと、泥パックやクリームパックを想像しがちです。

専用のパックがなくても、十分にできるのがこの化粧水であるローションなのです。パック専用のものも販売していますが、なければティッシュで構いません。このティッシュを顔に三等分に置き、その上からローションをしみこませます。顔に貼り付いたティッシュがパックの役目をしてくれます。

さらに、ローションがお肌への浸透をさせていきますので、これを5分程度させておくと、お肌もツヤツヤになるのです。ローションはただ毎晩毎朝付けるだけでなく、こうしたパック効果を出してくれるメリットがあります。

化粧水のパッティングについて

化粧水を顔につける時、多くの人がパッティングをします。パッティングの際にコットンを使う人がいますが、コットンは少々注意が必要です。とても柔らかいコットンですが、その繊維は意外としっかりしています。コットンのパサパサした部分が残ってしまう量しか使っていない場合では、乾いている繊維で肌を傷めてしまうことがあります。

パッティングは何度も何度も繰り返して肌に接触させるので、知らないうちに肌に負担をかけてしまっています。手のひらで行う場合、顔が赤くなるほど叩いた方が化粧水がよく染み込むと思っている人がいます。中には、化粧水をつけてから数十分にわたり、顔を叩くという美容法をしている人もいます。

パッティングは、肌に刺激を与えないことが基本です。コットンであれば、水滴が落ちるほどたっぷりと化粧水を染み込ませ、優しく押さえるように場所を変えていきます。手のひらであれば、全体に広げて顔を包み込んで優しく押さえ、場所を変える時はそっと手のひらを動かします。

いずれの場合も、ゴシゴシと肌を擦る様なつけ方は禁物です。化粧水は研究されていて、顔につけるだけでも十分に浸透する能力を持っています。強い力で押し込まなくても自ずと肌に入っていきますので、優しく肌にのせましょう。