美白スキンケアについての基礎・メカニズム

美白のためのスキンケアの仕方について、美白化粧品のメカニズムについて、メーカーの確認、美白化粧品はライン買いした方が良いのかどうか、美白化粧品が肌に合わなかったときの相談についての情報をまとめました。

美白のスキンケアについて

ニキビ跡の色素沈着を消したい、シミやそばかすを消したい、色を白くしたいなど、美白のスキンケアがあります。素肌を美白に導くためのスキンケアには、ターンオーバーを促進させ排出を促す方法と、紫外線をガードする守りのケアと、紫外線をうけても負けない強い肌を作る3種類のケアがあります。

美白のスキンケアの種類
  • ターンオーバーが乱れた肌を美白に導くケア
  • 紫外線を防ぐ守りのケア
  • 紫外線に負けない肌を作るケア

ターンオーバーが乱れた肌を美白に導くケア

くすみの原因は角質が溜まり肌のターンオーバの乱れによるものです。その結果、お肌は透明感を失ってしまいます。ターンオーバーが乱れると、肌トラブルがおきやすくなったり肌の潤いを溜める保水力が弱くなってしまったりと、悪循環に陥ります。

拭き取り化粧水などで余分な角質を取り除くことで古い角質と一緒に溜まったメラニンを取り除くことができます。蒸しタオルなどで肌温度を引き上げると血行が促進され肌ツヤも良くなり、代謝アップにもつながります。

紫外線を防ぐ守りのケア

夏は紫外線を浴びないようにし、日焼け止めを塗ることも大切です。これ以上、シミや色素沈着を作らないようにし、帽子や日傘で日焼け対策をすることも大切です。5月は紫外線が一番多い季節なので、陽の光を直接浴びないようにし、UV対策を行った方がいいでしょう。日中はUV対策をしっかり行い、夜は美白化粧品でスキンケアを充分行うことが大切です。

日焼け止めや日除けグッズによる紫外線対策に意識が行きがちですが、保湿も紫外線対策には重要な役割を果たします。乾燥している肌は紫外線のダメージを受けやすくなります。保湿をすることでお肌のバリア機能を高めることができるのです。

また、保湿でお肌がうるおうことで肌のハリもアップしターンオーバーを整える効果もあります。

紫外線に負けない肌を作るケア

睡眠は化粧品の成分を浸透させるのに効果があるので、たっぷりと睡眠をとることも大切です。肌の再生機能が一番働く時間は夜の22時から2時です。この間に就寝することが肌のためにもいいでしょう。睡眠不足は肌に吹き出物が出来たり、充分なうるおいをもたらしてくれません。

精神面でも肉体面でも疲れが取れず、それが肌にもこたえる結果となるので、睡眠は充分とることが大切です。

美白化粧品のメカニズムを知る

美白を行う時には、お肌のメカニズムを知っておくと、効果的な化粧品を購入できるようになってきます。日焼けをして肌が黒くなったり、しみになって残ってしまうにはメラニンの働きが関係しています。

  1. 紫外線の刺激を受ける
  2. メラニンが生成される
  3. ターンオーバーが乱れていると蓄積されてシミやくすみになる

つまり美白化粧品と呼ばれるものは、この3つの過程のいずれかに効果があるものとなります。

美白化粧品の働き
  • 紫外線をカットするもの
  • メラニンの生成を抑制するもの
  • ターンオーバーを整えるもの

美白化粧品でメラニン生成を抑制する

美白を行う際には、肌の奥に発生するメラニンの働きを止める必要があるのです。メラニンがお肌に発生することで、シミやくすみが起こる元となってしまい、お肌の色素沈着に悩みを抱えてしまいます。

美白化粧品ではメラニンの発生自体を予防できるようになるため、お肌のシミやくすみの心配がなくなってくるのです。直接的にお肌に対して働きかけたいと考えたときには、美白化粧品を使ってみるとよいでしょう。

美白化粧品でターンオーバーを整える

さらに、美白については、メラニンに直接働きかけるのではなく、お肌の代謝機能を活発に改善することにより行うことも可能になっています。肌のターンオーバーが行われるようになることで、古くなってしまったお肌の細胞も排出できるようになります。

