ほうれい線を伸ばしてケア!気になる頭蓋骨矯正について

ほうれい線は深くなればなるほど老けて見えてくるものです。加齢によりできるものでもありますが、生活習慣によってはさらに深くなってしまうこともあります。目元のシワも同じように、日頃のケアがとても大事になってきます。他にも頭蓋骨矯正でほうれい線が改善できることにいての情報をまとめました。

ほうれい線は筋肉を伸ばすことが大切

年齢を重ねて気になるシワの一つにほうれい線があります。このほうれい線が深くなると年齢より老けて見えることが多く、何とかこのほうれい線を薄くしたいと考えている方は多くいるのではないでしょうか。このシワを深くしてしまう原因はいくつかあります。

多くの肌トラブルの原因となる乾燥や紫外線などもこのシワを深くする原因になります。シワを深くしてしまう原因は、そのシワの部分の肌に悪影響を及ぼす乾燥や紫外線などにより肌が正常に生まれ変わるサイクルが乱れることによって深くなります。そのため、この原因を取り除くことが大切です。

また、この乾燥や紫外線など以外にも筋肉が影響している場合もあります。筋肉は長時間負荷を与え続けると固まってしまいます。筋肉が固まることで血流が悪くなり凝りの原因ともなります。この筋肉が凝ってしまうこともシワを深くしてしまう原因となります。この筋肉の凝りをなくすには筋肉を伸ばすことが大切です。

筋肉を伸ばすには顔をマッサージすることが大切です。ただ、このマッサージをする際には、潤滑液などを使用し肌への摩擦を減らすことも大切です。潤滑液などを使用せずマッサージをしてしまうと、肌に悪影響を与えることとなりますので、潤滑液を使用して肌に負担をかけず筋肉を伸ばしてあげることが大切です。

ほうれい線やまぶたの垂れに効果的な美容方法

女性の多くは肌や顔などに悩みを抱えている事が多いですが、特に加齢になると、ほうれい線と、まぶたの垂れがきになるという人は増えます。女性は加齢が進むと、どうしても肌の水分量が不足になりがちのため、肌トラブルを引き起こしやすくなるという特徴があります。

これらのトラブルを回避する方法として、普段の化粧水などのスキンケアなどを見直すことも大切ですが、簡単なマッサージでこれらのコンプレックスを解消できる方法があります。例えば、まぶたの垂れについては、つぼ押しマッサージや目の周りの筋肉をマッサージする事が効果的です。

これにより、まぶたの周りが血流がよくなり、むくみの原因になる不要物などを流しだす効果があります。また、引き締め効果のあるマッサージの為、ほうれい線などにも効果的です。目の周りなどをつぼ押しすることで、解消できるのは非常に便利なのでテレビを見ながらなどの、ゆっくりとした時間に、眉毛や顔の周り、ほうれい線などを少し強めに押してみるという事も大切です。

マッサージは習慣化することで、確実に効果があります。また、時間をかけずに、お金もかからないので美容法としても手軽にできる所が良い所です。綺麗になる為の習慣をしっかりとつけることで、より自分の美しさに磨きがかかります。

ほうれい線や目元をケアする習慣をつけることが大切

ほうれい線や目元のたるみを解消するためには、栄養ある食事をしたり、紫外線を避ける習慣を実践する必要があります。頬や口まわりの筋肉が衰えてしまうと、ほうれい線が浮き出てきます。若いうちは気にならないことが多いのですが、加齢とともにシワの溝が深くなります。

ほうれい線を気にする女性は非常に多いため、美顔器などを使って筋肉を刺激することも行われます。美顔器も便利ですが、笑うようにして顔の筋肉を伸ばして表情筋を鍛えることも効果的です。入浴中にマッサージをすることも健康的で、血行を促進させるためにも役立ちます。

日頃から野菜や肉類、魚類をバランスよく組み合わせた料理を食べる習慣があれば、目元やほうれい線の付近の肌は新陳代謝をして若返りが進行します。体が満足するような栄養を摂取できなければ、新陳代謝は鈍くなって老化を食い止められなくなります。

老化は油断をしていると急激に進行するため、若い頃から美肌のためのケアをする必要があります。目元の部分は、血行が悪くなるとクマが発生する場合があります。クマを発生させないためには、温かい濡れタオルを当ててからマッサージをすると効果的です。目元のマッサージは、1日に数回は行うことが理想です。

頭蓋骨をマッサージしてほうれい線を消す

女性の多くは色々な肌トラブルに悩んでいます。若いことは、にきびなどの吹き出物などで悩む人が多いですが、年を取ると、しわやたるみなどに不安を覚える人がおおくいます。特に、女性は笑顔や真顔になったときに、ほうれい線が目だつのがいやだという人が多くいます。

ほうれい線は肌が乾燥しているという原因もありますが、そのほかの要因としては、顔が曲がっていたり、ゆがみなどが主な原因になっていることもあります。特に、頭蓋骨をほぐしてあげることで、ゆがみが改善するので、少し時間のある時に自分自身の頭蓋骨を意識して、顔周りや頭などを心地よいと感じる程度にマッサージをする事が非常に大切です。

そして、自分自身で解決できないときは、顔のゆがみをとるために、専門医などに相談をする事も大切です。しかるべきマッサージをすることで、顔全体のゆがみが取れて、結果的にほうれい線が目だたなくなるということもあります。

マッサージは自宅で続ける事でも効果がありますので、自分のスキンケアの時間に、頭蓋骨のマッサージをして、顔のゆがみを取るという事を意識する事が重要です。また、顔のゆがみは、ストレスなどが起因する事もありますので、疲れは溜め込まないことも非常に重要です。

頭蓋骨矯正で気になるほうれい線を改善

頬に刻まれたほうれい線を根本的に解消するには、美容整形で施術を受けるしかないと思われがちです。しかし、頭蓋骨矯正で顔の軸を取り戻すことによって、ほうれい線を薄くすることができるのです。

ほうれい線は、紫外線からのダメージや、筋力の衰えによって肌がたるむことによって起こるとされていますが、顔のゆがみによっても起こります。とくに、右と左のほうれい線の長さや、刻まれる角度が対象でない場合は、顔の歪みが原因であると考えられます。

頭蓋骨矯正は、15種23個の頭蓋骨がすべてうまくかみ合うように矯正し、あるべき位置に戻すための施術です。全ての頭蓋骨の歯車がかみ合うことによって、顔のたるみやこわばりが解消され、ほうれい線のないハリのある肌を再生させることが出来るのです。

頭蓋骨矯正は、カイロプラクティックなど、専門のクリニックで行うのが一番ですが、自分で簡単にできる方法もあります。耳の上部から後方に向かって、4本の指を使ってぐるぐると刺激します。そうすることによって、側頭骨が整えられ、ゆがみを矯正することができます。ほうれい線を見て、左右対称でないと感じられる場合は、頭蓋骨矯正を試してみてはいかがでしょう。