気になるほうれい線を改善しよう!精油やマッサージの効果

女性なら、誰もが気になってくるほうれい線ですが、実は自宅で簡単にできるほうれい線の改善方法があるのはご存知でしょうか?ほうれい線だけでなく、額のシワも改善するマッサージ方法、ほうれい線の伸ばし方、精油の効力についての情報をまとめました。

気になるほうれい線を改善する方法

老け顔という印象を与えてしまうしわ、たるみ、シミは悩んでいる人が多くいます。年齢を重ねれば肌が衰えるのは仕方のないことですが、正しいスキンケアを行うことや食事と生活習慣の改善などを行うことは肌にとっても大切なことです。早めに対策をすることで見た目の老化を防ぐことができます。

ほうれい線の原因はたるみ

ほうれい線の原因の一つが顔のたるみです。そのためマッサージをしたり、表情筋を鍛えて顔のリフトアップをします。垂れ下がった顔がきゅっと上がりますが、力を入れ過ぎず優しく行うことが大切です。舌で口の中から押し上げる運動をすることも良い方法です。

保湿ケアをしっかりとして肌に水分を与え、ふっくらとした肌を作ることで小じわが目立たなくなるので、ほうれい線が気になる部分にもたっぷりと潤いを与えることも改善できる一つの方法です。

頬のほうれい線対策はマッサージがおすすめ

小鼻の横から口角までの頬のしわは老け顔の原因です。若い頃は笑った時だけできますが、老化とともに真顔でもしわが出てしまいます。イラストでも一本書き加えるだけですぐに老けた印象を与えます。

ここがポイント!
ほうれい線は急に出るのではないので小じわの薄いうちにケアを始める

ほうれい線はまさに筋肉が衰えてしまったことが原因となります。顔のマッサージとしておすすめなのが、リンパマッサージ。マッサージで顔の筋肉に刺激を与えるとともに、溜まった老廃物の解消にも効果が期待できるのでおすすめです。

ほうれい線を改善する方法
  • たるみの原因となる保湿ケアをする
  • リンパマッサージで顔の老廃物を流す
  • 表情筋を鍛えて顔のリフトアップ

メイクでのカバーは避けたほうが良い

メイクによってシワを目立たなくさせることはできますが、それでは根本的な解決にはなりませんし、何よりもメイクのしすぎによって逆に老けて見えてしまうこともあります。そのため、普段のスキンケアの中でしっかりとシワ対策が必要になってきます。

どうしてもメイクでカバーしなくてはいけない緊急事態が発生した場合は、メイク方法に気をつけましょう。

  1. シリコン系の下地で叩き込むように塗る
  2. 筆タイプのコンシーラーでほうれい線を消すように塗る
  3. ツヤ肌効果のリキッドファンデを使う

気になるからと時間をかけて厚塗りメイクにならないように注意しましょう。厚塗りメイクではほうれい線の溝にファンデーションが溜まって逆に悪目立ちしてしまいます。

ほうれい線対策にはマッサージが効果的

女性の多くはなんらかの肌のトラブルを抱えて生きています。またそれは加齢が進むほど、悩みとして不安になる人が多いです。特に女性の多くが悩まされる部分がほうれい線です。この部分にシワが出て目だつようになると、一気に顔全体が老けて見えるので、注意が必要になります。

マッサージがほうれい線に効く理由

ほうれい線や額のシワ対策としておすすめなのが、自宅で簡単にできるマッサージです。よく顔の表情豊かな人は肌がきれいといわれますが、これが、顔の筋肉を頻繁に動かしているため、筋肉のおかげでシワができにくい肌を自然と作っているのです。

実は顔の筋肉は私たちが思っているよりも日常生活においては使っていないことが知られています。筋肉が怠けてしまうと、重力に耐えられなくなった肌がたるんできて、シワをさらにクッキリとさせてしまいます。

適度に痛みのあるマッサージ

毎日できる簡単な方法で自分のコンプレックスを解消することができるので、ほうれい線を消す為にも日常にすると良いマッサージ方法があります。ほうれい線の目だつ周りを少し痛みを感じる程度の強さでマッサージをすることで、周辺の筋肉が引き締められて、ほうれい線のシワがのびてくるという仕組みです。

また、少し痛みを感じるという事はその部分に不要物などが溜まっている可能性もあるので、集中的にほぐすことで、顔全体のコリなどをほぐす役割もあります。このように、女性の多くの悩みになっているほうれい線のシワをのばすためにも、普段から小さな努力を積み重ねる事が非常に重要です。

マッサージは即効性はないですが、日々の習慣にする事で確実にほうれい線を伸ばすことができます。

顔も若返るので、日常の習慣で続けましょう。また、家だけではなくオフィスなど、顔がこわばり凝りにつながる場面でもマッサージが大切です。

ほうれい線解消のためのマッサージ方法

ほうれい線を解消するために実践したいマッサージには「表情筋を鍛えるもの」「リンパマッサージ」「ツボ押し」などの方法があります。それぞれのマッサージ方法の特徴をおさえて試してみましょう。

