表情筋運動でたるみを撃退!割り箸やペットボトルで簡単にできる!

たるみをなくす、または予防するために今からできる対策がいくつかあります。たるみを薄くしたいならやるべき表情筋のエクササイズについて、頬の筋トレについて、たるみに効く運動、割り箸やペットボトルを使ったたるみの改善方法を紹介します。

たるみをなおすには表情筋を鍛えましょう

冬は体内の水分量が減り、たるみが出てきやすい季節です。ケアには気を使っているけれど、たるみが目立ってきてしまってどうしたらいいのかもう分からないという方は、表情筋が衰えていないかチェックしてみましょう。

表情筋を鍛えるとたるみやほうれい線の改善、顔全体のリフトアップ効果など様々な良いことがあります。特にたるみをなおすには側頭筋を鍛えると効果的です。側頭筋の鍛え方は簡単、「奥歯を噛みしめる」だけです。

強く噛みしめると歯や顎にダメージを与えてしまうので、筋肉を使っているな、と感じる程度に軽く噛みしめるのがポイントです。そんな単純な動作でなおすことができるのか疑問に思う方は実践してみてください。しばらくやっているとこめかみと頬の下部分がじんわりしてくると思います。ここの筋肉を鍛えているのです。

側頭筋は頬の脂肪を引き上げる筋肉です。ここを鍛えることによって、頬全体のリフトアップをすることができ、たるみも改善できるというわけです。表情筋を鍛えつつ、食生活の改善やマッサージを合わせておこなうことによって、お肌に栄養分を届けて、さらにたるみの改善・予防に繋がります。これを機会に生活習慣の振り返りもして、美人になりましょう。

たるみは顔の筋トレで解消しましょう。

女性の年齢肌悩みの上位に挙げられることの多いたるみ、若い頃はピンとハリのあった肌が、年齢を重ねるごとに下垂し、フェイスラインがぼやけるようになってくると、どんなに美しい顔立ちの女性でもその魅力は半減してしまうものです。

このたるみは、しわやシミと違って、スキンケアコスメではなかなか改善が難しいといわれており、エステサロンでプロの施術を受けても満足のいく仕上がりとはいかないことも多く、真剣に悩んでいる女性も少なくはないようです。

たるみはお肌の水分量の不足から現れていることも多いので、スキンケアではとにかく保湿に力を入れること、と同時にお顔の筋トレを毎日のケアに取りれて上げると解消することが出来ます。顔にもたくさんの筋肉がついており、ほうれい線や目の下のたるみなどは、筋トレを習慣付けてあげることで徐々に目立ちにくくなってきます。

あ、い、う、え、お、と口を大きく意識しながら声を発しながら開け、口周りの筋肉を鍛えてあげたり、口を閉じた状態で舌を使って上下の前歯に当たるように円を書いて回すと、ずいぶんと口周りが鍛えられます。目も同様にぱっちりと見開いて、次にぐっと細めることを繰り返すと、かなりたるみは解消されます。

頬のたるみを解消できる筋トレ

頬にたるみが生じてくると、見た目年齢が一気に上がってしまいます。頬のたるみは、顔の筋力が低下することが原因で起こるので、低下した筋力を筋トレによって強化すれば、ハリのある若々しい肌を取り戻すことができます。では、たるみを解消するために、どのような筋トレをすればよいのでしょうか。

まず、口を大きく開き、そのまま左右の口角を引き上げ、頬を引き上げたら、すぐにゆるめて元に戻します。口角を引き上げる時は、頬の筋肉がしっかり動いているかどうか確かめましょう。この動きを、10回から20回繰り返すことによって、頬の筋力を向上させることが出来、たるみを改善できます。

日常生活では、50種以上ある顔の筋肉のうち、およそ30%しか使っていないとされています。たるみが気にならない人でも、この筋トレを続けていれば、普段使わない筋肉を動かすことが出来るので、たるみの予防にもなります。また、顔の筋肉は、体の他の部分の筋肉よりも繊細なので、筋トレの効果が出やすいとされています。

特別な器具を購入する必要もなく、手軽に行うことが出来るので、お風呂に入りながらリラックスして行えるのも魅力です。毎日地道に続けることによって、肌の張りを保つことができるので、マイナス10歳肌になるのも夢ではないでしょう。

簡単にできるたるみの取り方とは

目の下や頬にたるみがあると、老けて見える原因になります。たるみをつくっているのは重力ですが、若いうちは肌を支えるのに必要なコラーゲンや筋力が備わっているので、たるみません。しかし年齢を重ねると、コラーゲンが減少したり表情筋が衰えたりしてたるみが出てきます。

