加齢が原因!?ほうれい線の解消法について

女性なら誰もが気になる「ほうれい線」は加齢だけが原因だと思っていませんか?実はそれだけではありません。ほうれい線の解消法やほうれい線対策にふさわしい化粧品や食材について、活性酵素についての情報をまとめました。

ほうれい線の原因と解消方法

ほうれい線は口の両脇にできるくっきりとしたしわのことで、顔に何歳も老けた印象を与えてしまうためアンチエイジングの大敵と呼ばれています。ほうれい線ができる原因は、一言で言ってしまえば加齢なのですが、詳しく言えば加齢による表情筋の衰えによるものです。

顔には無数の筋肉が存在しており、表情を変化させたり表面の皮膚を支える土台となる役割をしています。しかし、加齢によって足腰の筋肉が弱ってくるのと同じように、顔の筋肉も次第に衰えてきます。すると表面の皮膚をしっかりとささえることができなくなり、垂れ下がった皮膚がたるんでやがてほうれい線などのしわができるようになってしまうのです。

ほうれい線解消のためには、口周りの筋肉をトレーニングすることが重要となります。口周りの筋肉を鍛えるには、様々なトレーニング方法がありますが、簡単なのは舌回し運動です。やり方は簡単で、顔を上に向け、口を閉じた状態で舌を360度口の中で回転させるだけです。

右回りと左回りに各10回ずつ程度を1セットとし、一日に5セットほど行えばほうれい線解消効果が期待できます。肌の乾燥もほうれい線の症状を進行させる原因となりますので、トレーニングと同時に保湿ケアもしっかり行うようにしましょう。

加齢によってほうれい線ができるわけ

ほうれい線は年をとれば誰でもできてしまうものですが、その詳しいメカニズムをご存知でしょうか。メカニズムを知り、適切な予防法をとることで症状の進行を遅くすることも可能です。加齢でほうれい線ができるのは、肌内部のコラーゲン線維が減少すること、そして顔の筋力の低下によって皮膚がたるむことが主な原因です。

肌内部にはコラーゲンが網目を形成するようにして存在しており、表面の皮膚を支える土台となり肌に張りを与えています。しかし加齢によりこのコラーゲン線維は減少してしまい、結果皮膚にたるみが生まれてほうれい線を作る原因となるのです。コラーゲンの減少を抑えるためには、食事からたんぱく質を十分に摂取し、また毎日良質な睡眠をとるといった食生活や生活習慣の改善が肝心となります。

また、顔に無数存在する表情筋という筋肉は、表情を作る働きをする以外に表面の皮膚を支えるという役割もしています。加齢により顔の筋力が衰えると、肌を支える力も衰えてしまいますので、たるみやしわにつながってしまうのです。

口周りの表情筋は舌回しトレーニングなどを行うことによって鍛えることが可能です。口の中で舌をぐるぐると360度回し、口周りが疲れるまで左右両方向へ行います。毎日続けることで効果が現れますので、習慣づけて行うようにしましょう。

ほうれい線対策に効果のある成分

ほうれい線は30歳を過ぎた頃からだんだんと出てきて、年齢を重ねるごとに目立つようになります。鼻の両脇から口元に向かって深い線ができて、実際の年齢よりも老けて見えてしまうこともあります。

範囲が広く顔の中心の目立つ位置なので、メイクやヘアスタイルで隠すことが難しく、対策で悩んでいる人も大勢います。ほうれい線のできる主な原因は皮膚のたるみにあります。年齢を重ねると皮膚の細胞の活動が抑制され、新陳代謝が行われにくくなります。

すると皮膚の主成分であるコラーゲンやエラスチンが縮小したり弱くなったりして肌の弾力性がなくなり、ハリを失った皮膚がたるみ、その結果として口元に深いほうれい線ができるのです。皮膚の老化を完全に止めることはできませんが、進行を遅らせたり失った成分を補うことは可能です。

コラーゲンやエラスチンの配合されたアンチエイジング化粧品やサプリを使ったり、これらの栄養素が多く含まれる豚足、手羽先、牛スジ、うなぎなどの食品を積極的に摂取することで、ほうれい線対策で肌のハリやコシに必要な成分を吸収できます。同時にビタミンやミネラルを多く含む野菜や果物も摂るとより効率よく栄養素を蓄えることができます。

ほうれい線が出来る原因となる「活性酸素」とは?

ほうれい線など顔に深いシワが出来てしまうと、それだけで5歳以上老けた印象を、与えてしまうケースも少なくありません。アンチエイジングには大敵のほうれい線ですが、このほうれい線が出来る原因として、以外と知られていないのが「活性酸素」です。

活性酸素は体内にあり、普段はウイルスなどを撃退する、役割を行っています。健康を維持する為には欠かせないものですが、あまりにも体内で増えすぎてしまうと、細胞自体を酸化させてしまい、老化を促進する原因となってしまうのです。

活性酸素が増える原因としては激しい運動、運動不足タバコ、不規則な食生活、紫外線、大量のアルコールなどが挙げられます。体内の活性酸素が増えすぎてしまうと、いくらスキンケアを行っても老化を止める事は、難しいと言えるでしょう。

ですので、アンチエイジングの為には、できるだけ増やさないという事が大切です。増やし過ぎない為には、適度な運動や禁煙、バランスの良い食事などを行うほかに、抗酸化作用に優れた栄養素を摂取する事がお勧めです。

ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用が高い為、アンチエイジングケアにお勧めの栄養素となっています。ビタミンCは野菜や果物などに、そしてビタミンEはナッツ類などに多く含まれています。