表情筋を鍛えるマッサージ

表情筋は筋肉です。マッサージというよりも、筋トレが必要です。顔の表情の筋トレと聞いてもピンとこないかもしれません。表情筋の筋トレは、普段使っていない部分を動かす運動です。ほうれい線解消につながる頬周りの筋肉を重点的に動かします。

表情筋を鍛える運動

舌を動かす運動
シワを意識して口の中で舌を大きく回すように動かす
あごをきたえる動き
顎の骨に皮膚がつっぱるように口を右に動かす、5秒キープ後反対側に動かすを繰り返す
頬を動かすひょっとこ運動
頬をすぼめて停止、また頬を膨らませて停止をくりかえす
お箸をつかった運動
箸を口に加えたまま唇を横に引きキープ

ほうれい線解消につながるリンパマッサージ

リンパのツボは全身にあります。その中でもほうれい線に効果的なのは胸から上のパーツです。リンパマッサージを行う際に注意をしたいのは、優しく手の重みで刺激をすることです。リンパマッサージは手の厚でリンパ液の流れをよくするマッサージです。

リンパ液をポンプのように圧をかけて押し流すイメージでマッサージしましょう。

ほうれい線に効果的なリンパマッサージ

首周りのマッサージ
両手のひらを耳から鎖骨までゆっくりすりおろす
鎖骨のマッサージ
鎖骨のくぼみをもみほぐす

食後や飲酒後はリンパマッサージには適していません。体調が悪くなるかもしれないため、避けるようにしましょう。

ほうれい線を解消するツボ押しのポイント

足裏マッサージなどで足つぼを刺激することで体の不調を解消することが出来ます。同様に、ほうれい線に効くツボは顔周りに存在しています。ツボ押しをする際は、爪が皮膚に当たらないように注意して指の腹で優しく刺激しましょう。

ほうれい線に効くツボ

頬肉の下にある「巨髎(こりょう)」
瞳の真下で鼻の下縁から横に向かってクロスした位置

  • 目の周りのクマやたるみ解消
  • 乾燥肌対策
  • 顔のシワ改善などの美容効果があります
口の両端にある「地倉(ちそう)」
ほうれい線をたどり、口の端と交わる部分

  • 口周りのシワやたるみ解消
  • ほうれい線の改善などの美容効果があります

マッサージの効果を上げるスキンケア

年齢を重ねるにつれて気になってくる額やほうれい線のシワ。何もしなければ今後はもっとはっきりとシワが目立ってしまいます。なんとからして、薄く目立たなくしたいものですが、どうしていけばいいのでしょうか。

普段使いの化粧品を変える

ほうれい線はシワの類になるので、できるだけ、乾燥を防ぐ事が重要になりますし、シワに効果的な化粧品などのアイテムを上手に利用する事が大切です。普段のスキンケアの中で、化粧水や乳液、美容液などをつけるときに、気になるほうれい線のシワの部分をのばすようにすりこみながらつけると効果的です。

このように、スキンケアと運動を使った正しいほうれい線ののばしかたを会得することで、コンプレックスだったほうれい線のシワが目だたなくなります。

保湿効果の高いスキンケアでマッサージ効果を引き上げ

マッサージをすることで表情筋を鍛えたり、血行不良を改善することは出来ます。その結果、ほうれい線は薄くなっていきます。ほうれい線ができる原因のうちの加齢によるたるみや表情筋の衰えには十分効果的です。

ところがほうれい線ができる原因は他にもあります。その原因に対処するためにはスキンケアによる保湿の助けが重要です。保湿効果の高いスキンケアを加えてほうれい線のケアをしましょう。

ほうれい線ケアに効果的な高保湿成分
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド

スキンケア製品の成分にも気を配ってお手入れを続けましょう。

ほうれい線を薄くしてくれる精油の力

精油というのは植物の花や葉や果実から採取した採った香りのある油の事です。ほうれい線を薄くするためにどのような精油を用いるかというと、余分な脂肪や老廃物を溶かしてくれる効果のあるものです。

脂肪を溶かす効果を持っている精油
  • ローズマリーオイル
  • グレープフルーツオイルなど
(新陳代謝)効果の高い精油
  • ジュニパーオイル
  • サイプレスオイルなど

これらを組み合わせて使うと効果的です。ジュニパーオイルやサイプレスオイルは聞きなれないかもしれませんが、どちらもヒノキ科の植物から採れた精油です。これらをほうれい線の部分にブレンドオイルにしてマッサージやツボ押しして用いることで、だんだんと目立たなくなっていく可能性があります。