たるみを改善する為の食事・睡眠・生活習慣について

たるみの原因は加齢だけではない事はご存知でしょうか?日々の何気ない行動が、たるみに繋がっている可能性があります。たるみを防ぐ食事、睡眠、生活習慣、さらに認知症に繋がる食べ方についての情報をまとめました。

たるみを防ぐ食事について

顔や体のたるみやしわは、見た目や生活習慣病に大きく関わる肥満などを引き起こします。これら老化の原因となる要素は、食事を摂取する方法によって抑えることができます。ここではその食事方法について解説いたします。

まず初めに食事の順番ですが、たるみに配慮するなら、野菜から食べる事が望ましいとされています。野菜を初めに食べる食習慣は、肌の弾力を低下させる糖化と脂肪をため込み体に悪影響を与える肥満を抑えられることがわかってきています。食事をする前に野菜などの糖の吸収を穏やかにする食物繊維を摂取することは有効的であると考えられています。

また、摂取する食べ物にも気をつかう必要があります。お菓子や甘いものを多く食べたり、清涼飲料水やジュースなどを多く飲むことは老化タンパク質が増えやすくなることにつながります。その他にも、スナック菓子を多く食べたり、丼物を多く摂取することも老化タンパク質が増えやすくなる原因となってしまいます。食べる時間帯としては、夜遅くに食べないことも大切です。

甘いものを摂取しすぎると、体内の余分な糖分ができてしまい、この余分な糖分は体内でコラーゲンなどと結びつきます。結びつくと老化してしまい、老化タンパク質が作られてしまいます。これは肌の新陳代謝を悪化させ、肌のたるみなどを引き起こしてしまいます。

たるみを防いで美容効果を向上

肌のたるみは、美容にとっては大敵となります。カロリー摂取が過剰となる食事をしていれば、皮下脂肪が増えてしまいます。さらに、皮膚の下の筋肉が衰えることもたるみの原因となります。顔の場合は、皺眉筋が衰えると眉間のシワが際立ちます。口輪筋が衰えることで、口のまわりにたるみが生じることもあります。

たるみを予防するためには、食事からタンパク質をしっかりと摂取して、丈夫な筋肉を作る必要があります。筋肉を作らなければ、美容は大きく損なわれて老化も進行してしまいます。老化を何とかして遅らせるためには、健康食品も積極的に取り入れた食生活を実践するのが賢い方法です。

脚や腕のたるみは、女性の場合には特に気にします。運動不足の状態が続けば、余計な脂肪がついてしまうことは誰でも理解していますが、運動を毎日行うことは大変です。激しい運動をするのは大変でも、自宅でストレッチをするくらいであれば簡単です。ストレッチ運動で余計な脂肪を燃焼させて筋肉を鍛えれば、たるみの原因を取り除くことができます。

肌の新陳代謝を高めることも大切です。老廃物を排出するためには、入浴で汗をかくと効果的です。入浴後にマッサージをして、血行を良くすることも美容のためになります。

たるみから認知症に繋がる食べ方に注意

女性の多くは肌への悩みを抱えている人が多くいます。とくに、肌のたるみを気にしている人が多いです。肌のたるみの原因は色々ありますが、肌が老化している事が最大の原因になります。また、老化肌を進めてしまう食べ物もあるので、それらを意識して摂らないと決めるだけで、老化肌を避けることができます。

老化肌の原因になるのは、糖分とたんぱく質が混ざり合うことで起こりやすくなります。この現象が進むと、肌を黄色くくすんだ色にみせてしまいますし、老けた印象を与えます。

また、一度このような現象が始まると、どんどん、蓄積します。皮膚にはたるみができますし、血管の弾力性などが失われていくので、動脈が硬くなっていく、動脈硬化がはじまったり、それらは認知症の原因にも繋がっていきます。

このように、普段何気なく食べている食べ物が私達の肌を老化させる原因になっているという事を踏まえて、普段の生活から、肌のたるみや認知症の原因になる現象を避ける為の組み合わせを考えた食べ物を食べる必要があります。

例えば、砂糖と組み合わせるとこの、老化の現象が進んでいく食品の一つが、炭酸飲料です。砂糖もたくさんつかっているので、体にもあまり良い影響はありませんし、虫歯の原因にもなります。

生活習慣を改善してたるみを予防しよう

たるみは生活習慣が原因で起こることがあります。どのような生活習慣がたるみの原因となるのでしょうか。生活が不規則で睡眠不足が続いているという方も少なくはないようです。睡眠不足はたるみの原因になります。夜は肌の新陳代謝を促す成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯です。

この時間に十分な睡眠をとらなければ肌の調子が悪くなり、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。たるみの原因の1つとして表情筋の衰えがあげられています。表情筋は、年齢とともに衰えてきます。表情筋の衰えを防止するためには、表情筋を意識して使うことが必要です。よく笑ったり、滑舌をよくするように意識をすると表情筋を鍛えることができます。

肌の乾燥も原因と言われています。夏に強い紫外線にあたると肌が乾燥しやすくなります。そのため、紫外線にあたらないように、日差しが強い日は日傘や帽子などを使用し、紫外線から肌を守るようにしましょう。UVケアをしっかり整えてから外出するようにしましょう。洗顔方法を誤ると肌が乾燥し、たるみにつながります。

汚れをしっかり落とすクレンジングの中には、肌に必要な潤いまで洗い流してしまうものがあるので、乾燥が気になる方は保湿効果が高いクレンジングを選ぶようにしましょう。

睡眠不足とたるみの関係

肌のたるみは、加齢や紫外線からのダメージなどが原因で起こると知られていますが、睡眠も、肌のたるみと大きな関係があることをご存知でしょうか。肌の健康を保ち、若々しい肌のカギともなる成長ホルモンは、眠っている間に分泌されます。

そのため、質の良い睡眠を得られるかどうかが、たるみなど、老化の原因を作らない肌を手に入れるために重要となるのです。また、成長ホルモンの分泌だけでなく、基礎代謝の促進や脂肪分率なども、眠っている間に行われます。そのため、寝不足が続いたり、不眠症に悩む人は、肌の調整機能も下がり、たるみの目立つ肌になってしまいます。

たるみのないハリのある肌を保つため、しっかりと睡眠をとるためには、体を興奮させないように、コーヒーや紅茶など、カフェインの含まれる飲み物を飲まないのが賢明でしょう。また、パソコンやスマートフォンのスクリーンから発せられるブルーライトは、脳を刺激して、眠りを妨げる作用があるので、眠る1時間前には使用するのを止め、脳をリラックスさせた状態で眠りにつくと安眠できます。充分な睡眠は、たるみを防ぐだけでなく、体も心もリフレッシュできるので、美肌と健康のために、十分な睡眠をとるようにしましょう。