今すぐ改善できる!目や肌のたるみの原因や対処法を知ろう

目の下や頬にできるたるみには、実は様々な原因があります。たるみが発生するメカニズムについて、またその対処法について、たるみの種類について、ダイエット・運動不足の影響などについてまとめました。

たるみができる原理とは

たるみは年を重ねれば誰にでも現れる可能性のある症状ですが、なぜできてしまうのか、その原理を理解することはより効果的な予防方法を知ることにもつながります。たるみは、肌内部のコラーゲンやエラスチンという線維が減少することによって起こります。

コラーゲンとエラスチンは、いわば肌を支える土台となっている部分を形成しているのですが、加齢によってその量が減少し、表皮を支える力が弱くなるとやがて肌の張りが失われてしまいます。これがたるみが生じる原理です。

そのため、たるみを予防するためには肌の土台部分であるコラーゲンとエラスチンをなるべく減少させないようにすることが効果的です。加齢によりある程度は減少してしまうものではありますが、食事内容や生活習慣の改善で減少の速度を抑えることは可能ですので、早めに対策を行うことが肝心です。

コラーゲンとエラスチンの原材料となるのがたんぱく質です。たんぱく質は肉、魚、卵などに豊富に含まれていますので、毎日欠かさず十分な量を摂取するようにしましょう。また、良質で十分な睡眠もコラーゲンとエラスチンの生成には不可欠ですので、毎日7時間前後は熟睡できるように睡眠習慣をつけるように心がけることも大切です。

たるみが発生するメカニズムと対処法

どんなにケアを行っていても、加齢とともに肌のたるみが気になるのは避けられないことです。では、たるみとは、どのようなメカニズムで発生するのでしょう。人間の皮膚は、皮膚の内部の脂肪組織と筋肉によって支えられています。

細胞分裂によって、それらの組織の新陳代謝が行われることによって、肌の弾力が保たれています。しかし、年齢と共に細胞分裂が活発に行われないようになり、肌内部の弾力が保たれなくなるため、表皮がだらんと垂れ下がった状態になり、たるみが発生してしまうのです。

このようなメカニズムで発生するたるみを予防するためには、日常生活においても様々な注意が必要になります。まずは、肌内部の潤いや弾力の要となる、コラーゲンやエラスチンを破壊しないように、紫外線を予防することが大切です。外出時だけでなく、家にいる時でも、常に日焼け止めを塗るようにしましょう。

また、筋力を衰えさせないように、表情筋のエクササイズをすることも効果があります。たくさん会話したり、笑うことも、表情筋を鍛えるうえで大きな働きをしてくれます。その他、コラーゲンやアミノ酸、ヒアルロン酸などのサプリメントで、肌に必要な美容成分を補給するのも良いでしょう。

たるみの原因は肌をきちんと保護してないから

たるみの原因の一つとして考えられるのは乾燥です。年齢を重ねるにつれて、肌がカサカサになってきたり、弾力が落ちてくるのを実感しますが、これは昔に比べて、乾燥しやすくなってきた証拠でもあるんです。

肌を覆っている水分は、潤いだけでなく弾力や、外部刺激からのバリア機能など、さまざまな役割を担っています。赤ちゃんの肌を触ると、プルプルとした弾力があるのも、水分が十分にいきわたっているからなんです。

では、水分がない状態とは、一体どんな感じなのでしょうか。潤いを保っている水分量が少ないと、弾力のないガチガチに固まった肌になってしまいます。こうした状態が長く続いてしまうと、シワができやすくなったり、たるみの原因にもなりなけないのです。

そのため、年齢を重ねても弾力を保っていくためには、日ごろのスキンケアの中でしっかりと保護していくことが大切になってきます。保護といってもケア方法はとても簡単で、水分が逃げないようなスキンケアを実践していけばいいことになります。

そこで大切になってくるのが保湿です。年齢を重ねてもきれいな人というのは、この保湿がしっかりとできている人だといえます。たるみのない肌を手に入れるためには、乾燥させないスキンケアが大切なのです。

たるみの種類について

たるみには実は4種類あることをご存知でしょうか。たるみの種類をきちんと理解し、その原因にあったケアを行うことが重要なのです。一つ目は皮膚が原因のたるみです。真皮層のコラーゲンやエラスチンの劣化や減少が原因となります。年齢的なものが多く、額や目元、口元、首にしわが出るのが特徴です。

二つ目は脂肪繊維によるたるみです。脂肪層と皮膚や骨をつなぐ繊維組織が伸びてしまうことによって起こります。通常では脂肪が重力でたるまないように繊維組織がひきつけているのですが、脂肪が重くなって支えられなくなると繊維が伸びきってしまい、たるむこととなるのです。

ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴじわなどが主な症状になります。3つめは脂肪のネットのたるみです。脂肪を包み込むネットが伸びて支えられなくなることが原因です。脂肪層には脂肪を取り囲むネットが存在しますが、年齢とともに脂肪の重さを支えられなくなり、脂肪が重力の方向に垂れ下がってしまう状況です。

この場合にもほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴジワなどが見られます。最後はむくみによるものです。脂肪層に水分がたまることで脂肪が膨張したるんでしまいます。フェイスラインがゆがんだり、目元がはれぼったくなります。

