しわ対策にはどれがおすすめ?マッサージ・運動・入浴

しわができても「歳だから仕方ない・・・。」と諦めていませんか?しわ対策に良いと言われるものを今回紹介します。マッサージによるしわ改善の方法、運動することの重要性、サプリメントを使ったしわ対策、ボトックスの効果についてまとめました。

マッサージによるしわ改善

しわは加齢とともに増えていき、紫外線や乾燥などによっても増えます。他にも、ストレスや生活習慣などによってもできることがあります。しわは、マッサージでも改善が期待できます。おでこのしわの場合は、おでこの筋肉を鍛えることで改善が期待できます。

しわは、ピンと張っていた筋肉が垂れることによってできるため、マッサージなどによってたるみを元に戻すことを目指します。両眉あたりから指で皮膚を持ち上げたり、眉間から外側へと優しくなでるようにマッサージを行います。気づいたときに行いますが、お風呂上がりなどの皮膚が柔らかくなっている時間などが効果的です。

目元のしわの場合には、目頭から目尻に向かって目の周りを優しくなでるようにマッサージします。ツボ押しをする際も気持ちいいぐらいの強さで押します。この時、目の下が乾燥しないように保湿も忘れないようにします。

長い年月をかけて刻まれているため、すぐに消えることはありませんが、毎日継続して繰り返すことで、しわが伸びていき、血液の流れがよくなることも期待できます。マッサージを行う際には、丁寧になぞるように行います。特に目の周りは皮膚が薄くデリケートなため、注意が必要です。

運動するとしわを改善することができる

しわが出来てしまうとどこか落ち込んでしまうことがあります。そんなときには、運動をするといいといいます。運動する、といってもきついものではなく、無酸素運動で簡単なものを続けるだけでもいいのです。しわが出来てしまう原因として、運動不足も考えられているからです。

筋肉を強くするウエイトトレーニングなどはとくに効果があるということです。短時間で集中して行う運動トレーニングは、成長ホルモンを促してくれるというのです。成長ホルモンが活発になるということは、新陳代謝もよくなるということです。

しわやしみは新陳代謝がわるいと悪化することがあるので、成長ホルモンを活発にして新陳代謝もよくする、ということはとても効果的だといえるのです。動くことで体をリラックスさせる効果もあります。ストレスで顔の筋肉が動きにくくなることもあります。

なので、なるべく動くようにして、ストレスを軽減し、リラックスできる状態をつくって、しわが出来ないようにすることが大事なのです。また、お風呂に入ったときに軽くストレッチなどをする、というのも効果的です。自分の出来る範囲のことでも十分しわの改善をすることは可能なのです。少しずつでも続けておくといいです。

しわを改善するストレッチ

しわは、表情を作る時に動いた筋肉によりできた細かい線や溝が、戻らなくなって肌に残った状態のことを言います。乾燥によりしなやかさが失われたり、加齢によりコラーゲンが不足することが原因になります。しわは一度できてしまうと、なかなか消えることはありません。

しかし、ストレッチを行うことで改善することは可能です。しわを改善するストレッチは、いくつかありますが、口の周りには、「あいうえお」をゆっくり大きな口を開けて行うのが効果的です。それぞれを10秒かけて、息を吐きながら、力を入れて発音するのがポイントです。

気になる目元のしわには、両方の手でピースサインを作り、目尻に置き、外側に引っ張ります。目の周りの皮膚は薄いので、優しく行いましょう。全身をリラックスして、目を閉じてストレッチをします。ストレッチは、毎日行うことで、確実に効果を発揮します。お風呂上りや、洗顔後にするなど、習慣にすることが大切です。

また、笑うとしわになると思い込んでいる人がいますが、笑うことは表情筋を鍛えることになるので、改善することにつながります。表情筋の衰えは、しわだけでなくたるみの原因にもあるので、おもしろいことがあったときは、心から笑うようにしましょう。

しわを改善するツボ

人間の体には、体調を改善させることができるたくさんのツボがあることが知られています。東洋医学では、昔から体の不調や病気を治すためにツボ治療が行われています。そんな体のツボは、健康効果だけでなく、しわを軽減する美容効果があることはご存知でしょうか。

加齢にともない、最も気になるのは目尻のシワですが、目の周りにはしわを改善することができるツボがいくつか存在します。その部分を指で押して刺激することによって、ハリのある素肌を甦らせることができます。

一つ目は、攅竹と呼ばれる、顔の中心部の眉毛の生え始めの場所の下のくぼみの部分です。目の周りの血行を良くする働きがあり、しわの改善にも効き目があります。二つ目は、糸竹空と呼ばれる、眉毛の外側の部分です。目尻のしわの改善と共に、目の充血や疲れ目にも効果を発揮します。

特別な道具や化粧品を揃える必要もなく、テレビを見ながらやバスタイムなどに手軽にできるシワのケアなので、誰でも簡単に行えます。目の周りは、デリケートな部分でもあるので、押すときは優しく力をこめすぎないようにすることが大切です。皮膚に刺激を与えすぎて、しわを悪化させる原因を作ってしまわないように気をつけましょう。

しわを改善するために入浴方法を改善する

年齢とともに出来てしまうしわは仕方がない、と考えてしまいがちですが、実は改善する方法がいくつもあるといいます。そのなかのひとつに、入浴を利用するというものがあります。紫外線によって出来てしまうしわを防ぐ場合は、お風呂の温度を42度にしてゆっくりと入るといい、ということです。

