ほうれい線に効くって本当?レーザー治療・皮膚科・ヒアルロン酸注射

1度できてしまったほうれい線を消すことはなかなか難しいものですし、加齢には逆らえない部分もあります。手早く目立せなくするには、ヒアルロン酸注射という方法があります。他にも美容皮膚科での治療、レーザー治療もあります。術後のメイクについての情報もまとめました。

ほうれい線とヒアルロン酸について

ほうれい線を消したいと考える人に人気の施術が、ヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸を注入する事で、肌にハリと弾力を取り戻し、ほうれい線を目立たない状態にする事が出来ます。注射だけで手軽に行う事が出来る施術としても人気ですが、医師の技術が必要な施術でもあります。

技術の高い医師が施術を行えば、ほうれい線を目立たなくする事が可能ですが、技術不足の医師が行えば、期待するような効果が出ないという事もあります。ですから、施術を受けたいと考えたら、口コミ等で、医師の技術について確認しておく事が大切です。更に、過去には、動脈にヒアルロン酸を注入してしまい、小鼻が壊死してしまったという症例があります。

これはごく希な症例で、基本的に、この成分は体には害がなく安全と言われていますが、施術を行う際には、リスクを伴う可能性があるという事も意識しておく事が大切です。ほうれい線を目立たない状態にしたいと考えたときに、ヒアルロン酸注射は有効な方法の一つです。

体に害がない成分の為、安全と言われる施術ですが、しっかりとした効果が出るか、本当に問題がないかどうかは、医師の技術によって大きく変わってきます。ですから、興味を持ったら、口コミ等で情報をしっかりと集めておく事が大切です。

ほうれい線の悩みは美容皮膚科で

ほうれい線の悩みを解消したいと考えた場合に有効なのが、美容皮膚科で、ヒアルロン酸注射やボトックス注射等の施術を受ける事です。中でも、代表的なのは、保水成分が高い事で有名な成分、ヒアルロン酸を注射器で注入していく方法です。ほうれい線が出来る原因は、肌のハリや弾力が衰え、皮膚がたるみ、しわになってしまう事です。

ですから、ヒアルロン酸を注入する事で、肌にハリと弾力を取り戻す事で、ほうれい線を目立たなくしていく事が出来ます。注射をするだけなので、施術時間が短いだけでなく、顔への負担が少ない事でも人気の施術です。ただ、ヒアルロン酸は、注入後、徐々に吸収されていく為、効果は徐々に薄れていきます。

ヒアルロン酸注射の効果は、数ヶ月から1年程度持続すると言われますが、注入後、肌の中で徐々に減少していく事になるので、実際には1ヶ月から2ヶ月程度経過すると、ほうれい線が目立つようになってくる事があります。

ただ、メイク等でほうれい線をごまかそうとするのとは違い、肌のハリと弾力を取り戻す事で目立たなくするので、本気で対策をしたい場合、ヒアルロン酸注射は有効な方法です。ほうれい線で悩んだら、まずは美容皮膚科で相談をしてみる事がお勧めです。

ほうれい線の改善に有効「レーザー治療」

口の横に深いシワとなって現れる、「ほうれい線」に悩んでいる方は、少なくありません。ほうれい線が出来る事で、どうしても実際の年齢より、老けて見られてしまいます。何故、ほうれい線が出来てしまうのかというと、コラーゲンが大きく関わっているようです。肌の奥深くには真皮層という部分があり、ここにはコラーゲンが網目状に張り巡らされています。

コラーゲンがある事で肌には弾力が生まれ、シワは出来ません。しかし、加齢と共にどんどんコラーゲンの生成量は低下してしまう為、皮膚に弾力が無くなり、シワが出来てしまうのです。ほうれい線のような深いシワの改善に、有効と言われている治療法があります。

その治療法とは「レーザー治療」です。レーザー治療は美容皮膚科や美容外科といった、美容系のクリニックでは、ポピュラーに行われている治療法です。シワが気になる部分にレーザーを照射すると、レーザーの熱により肌細胞の働きを、活性化する事が出来ます。

肌細胞の働きが良くなると、コラーゲンの生成量がアップし、結果的に肌に弾力が生まれます。肌に弾力とハリが出る事で、深いシワを軽減する事が出来るのです。レーザー治療は皮膚を切開するような、美容整形とは違いメスを使わず施術を行う為、手軽なアンチエイジング治療として、人気を集めています。

ほうれい線には腫れない美容治療が最適です。

女性はいくつになろうとも実年齢よりは若く、そして美しく見られたいと願うもので、そのためには高価なスキンケア化粧品を使って毎日お手入れを行ったり、時にはエステサロンで高い施術料を払ってプロのフェイシャルケアを受けたりと、出来うる努力は最大限行うものです。

しかしながらそういったお手入れを行っていても、加齢のスピードには追い付けず、お顔にはほうれい線などが現れ始め、鏡を見ては憂鬱な気分に押しつぶされそうになっている人も少なくはないようです。

ほうれい線は見た目年齢を一気に老けさせてしまう憎い肌トラブルですが、化粧品ではなかなか改善することも難しいといわれており、エステでのケアでも満足のいく結果とならないことも珍しくはありません。近年、医学の進歩に伴い、美容治療も飛躍的に進化しており、若返り治療が大人気となっています。

一昔前のようにメスを使う治療は影を潜め、美容成分を注入したり、最先端技術のもと開発された美顔機器などを使用する治療がメインとなっているため、腫れることもなくダウンタイムもほとんどありません。ほうれい線などの改善には美容外科でのアンチエイジング治療が最も効果的で、出血や腫れもなくごく自然に若返りができるので、定期的に通院されている女性も増えているようです。

ほうれい線は術後のメイクが可能です

ほうれい線を目立たなくする治療方法はいくつかありますが、その中でもヒアルロン酸を注入してほうれい線を改善する方法は、術後のメイクも可能です。ほうれい線はタルミによって鼻の両ワキから口角に向かってできたシワのことです。年齢と共に肌の弾力が低下し、シワが戻りにくくなってしまいます。深いシワはそのまま放置すると回復せず、症状はさらに進んでいきます。

ほうれい線を改善する治療方法はいくつかありますが、手軽に簡単に改善する方法はヒアルロン酸の注入です。ヒアルロン酸はもともと体内にあるもので、保湿性に優れており、肌のハリや弾力性を保つ物質です。ほうれい線などシワになった部分にヒアルロン酸を注入することでシワを目立たなくし、若々しい弾力のある肌に戻ります。

治療の流れは、まず医者とカウンセリングでシワなどの状態を確認します。続いて、ヒアルロン酸を注入します。時間は5〜10分程度で通院する必要はありません。麻酔を希望する場合は麻酔クリームを塗布するため安心して治療を受けることができます。術後のメイクは可能で、まれに内出血がみられますが、この場合もメイクでカバーできます。効果は個人により差はありますが約3ヶ月〜半年持続が期待できます。