知っておきたい!美容液の正しい使い方や順番とは?

美容液の正しい使い方はご存知ですか?よくわからずに、「とりあえず朝晩塗ってます!」という人も多いのではないでしょうか?今回は美容液を使う正しい順番について、乳液との違い、美容液の比較の仕方などの情報をまとめました。

お肌のサプリメント、美容液の使い方

スキンケアを行う際に美容液を利用する方が多くいらっしゃいます。しかし美容液にも様々な種類や効果、成分のものがあります。肌へ栄養を与えてくれるので、肌のサプリメントとも言われています。化粧水に比べて有効成分が多く含まれていたり、濃度が濃かったりするので少し贅沢な基礎化粧品です。

多くの方が化粧水と乳液でスキンケアを行っています。美容液は肌の調子が整わない時や、肌の疲れや乾燥、たるみなどの肌トラブルが気になったときにプラスするとよいアイテムです。特に美白やエイジングケアなどする際には必要不可欠です。肝心な使い方ですが、多くの方が乳液の後に使っています。

しかし乳液は皮脂のコントロールを目的にしているので、その上に水溶性の美容液を塗ってもはじいてしまいます。そのため、化粧水の後に使うのがベストです。化粧水で入念にパッティングした肌の上に染み込ませるように塗り込んでください。美容液にも部分的に使うものと顔全体に塗り込んでいくものがあります。

シミなどにアプローチする場合は部分的なものでもよいですが、アンチエイジングに使う際には顔全体に塗り込んでいくものを使ってください。化粧水後の肌はすこしひんやりしているので、手で温めて塗り込んでいくと浸透力がよくなります。

美容液をつける順番について

美容液は美白成分や保湿成分が凝縮して配合されている化粧品で、有効成分を肌に補給する役割があります。シワと防ぎたい、乾燥を防ぎたいなとの肌の悩みがあるときは、美容液で補うのが一番効果的になります。美容液をつける順番はアイテムによって異なりますが、一般的には化粧水の後、乳液やクリームの前になります。

化粧水には洗顔によって失われた水分を補うのが主な役割で、その後につける美容成分を浸透させやすくする効果があります。美容液はシワや乾燥など肌トラブルが気になる場所に有効成分を補うことができ、集中的なケアができます。

乳液やクリームは水分や油分を補う役割があり、これまで与えてきた有効成分を肌に閉じ込める役割をしています。ですから乳液やクリームの後に使うと美容成分が肌に浸透しにくいので、化粧水の後に使用するようにするのが効果的になります。

また入浴後は毛穴が開いている状態なので、その状態で美容液をつけると、より美容成分を浸透させることができるのでオススメです。正しいスキンケアの順番を間違えると、化粧品の効果が損なわれるだけでなく、肌に悪影響を与えることもありますので、正しい順番を守って使用するようにしてください。

美容液と乳液の大きな違いについて

美容液と乳液とは何が違うのでしょうか。どちらも化粧水を使った後につけるものですが全くその役割が違います。まず乳液のほうは油分を補給するために使うものなのです、その名の通りミルク色をしているのが特徴ですが、洗顔をしたあとに逃げてしまった油分を補うのが目的です。

スキンケアの最後に使うことが多いのですが、今まで付けたスキンケアが外に出ないようにするために蓋をする役割もあります。それに対して美容液は美白やしわ取りなどの有効成分が凝縮されているのが特徴で、お肌の悩みに直結させるのが目的です。

そのために他のスキンケア化粧品に比べてかさが小さいながらも価格が高くなります。色はその商品によって違いがあり一貫していません。全く役割が違うものですのでどちらかを買えばどちらかは買わなくてもいいという事は有りません。必ずどちらも買うようにしてください。

乳液の場合はつけますと少しべとつくことがあります。たださっぱりタイプのものであればそうなりません。美容液の使用感はその商品によって違いますが、べとつくことはあまりなく、アンチエイジング系のものですと付けた瞬間にお肌がピンと張るような雰囲気を感じられる場合もあります。