たるみの原因の一つは急激なダイエット

最近急に顔やウエスト周り、二の腕などのたるみが気になってきたけれど、それほど歳も取っていないし思い当たる原因がない、とびっくりした経験はありませんか。ある一定の部分だけがたるんだり、同時に肌荒れなどのトラブルがあるならダイエットと関係があるのかも知れません。

たるみは、通常は年齢を重ねることで肌の内部の細胞の働きが鈍り、新陳代謝が行われなくなって弾力がなくなることで起こります。また、肌を構成する大切な成分であるコラーゲンやエラスチンが少なくなることも大きな原因です。しかし、まだ若いのに肌に弾力がなく、ツヤやハリが失われてたるんでくる場合は急激なダイエットの影響が考えられます。

無理なダイエットをして急激に痩せると、皮膚の内側の脂肪や筋肉が急に少なくなり、それを覆っていた皮膚が変化について行けずに余ってしまうのでたるみの状態になります。一度伸びた皮膚はなかなか元に戻らないので、頬やウエストなど特に脂肪が多かった部分は皮膚が残ってしまい、中身がなくたるんだように見えるのです。

体重が元に戻ったり、運動などで皮膚を引きしめたりするとたるみも自然に解消されて元の状態に近くなりますが、無理なダイエットは肌にも体にも良くありません。計画的にバランスよく健康的に痩せられるように気を付けましょう。

ダイエット後の悩みであるたるみの原因

ダイエット後の悩みとして皮膚のたるみをあげる人は大勢いますが、同じようにダイエットをしながら皮膚もまったくたるまず美しい肌とプロポーションを手に入れる人もいます。この違いは急激に痩せたか、そうでないかで決まります。

ダイエットをした後に皮膚がたるんでしまう原因というのは、脂肪や筋肉の急激な減少に皮膚の新陳代謝が追いつかないためです。しかも一度たるんでしまった皮膚は元に戻すことが難しいので、ダイエット後のたるみを防ぐにはゆっくり時間をかけて少しずつ体重を落としていくしかありません。

すでにたるんでしまった皮膚の悩みも、マッサージやたんぱく質、ビタミンなど皮膚の新陳代謝を促す栄養を摂りながら、やはり時間をかけてケアをしていく必要がありますので、たるみのないハリのある肌を維持したいのであれば急激に体重を落とさない、脂肪を増やさないなど日々の自己コントロールが大切です。

ダイエットではなく加齢による皮膚のたるみは、筋力の衰えに加えて細胞内の水分や弾力成分が減ることでおこります。老化現象は誰にでもおこることであり止めることはできませんが、老化を早める習慣を改めたり予防効果のある食品の摂取や行動で遅らせることは可能です。

しわやたるみも紫外線が原因

年齢を重ねることに肌の悩みが増えていくのは仕方のないことですが、同じくらいの年齢でも若々しく見える人や老けて見える人がいます。その差は生まれ持った肌質の違いだけでなく、ほとんどが毎日の生活習慣や食生活、スキンケアの差が顔に出てきているのです。

その中でも紫外線は肌にとって良いことはありません。シミの原因になることは有名ですが、UVBが原因です。しかし、シミやたるみの原因となるのはUVAで、曇りの日や窓ガラスでも侵入します。真皮まで到達すると言われているUVAは、肌の奥でコラーゲンやエラスチンを破壊して肌の弾力を奪い、細胞を壊してしまうのです。紫外線を浴びてすぐに肌が変わるわけではありませんが、肌の奥では少しずつダメージを受けています。

たるみやシミを極力防ぐためには、日焼け止めクリームを使うことです。年中使い、室内にいる時も使ったほうがいいのです。特に夏は昼間の外出を避けたり、日傘や帽子を併用するのも大切です。紫外線による肌老化は80パーセントだと言われています。UVケアを年中行い、上手に太陽と付き合うことも大切です。そして肌のたるみやしわ、シミを極力避けたいのなら毎日の生活で気をつけることが何よりも重要です。

運動不足とたるみの関係性

運動不足に陥ると体重が増えるなど、ダイエットに悪影響を与えるというイメージが、強いと思います。実は、運動不足になると太りやすくなるだけでなく、たるみが出来やすいと言われています。たるみが出来る最大の原因と言われているのが、コラーゲン不足です。コラーゲンは肌の奥深くにある真皮層という場所にあり、網目状の構造をしています。

肌の中でコラーゲンが網目状に張り巡らされている事で、皮膚にはハリと弾力が生まれているのです。これだけ聞くと運動不足が、たるみを起こす原因とは、あまり考えられないでしょう。コラーゲンを作るのは繊維芽細胞という細胞です。細胞が十分に働くには、栄養と酸素が必要になります。

運動が不足してしまうと、血行が悪くなり細胞に十分な酸素と、栄養素が行き渡りません。すると結果的に、コラーゲンの生成量が低下してしまい、肌のハリや弾力も失われてしまうのです。スキンケアをしっかり行っていても、運動不足になっていては、たるみが起こりやすい状態なので、注意しましょう。繊維芽細胞の働きを活発にし、コラーゲンの生成量をアップする為には、ウォーキングなど血行を改善するような、手軽な運動がお勧めとなっています。