二十代・三十代・四十代・年代別のしわ対策にいて

しわというのは表情のクセやストレス、コラーゲンの減少によって作られます。また、肌の乾燥や紫外線によってもしわが作られます。今回は二十代でもしわができてしまう原因について、三十代からのしわの悩み、四十代のしわ対策についての情報をまとめました。

しわの対策について

多くの女性は年齢を重ねるごとにしわの悩みが出てきます。40歳以上で美容外科などに通わない状態で全くしわがないという人はまずいません。しわは乾燥や食生活などに影響されますが、一番大きな原因は若い時に浴びた紫外線です。

紫外線はシミの原因になるというのはわかっていても、しわの原因にもなるということを知らない人はけっこういます。なので、若い時から紫外線をたくさん浴びないように日焼け止めを塗ったり、外を歩く時は帽子をかぶるなどの対策が必要です。年々日本でも紫外線は強くなってきているので、海外の人のように目から入る紫外線も防ぐ対策が必要です。

おしゃれの一環としてサングラスをかけるといいでしょう。また、日焼け止めは朝塗るだけでは時間とともに効果がなくなります。定期的に塗る直すことが必要です。できてしまったしわにはお風呂上りのケアが重要です。化粧水、乳液、ナイトパックをしてそれ以上しわが深くならないよう防ぐ必要があります。

寝ている時も肌は乾燥しますので、就寝前のケアに力を入れると良いでしょう。朝起きた時の化粧ノリも格段に良くなります。少し高価なものでも、基礎化粧品はラインで揃えることをおすすめします。

美容化粧品でしっかりしわ対策

お肌のお手入れをしっかり行っているつもりでも、年齢を重ねる事により肌から美容成分や潤い成分が失われやすくなってしまう恐れがありますので、しわやしみなどの肌トラブルが起こるようになってしまうのです。

若いころから同じ化粧品ブランドのスキンケア商品を利用している女性は多いですが、若いころとは違って基本的なスキンケアだけでは肌の状態をカバーする効果が出なくなってしまう場合もありますので、しわなどの加齢トラブルを防ぐためにも年齢に合わせて化粧品を選んで使用することが大切なのです。

しわに効果のある美容液などもドラッグストアなどで購入することも可能ですが、最近では美容アイテムを多く取り扱っている通販サイトを利用する女性が増えてきています。通販サイトを利用する最大のメリットは時間を気にせずにネットショッピングを行う事が出来る点です。

普段仕事をされている女性でも安心して利用することが出来るメリットがありますし、スマートフォンやタブレットを利用することで外出先でも美容化粧品を探して購入することが出来ますので、時間を有効に使う事が出来るのです。実際に使用している方の口コミやレビュー情報なども参考になります。

二十代でしわが発生する可能性について

肌に合わない化粧品を使用したり、有害な紫外線を過度に浴びるようなことをしていれば、二十代であってもしわが発生する可能性が高まります。本来であれば、加齢を重ねるごとに真皮などの組織の老化が進行して、漸進的に症状が出てくるものですが、油断をしていると若いうちから急激に老化現象が発生します。

皮膚の内部は、適度な水分が保たれることによって弾力やハリを維持できます。逆に水分が失われてしまえば、皮膚の表面はたるんでしまって、しわを発生させることになります。二十代の人がしわで悩むことは、本来であれば不思議なことです。まだ老けこむような年齢ではないにもかかわらず、皮膚にたるみがあるのは生活習慣に相当な問題があることを意味しています。

皮膚の潤いにとって重要な成分には、コラーゲンやセラミドなどがあり、一般的には潤い成分とも呼ばれます。二十代から食生活が乱れてしまい、ジャンクフードばかりを食べるようになれば、ビタミンCの不足も深刻となって、コラーゲンを体内で生成することが難しくなります。

セラミドも不足すれば、角質層の強度が落ちてしまい、水分の蒸発を誘発させてしまいます。しわを予防するためには、美肌のためになる栄養をしっかりと摂取して、外出するときには紫外線対策を万全にすることが重要です。

三十代からのしわ対策

年齢を重ねると肌の状態が変わり、悩みが増えてくるのは仕方のないことです。皮脂やニキビに悩んでいた思春期の頃から、乾燥やしわ、シミなどが気になってくるのです。同じくらいの年齢でも見た目が若い方と老けている方がいますが、それはほとんどがお手入れや生活習慣の差なのです。頑張れば自分の肌もきれいになれます。

特にしわは急に出てくるものではありません。最初は薄い小じわを見つけ、放置することで深いしわになってしまうのです。三十代くらいになると小じわが気になり始めるなど肌の衰えを実感する人も多いのです。毎日の生活習慣が顔に出てしまう年代で、お手入れを肌に合わせて変えたりマッサージをするなど新しいケアをスタートさせなければなりません。何よりも早めにケアを始めることが大切なのです。

洗顔では洗い過ぎず、刺激を与えないことに気をつけます。また、水分がたっぷり入っている肌はふっくらとしていて小じわも目立たないので保湿も心がけます。

そして、内側からのケアとして食事や生活を見直すことも大切です。若いころと変わらないつもりでも、三十代はもう肌が変わってきています。いつまでも若い見た目でいたいと思うのなら早めのしわ対策は欠かせないのです。

四十代になったらしわ対策

四十代で急にしわの存在が気になってくるのは、気のせいではありません。四十代というのは、コラーゲンが今までに比べると急に減ってくる時期だからです。そもそもこのコラーゲンというのが何かというのが問題になってきます。コラーゲンというのはタンパク質の一種で、体を構成している全てのタンパク質の約30%がコラーゲンだと言われています。

タンパク質は細胞の膜や骨格、体の骨格、筋肉、皮膚等を構成するのに欠かせない物質で、コラーゲンもその中で体の組織を構成する役割を担っています。体内コラーゲンのうち、40%は皮膚を作るために、20%は骨や軟骨を作るために、その他にも血管や内臓を作るために使われており、いかに人間の体にとってコラーゲンが大切な役割を果たしているか分かります。

そのコラーゲンが減ってしまったとしたら、皮膚を作るためのコラーゲン量も不足してきて、しわができやすい体になってしまうことになります。その年代がちょうど四十代なのです。四十代になったら、しわ対策としてタンパク質の多い食事と、それを活用させるために働いてくれるビタミンCをしっかり摂取することが大切です。

タンパク質だけ大量に摂取したからといってしわが消えるわけではなく、継続して肉・魚・野菜・果物などバランスの良い食生活を行うことが重要です。