美容液を購入する前の比較

美容液の比較を行う時には、一番に値段について確認してみるとよいです。美容液は、朝と夜の一日二回使用することになるため、使用量も比較的多くなってきます。容量の少ない美容液ですと、使用するときの消費量が気になってしまい少量しか使えなくなるため、お肌の状態を変えていくことが出来ません。

美容液は、メーカーが指定している量を使うことで、お肌の状態を変えていけるようになってきますので、使いやすい値段と量であることが重要になるのです。購入するときには、量と値段を確認して、利用しやすいものを選んでみるとよいでしょう。また、美容液の比較を行う時に、効果についても確認しておくことでお肌に関する悩みを解消しやすくなってきます。

商品によって、美白に効果があるものから乾燥を解消してくれるもの、敏感肌を改善するものなど、肌に対しての効果が違ってきます。購入するときには、お肌の悩みに合っているものを使わないと、トラブルを解消することが出来なくなりますので、肌の悩みに合ったものを購入してみるとよいでしょう。複数の肌トラブルに悩んでいる方は、複合的な肌の悩みを一度に改善できる効果を持っている商品が一番適しているでしょう。

美白美容液の正しい選び方

肌を美しく保つためには、日ごろのスキンケアが欠かせません。白く透き通った肌は古くから美しい肌の条件であるともいえ、美白効果の高い化粧品や美容液も多く販売されています。美白美容液は、毎日のスキンケアに取り入れることで肌を白く透き通った状態に近づけていくために使用しますが、自分の肌の状態にあったものを選ぶことで、より高い効果を得る事が出来ます。

肌をくすませたり、シミを作ってしまう大きな原因は、加齢やストレス、紫外線や大気汚染などがあげられます。肌は、外から刺激を受けると肌の内部を守るためにメラニンを生成します。この黒色メラニンが増える事で、シミやくすみになってしまいます。

美白美容液には、このメラニンを抑えたり薄くするために効果のある成分が含まれています。代表的なものに、ビタミンC誘導体やハイドロキノンがあげられます。これらの成分は、メラニンが作られる過程で作用して、メラニンの生成を抑えたり、メラニンの色を漂白する効果がありますが、肌にとって刺激が強く、肌を乾燥させたり、肌が弱っているときに使用することで思わぬトラブルを招くことも。

乾燥肌の人は、保湿効果のある成分も入ったものを選びましょう。また、保湿効果の高い化粧品と組み合わせて使用することも有効です。そして、少しでも肌に合わないと感じたら使用を控えたり、皮膚科などの医療機関で相談してから使用するようにしましょう。

美容液とクリームの美肌効果と使い方

美肌を手に入れる際に美容液はとても重要です。スキンケアで化粧水と乳液は揃えているけど、美容液とクリームを使っていないという方は意外に大勢います。しかし美肌のケア、特にエイジングケアもしたいという方には美容液とクリームは必須アイテムです。

美容液は肌のサプリメントと言われるくらいの栄養が含まれています。肌に不足している栄養を補給することで美白や美肌、リフトアップなどができるようになります。クリームは化粧水、乳液、美容液で補給した栄養や水分が蒸発してしまわないよう防ぐ役割があります。

また、それを閉じ込めて保湿するという効果もあります。そのためクリームを塗る際には乾燥しやすい頬から塗ります。両方とも塗り方も重要です。意外に多くの方が伸ばしてるつもりで擦ってしまっています。スキンケアで肌荒れの原因を作るのはとてももったいないことです。

正しい塗り方は顔の内側から外側に向かって塗ることです。また指に力を入れすぎるとしわの原因にもなってしまうので、優しく塗り込んでいきます。特に目元は皮膚がどの部分よりも薄いので注意が必要です。目元も目頭から目じりに向かって塗りこみます。特に目の下はクマができやすい部分なので優しく流すようにマッサージしてください。これだけで美肌効果がよ期待できます。