理由は、紫外線によって出来るしみを抑える効果を高くすることができるからです。42度のお湯でコラーゲンを分解するタンパク質を減らすことができるようにということなのです。入浴方法は、はじめにシャワーで身体を温めるようにする、もしくは初めにぬるめのお湯で体を温めて、その後に少しずつ追いだきをしてお湯の温度を上げていく、という風に身体に負担がかからないようにして入るようにしておきます。

42度は冷えた体には負担になってしまいますので、あまりよくないです。いきなり入るのではなく、ゆっくりとならしていくようにして、ゆっくりと入浴することでしわを改善する効果があります。肌を乾燥させないように、入浴後はしっかりと化粧水やパックで肌を保湿してあげることが大切です。この方法は紫外線によるしわを防ぐ、というものなので、時間があるときにこの方法で入るようにしておくだけでもいいということです。

しわを改善するサプリメント

しわが気になり始めると、アンチエイジング効果のある化粧品を使ったスキンケアを行ったり、マッサージを行うなど、外側からのケアばかりをおこなってしまいがちですが、美容効果のあるサプリメントを飲むことによって、体の中からケアを行うと、より効果の高いしわの改善が期待できます。

しかし近頃は、美容成分の配合された様々なサプリメントが販売されており、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。しわを改善するためには、いったいどのような成分のサプリメントを摂取すればよいのでしょう。

まず、しわを無くすための基本的なものとしては、ベータカロチン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどがあげられます。これらの基本のサプリメントと並行して、保水成分の高いヒアルロン酸やセラミド、コンドロイチンや、コラーゲンの生成を促進するコラーゲン、アミノ酸、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10、アスタキサンチンなどを組み合わせるのが理想的でしょう。

サプリメントは健康食品なので、飲んですぐに効果が出る物ではありません。最低でも1か月から3か月、もしくは半年以上のスパンで効果を確かめることが大切になります。飲み続けるほどに、効果を実感できるようになるでしょう。

しわを改善する美容成分のコエンザイム

しわができる原因の一つに、コラーゲンの生成が少なくなることが挙げられています。加齢とともに、体が錆び付き、肌を若々しく保っていたコラーゲンなどの繊維が衰えていくからです。そのような、体の錆び付きを抑制し、しわを改善する効果があるとして注目されているのが、コエンザイムです。

コエンザイムは、抗酸化作用が強く、アンチエイジング効果が高いことが証明されています。サプリメントで体内に摂取するほか、コエンザイムが配合されたクリームや美容液などを使用することによって、しわに直接働きかけることもできます。一般的に、サプリメントよりも、クリームや美容液のほうがしわへの効果は高いとされています。

また、更年期を迎え、血液の中に含まれるコエンザイムの量が減少してから、コエンザイムの摂取を始めると、しわが軽減し、美肌効果が得られることもわかっています。しかし、摂取を止めてしまうと、すぐに元の状態に戻ってしまうため、継続的に摂取し続けることが大切になります。

このように、たくさんの奨励によって効果が実証されているため、信頼に値する美容成分といえます。しわに悩んでいる人は、サプリメントやスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょう。

できてしまったしわの改善方法

しわは一度できてしまうと外科的手術を行わなければ治らない、と思われがちですが、程度によっては自分でできるケアでも十分改善可能な場合があります。改善方法としてあげられるのが、保湿ケアと顔の筋力トレーニングです。

しわができる原因の一つに、乾燥があります。肌が乾燥すると特に目元などに小じわができやすくなりますが、これを放置してしまうと大きく深いしわへと変化してしまいます。そうなる前に、十分に保湿ケアを行うことによって小さなしわであれば改善させることが可能なのです。

正しい保湿の方法としては、化粧水で肌に水分をたっぷりと与えた後、油分を多く含むクリームやオイルで油分を補ってあげることです。化粧水だけではやがて水分が蒸発してしまうため、油分の膜でコーティングし、水分を肌の内側に閉じ込めるようにしてあげましょう。

そして、もうしわができる原因のもう一つが表情筋の衰えです。表情筋とは顔にある無数の筋肉のことであり、表情を作るという働き以外に、表面の皮膚の支えとなりハリのある肌を保つという働きもしています。

表情筋が衰えると皮膚を支えられなくなり、たるみを生んでやがてしわを作ることになりますので、表情筋の衰えが原因となっている場合には、表情筋トレーニングを行うことが重要な改善方法になるのです。

しわ改善に効果を発揮するボトックス

しわには二つの種類があり、一つは加齢によって真皮のコラーゲン量が減少するためにできる加齢じわ、もう一つは表情を変えた時の筋肉の動きによってできるしわが癖となってできる表情じわです。この二つのしわのうち、後者の表情じわはボトックス注射という美容整形法による治療が可能で、注射一本打つだけで簡単に撓っを目立たなくさせることが可能です。

ボトックスとはボツリヌス毒素ともよばれる一種の毒素であり、筋肉や汗腺などの神経を麻痺させ、動きを止めるという働きをします。この作用を利用し、表情じわの原因となる顔の筋肉の神経を麻痺させて動きを止めることにより、しわができないように改善することができるのです。

ボトックスは注射一本の簡単な施術ですので、施術時間は数分とかからず、もちろん日帰りで施術を受けることができます。料金的にも比較的リーズナブルなため、とても手軽な若返り法として人気を集めています。ただ一点注意したい点としては、ボトックスの効果は永久的なものではないということです。

ボトックスによるしわとりの効果は、通常であれば半年、長くても1年程度しか持続しません。効果を持続させたいのであれば、その都度施術を繰り返し行う必要がありますので注意しましょう。