たるみの取り方ですが、2種類の方法があります。1つ目は気になる部分のエクササイズです。目の下の筋肉は、意識的にエクササイズすることで、筋力を取り戻すことができますし、頬のエクササイズを行なうと、血行が良くなり若々しさを保つことができます。

マッサージは皮膚に負担をかけることになりますので、行なう際には必ずクリームやオイルをつけるようにしてください。たるみの取り方のもう1つの方法は、表皮の下のコラーゲン組織に水分を補給してあげることです。たるんでいる皮膚は、水分が減っているので、水分補給することで、ハリのある肌をつくることができます。

普通の美容液では表皮の下まで浸透していかないので、アンチエイジング効果のある化粧品をおすすめします。顔の表情筋を鍛えるエクササイズはすぐにでもできますし、化粧品もいつものケアを変えるだけでできますので、取り入れてみてください。

顔のたるみを解消するなら運動がおすすめ

頬や目元、口元の皮膚がたるみフケ顔になってしまうのは年齢のせいだと諦めている人は多いでしょう。しかし、たるみ解消の運動を行うことである程度たるみを解消する事が可能です。

例えば普段あまり顔の筋肉を動かさず無表情で過ごしているような人は、顔の筋肉が老化して皮膚がたるんでしまうということが考えられるため、顔の筋肉を思いっきり動かす運動を行うのがおすすめです。口もメモとも大きく動かして「あいうえお」とゆっくり言ってみると良いでしょう。

顔の外側や内側に向かって力を入れながらゆっくりと行うのがポイントです。普段使わない筋肉を効率的に鍛えることが出来るでしょう。また、首の皮膚がたるんでしまっている場合にも運動がおすすめです。口を「い」の形にして、首筋に力を入れて首の筋肉を1、2とリズミカルに何度も動かしましょう。

普段使わない首の筋肉を鍛える運動をすることで、首筋をすっきりとさせる効果が期待できます。あまり初日からやりすぎると、翌日以降筋肉痛が酷くて辛い思いをするため、最初は軽めの回数で構わないため、毎日定期的に運動をするのがおすすめです。たるみを解消するには毎日こまめに筋肉を鍛えることが効果的であるため、空き時間を利用して毎日続けると良いでしょう。

たるみを割り箸で解消しよう

たるみに悩んでいる方は多いと思われます。色々な解消法がありますが、エクササイズも最適な方法の一つでしょう。割り箸を使用したたるみ対策なら、とてもお手軽にできます。どこのご家庭にもあるでしょう。たるみには、やはり表情筋を鍛えるということが大切です。

まず、割り箸を用意したら、口でくわえてイーという口の形にします。そして、口の端を引き上げるようにして、その状態で2分程度キープするだけです。これで、頬の筋肉を緊張させて鍛える効果があるのです。意外と大変かもしれませんが、たるみの無くなった自分の顔をイメージして頑張るようにしましょう。たるみが少し軽くなるだけでも、表情も明るくなることでしょう。

また、慣れてきたら、割り箸をくわえて喋ってみるのもいいでしょう。割り箸を落とさないように声を出せるようにしましょう。顔の筋肉がピクピクするかもしれません。たるんでいる方ほどそのように感じやすいと思われるので、いい目安になるでしょう。

この方法は、何よりも気軽に出来るエクササイズなので、アンチエイジングの一つとして、日常的に取り入れてみてはどうでしょうか。この積み重ねが、きっとキレイな表情を作り出してくれるはずです。

ペットボトルを使ったエクササイズで頬のたるみを解消

ある程度の年齢になると、肌のたるみは自然の摂理として避けられないものですが、見た目年齢も上がってしまうので、なんとか改善したいものです。そんなたるみを、高価なアンチエイジング化粧品や美容整形に頼らずに改善できる方法があるとして注目されています。

用意するものは、家にある空のペットボトルだけと、とてもお手軽です。そのペットボトルに、100㏄ほどの水を入れて、唇だけで持ち上げ、その状態を10秒ほど保ちます。簡単そうに聞こえますが、実際に挑戦してみると、そう簡単にはいかないことがわかるでしょう。

繰り返し行っているうちに、100㏄の重さに負担を感じないようになってきたら、少しずつ水の量を増やしていくと、さらに高い効果が得られます。もう一つは、ペットボトルをくわえ、頬がへこむまで中の空気をゆっくりと吸い込み、その後、吸い込んだ空気をゆっくりと吐き出します。

たるみは、頬の筋力が弱ることが原因で、どんどんと肌が下がってくることによって起こります。そのため、筋力を鍛えて、ある程度の解消が見込めるのです。口の周りの筋肉は、頬の表情筋と繋がっているので、その筋肉を鍛えることが大切になります。日常的に行い、たるみを解消しましょう。