しみをメイクでカバーしよう!売れ筋商品とは?

出来てしまったしみを完全に消すというのは難しいことですが、毎日行うメイクの中でしみも一緒にカバーしちゃいませんか?しみをしっかりカバーしてくれる化粧品について、デパートのコスメのしみへの効果について、しみ改善に良い売れすじコスメ、しみを隠してくれるコンシーラ、しみに効く手作り化粧品についての情報をまとめました。

気になるしみをメイクで消し去る

頬やこめかみにできてしまったしみ。鏡を見るたびに切なくなってしまうものです。加齢によってできてしまうので、あきらめている人も多いのではないでしょうか。できてしまうとなかなか消すことはできないしみも、メイクの力を使えばあっという間にむらのない肌が出来上がります。

重要なのはなんといってもベースメイク。コントロールカラー選びを上手に行えば、重ねるファンデーションの効果も倍増します。重要なのは丁寧に手順を踏んでいくこと。肌の色むらを隠すタイプやパールの効果で光を拡散するようなベースを選びます。白過ぎない色でベースを作っていきましょう。

次はファンデーションです。ぜひリキッドタイプやクリームタイプのものを使ってください。その後のコンシーラーとのなじみがよくなります。コンシーラーは気になるしみの部分だけに丁寧に重ねます。大きくのっぺり塗ってしまうのではなく、ポンポンとたたくように、しみの部分だけに色が乗るように気を付けましょう。

ここでも白すぎる色ではなく、ワントーン暗めのものをチョイスすることで自然な感じに仕上がります。最後のパウダーはコンシーラーをしっかり定着させるために必ず使いましょう。顔全体との一体感も一層あがります。

しみをカバーしてくれる化粧品

薄いしみなら、化粧品でカバーすることができます。たとえばファンデーションですが、パウダリータイプよりもリキッドタイプやクリームタイプの方がカバー力が高くなります。パウダリーファンデーションは肌への負担が少ないのですが、しみを隠すという面においてはあまり効力を発しません。

それに対し、リキッドファンデーションやクリームファンデーションはカバー力が優れています。リキッドファンデーションは種類がとても豊富で、保湿成分が配合されているものも多数売られています。クリームファンデーションはしっとりとした仕上がりで毛穴が目立たなくなりますが、厚塗りになることが多いので気をつける必要があります。

小さなしみがごく一部分にできている場合には、コンシーラーを利用するのが現実的です。コンシーラーを利用すれば、その他の部位はナチュラルメイクにすることができます。コンシーラーを広い範囲に塗るのは大変ですが、ごく一部ならそれほど手間も時間もかかりません。

コンシーラーの正しい使い方は、しみの部分に乗せるだけです。カバー力がある分、あまり広い範囲に使用するとお面のような仕上がりになってしまいますので、ピンポイント使いを心がけます。

しみに効果的なコスメ

しみにはさまざまな種類があります。そのため、しみに働きかけるコスメを選ぶ前に、自分のしみがどのような原因でできたものなのかを知ることが大切なポイントです。紫外線を浴びたことによってできたものや、遺伝によるそばかす、肝斑などがあります。

日焼けによる場合や、肌荒れの後に炎症を起こし、色素沈着した場合、そばかすなどには美白化粧品が効果的です。おすすめの成分は、ビタミンC誘導体が入ったコスメです。ビタミンC誘導体は、分子が小さくなっているため、お肌に浸透しやすい仕組みになっています。高い抗酸化作用があり、美白へと働きかけていきます。また、ハイドロキノンが含まれたコスメもおすすめです。

その他、コウジ酸や、エラグ酸、ルシノールやプラセンタエキス、トラネキサム酸、グラブリジンが含まれているものも良いでしょう。肝斑は、女性ホルモンが関係している場合が多くありますので、クリニックなどで判断してもらい、的確な治療を受けることをおすすめします。

また、美白コスメと共に、お肌のピーリングをすることもおすすめです。お肌のターンオーバーを促進させることで、色素沈着する前に新しいお肌に生まれ変わるように働きかけることができます。

デパートのコスメでしみは消えるのか

しみに効果のある美白化粧品を購入しようと考えた場合、多くの人はドラッグストア、デパート、通販を利用します。ドラッグストアで売っているものは安いものは千円台からあり、最高は1万円(ただしどこのお店も3割程度割引しています)、通販コスメは5千円程度から1万円位が多いです。

デパートのコスメ売り場で探すと最低価格が1万円、高いものは数万円します。高いもののほうが効果があるのでしょうか。しみとはメラニン色素が皮膚に沈着することによって生じる色素斑です。

