美白に効果ありな成分の特徴とは?ヒリヒリ感じた時の対処法

シミ・そばかすが増えてきた肌、くすんでいる肌に元気を与えてくれる、さらに美白に効果がある成分は一体なにか、またその成分の特徴について、美白化粧品で肌がヒリヒリ感じた場合について、弱酸性の化粧品についての情報をまとめました。

美白に効果的な成分

紫外線がきつくなる春から秋口までは美白とUVがスキンケアのキーワードになってきます。UVケアでは日焼け止めを塗ったり、肌の露出を控えたり紫外線を通しにくい黒い服を着るなど様々な方法で紫外線対策をします。もし紫外線に当たって日焼けをしてしまったらすぐにケアが必要です。

日焼けをするとメラニン色素が肌に出てきます。このメラニン色素は肌を紫外線から守るために出てくる防衛本能です。本来ならメラニンも勝手に消えて行くのですが、沈着してしまうとシミの原因になります。シミは何層にも重なった角質のシミが重なってできてしまったことでできます。

そのため、メラニンを還元する物質が必要です。それがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白化粧品に多く含まれています。摂取することでメラニンを還元させ、シミを少しずつ消していく効果があります。食事としてビタミンCを摂取しても消化や筋肉、内臓などに先に栄養分が周り、肌に栄養がくるのは一番最後になります。

そのためビタミンCは直接肌から補給したほうが効果的です。また何層にもなる確執も古くなったら剥がれます。肌の再生化をスムーズにするには水分を2リットル以上摂取して新陳代謝を活発にするとよいです。

美白化粧品の成分の特徴

美白化粧品を選ぶとき、店頭には様々な種類のものが並んでいてどれを選んでいいのか迷うことがあります。美白化粧品選びで迷って時には、厚生労働省に認可された美白成分を使用している医薬部外品を選ぶようにすると良いです。

認可された成分には肝斑の治療薬にも配合されているトラネキサム酸、ビタミンCを安定化させて皮膚に浸透しやすくしメラニンを還元したり活性酸素を抑える効果のあるビタミンC誘導体、メラニンができるときに働く酵素チロシナーゼの働きを防いでくれます。

シミを防ぐアルブチン、コウジ菌から生まれたチロシナーゼの活性を抑えるコウジ酸、動物の胎盤から抽出されアミノ酸やビタミンなどを含みメラニン生成を抑えれ代謝を促進させる効果のあるプラセンタエキス、抗酸化作用があるエラグ酸、メラニンを抑制してターンオーバーを改善し古い角質を落としやすくする4MSK、などがありそれぞれに働きに特徴があります。

その他にもニコチン酸アミド、ルシノール、マグノリグナン、カモミラET,ハイドロキノン、アラントインなどがありメラニンができる過程に働きかけたり、できてしまったメラニンを還元したり、メラニンを含む古い角質の剥離を促すという作用を持つのが特徴です。美白成分の働きを理解して目的にあったものを選ぶとより効果的です。

美白化粧品でヒリヒリを感じたら

美白化粧品に含まれている成分は、ホワイトニング成分と呼ばれていますが、実際には肌のためのいわゆる漂白剤だとも言われています。そのため、使用する際の肌質によっては過敏に反応してしまい、使用後に肌がヒリヒリしてしまうといったトラブルが発生することがあります。

美白用の化粧品は本来の化粧品とは異なった成分が含まれているので、使用する前にはサンプルや試供品などでパッチテストを行なうことが重要です。また、普段は使用して何ともないけれど、体調が悪いときや肌質が良くないときなどは使用したときにヒリヒリしてしまうこともあります。

そのため、美白化粧品を使用する場合には、自分の体調や肌質なども知っておき、ほかの化粧品などと使い分けることも重要となります。また、美白になりたいのであれば普段から日焼け止めを塗ったり、紫外線に当たらないような服を着るといったUV対策もしっかりと行いましょう。

特に、肌の弱い方や敏感肌、乾燥肌の人は化粧品を使うことでトラブルが発生しやすいです。肌に合わないけれど購入してしまったから使うといったことをしても、さらに肌のヒリヒリなどのトラブルを悪化させてしまうので、異常を感じたら一旦使用をやめることも大切です。

美白と弱酸性の化粧品

夏が近づくと関心が高くなるのが美白です。美白はスキンケアや生活習慣でケアできます。美白化粧品にはメラニンを還元させるビタミンC誘導体や潤いを持続させるコラーゲンなどが多く含まれています。その化粧品の選び方ですが、弱酸性の化粧品であることがまず大前提です。

これはどんな種類の化粧品でもいえることですが、日本人の肌は弱酸性で出来ています。その性質を変えてしまうと肌の水分バランスが崩れ、乾燥や皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。最近では弱酸性と謳っている化粧品も増えています。その際の化粧品の線引きとして化粧水が3千円以上のものを選んでください。

安い化粧品はリーズナブルですが、肌に良くない成分が多く含まれています。良質な化粧品を使わないと何年後かにそのツケが出てきてしまうので注意が必要です。この条件に合う美白化粧品をクレンジングからクリームまで揃えてください。

そうすることで肌の水分バランスを損なうことなく、期待以上の効果を実感することができます。また、肌の再生化も正常に行えるようにするためにも、水分をよく摂取して老廃物を排出させたり、新陳代謝を活発に行えるようにしてください。水分の目安は最低2リットルです。