健康な皮膚であれば新陳代謝(ターンオーバー)により入れ替わって新しい皮膚になりますが、紫外線やホルモンバランスなどの何らかの影響によりメラニン色素がある皮膚が残ってしまうことで皮膚が褐色になってしまいます。

つまりメラニンを作らせないようにして、ターンオーバーの周期が正常になるようにすればメラニンを蓄積した皮膚が排出されしみがなくなることになります。メラニンを作らせないようにするためには何よりも日焼け止めを塗って紫外線を防ぐことが大切です。

美白化粧品の成分のほとんどがメラニンの生成を阻害する効果を目的としています。ですので日焼けしてしまってから美白化粧品を使ったのでは遅いといえます。予防のために一年中使うことを考えるとあまり高額ではないほうが続けやすく、効果も出やすいです。

しみ改善に売れ筋の商品

しみを改善するためのアイテムの中でも、売れ筋なものも存在しています。まず、しみを解消するためのアイテムとして、色素沈着を隠すコンシーラーが人気となっています。コンシーラーを使うことにより、しみが気になる部分を隠せるようになるため、見た目も他の肌部分と同じように改善できるのです。

肌色に合ったコンシーラーを購入しておけば、肌の悩みも隠せるようになるのですが、商品によっては、つけることで、しみの改善を行えるものもあるのです。コンシーラーの中でも、しみに働きかけることが出来る成分を含んでいるものを使えば、つけていくうちに色素沈着を軽減できるようになってきます。

化粧を行いながら、お肌の色を改善できるようになるため、特別なケアが必要ありません。毎日の化粧の中で、色素沈着を改善できるようになるため、お肌の悩みも気軽に解消しやすくなるのです。

肌に色素沈着が起こってしまった時には、コンシーラーを使うことにより悩みを改善できますし、特別なケアを行う必要なく肌色を調節できるようになります。化粧を行いながらお肌の色を変えていきたいときには、成分が充実しているコンシーラーを使ってお肌のケアを行ってみるとよいでしょう。

しみをコンシーラーで隠しましょう

できてしまったしみを隠したいって思いませんか。消したいけれど、消すのは難しいですし、化粧でごまかすことも必要でしょう。こういう時は、コンシーラーをうまく使うと良いでしょう。きっと、目立たなくなるはずです。

いろいろな種類があるコンシーラーですが、リキッドタイプが一番カバー力が高いです。化粧直しのためにペンシルやスティックタイプを持ち歩くというような感じで使い分けるのもいいでしょう。自分のしみの色と合わせてカバー力の高さを考えるのも良いかもしれません。

選ぶ色が重要です。目立たなくするためには、明るい色が良いと思う人もいるでしょう。実は逆です。少し濃い色を使ったほうが良いです。明るい色にしてしまうと隠すどころかかえって目立ってしまうでしょう。そうならないようにするために、少し濃い色を選んでください。

一度メイクを仕上げた後に使います。しみの部分に丁寧に塗っていきましょう。そして、その上からフェイスパウダーをはたいてください。そうすると、目立たなくなっているでしょう。色選びは特に重要なので、少し濃い目の色を選ぶことは忘れないようにしましょう。その上からフェイスパウダーを使いますので、あまり気にならないはずです。

しみに効果的な手作り化粧品

気になるしみも毎日お手入れを続けていれば消してしまう事ができます。簡単にできる手作り化粧品でしみに効果のあるものにビタミンC誘導体を使った物があります。ビタミンC誘導体は化粧品に良く使われていますが、肌がメラニン色素を作るのを抑えメラニン色素が定着しないようにしてくれるので、しみを作らないようにして出来てしまったものも薄くする効果があります。

材料は精製水40ml、ビタミンC誘導体パウダー1.5g、植物性グリセリン小さじ4分の1で、これらをよく混ぜれば出来上がりです。また尿素もしみに効果があります。尿素は古くなった角質を溶かしてくれるので、出来てしまったしみが角質と共にはがれていき新しい肌に生まれ変わるのを助けてくれます。

また保湿効果も高いので顔だけではなく乾燥して角質が固くなってしまったかかとにつけるとスベスベになります。尿素化粧水の作り方は精製水100mlに尿素25g、植物性グリセリン小さじ2分の1を混ぜるだけです。かかとにはそのままつけてもかまいませんが、顔に使う時にはこれを10倍に薄めて使用します。

ビタミンC誘導体化粧水も尿素化粧水も清潔な容器に入れて冷蔵庫に保存します。保存料などの添加物が入っていないのでなるべく早く使い切る事が大切です。