ターンオーバーが正常に保たれることでしみやくすみも解消しやすくなるのです。化粧品で透明感のあるお肌になるためには、ターンオーバーを促す効果のある化粧品を購入してみるとよいでしょう。お肌の細胞の再生がうまくいくようになることで、肌にシミやくすみが起こりやすく悩んでいる方も、綺麗なお肌に改善しやすくなってきます。

美白化粧品はライン買いした方がよいのか

美白目的では、化粧品で何を取り入れたらいいかというと、洗顔、化粧水、乳液、美容液とラインで揃えるのが効果的です。化粧水のみ、美容液のみよりも、美白に効果のある成分が入っている美白効果のあるシリーズを使った方が早くなりたい肌に近づけるでしょう。

美白したいときに、化粧品をライン買いすることにより、お肌の色素沈着を改善しやすくなってきます。美白化粧品の中には、メラニンの生成を抑えられる成分が入っていますが、化粧水からクリームまで同じ成分をお肌に与えることにより、くすみ抜けもしやすくなるのです。

同じ成分をお肌に与えることで、くすみやシミも解消しやすくなってきますので、色素沈着が進んでしまっている時にはライン買いしてみるとよいでしょう。

ここがポイント!
ライン買いをすることで、アイテム同士の相乗効果が期待できる

ただ、同じラインの化粧品であっても、商品によって付けたときに刺激を感じてしまうこともあります。同じラインであっても、商品ごとに配合している成分の種類や割合が微妙に異なっているため、つけたときに刺激を感じてしまうこともあり得るのです。この場合には、肌に刺激なく使える化粧品だけ使ってみるとよいでしょう。

基本的にライン買いした方が、肌に対しての効果も高くなってくるものの、お肌に合わないものを使うことで炎症を起こしやすくなってしまいます。炎症を起こさないようなケアを行う必要もありますので、肌に合わない化粧品が合った時には安心して使うことが出来る他社の化粧品を取りいれながら、お肌のケアを行ってみるとよいでしょう。

美白化粧品はメーカーをよくチェック!

肌のくすみやシミを改善してくれる美白化粧品。うまく活用すれば、アンチエイジングの心強い味方になってくれる嬉しいアイテムです。化粧品をラインで揃えるなら、美白化粧品選びをする際には、信頼できるメーカーのものを選ぶことが重要になります。

肌を白くすると言われる成分には様々なものがあります。例えば代表的なものを挙げると、ビタミンCですね。このビタミンCはそのままの形で配合しても、肌にはほとんど浸透しません。そこで化粧品では、これをビタミンC誘導体という形にして配合したりしています。

選びたい化粧品メーカー
きちんと効果のある配合の研究がなされている

このように、皮膚に負担なく浸透する形で美白成分を配合したアイテムを選ぶことが、効果を実感するために大切なのです。信頼できるメーカーでは、こういったポイントにもしっかりとこだわった研究・開発が行われています。また、他にも美白に効果を発揮する成分として有名なのが、ハイドロキノン誘導体です。

こちらは濃度の濃いものは医薬品としても使用されるほど効果的な肌の漂白剤です。化粧品に配合する分に関しては、安全性の高い濃度となってはいますが、やはり刺激となる可能性もあります。こういった効果の高い成分を配合する化粧品こそ、確かな信頼と実績のあるメーカーのものを選ぶことが重要だと言えますね。

選びたい化粧品メーカー
効果の高い成分の安全性に配慮されている

美白化粧品が合わないときの相談

美白ケアが合わないリスクを避けたいときには、専門のスタッフに相談しながら化粧品を選ぶようにしましょう。化粧品を使うことで、美白ケアを行えるようになるのですが、商品によってお肌との相性が悪いものも存在しています。

肌に付けたときにピリピリしてきたり、痒みを生じるなどの問題が起こってしまう時には、無理に使い続けることで肌のトラブルを誘発してしまうのです。お肌の健康を守りながら美白をおこないたいときには、店舗に行って美容部員に相談をしてみるとよいでしょう。

高級な化粧品ブランドでは、専用のカウンターが存在しており、美容部員に悩みを話したうえで、合った化粧品を紹介してもらえます。肌の状態は、専用の機器を使ってチェックを行っていくため、正しく見極めることが出来、一番合っている化粧品を見つけられるようになるのです。

コスメカウンターを活用しよう
  • 美容部員さんにお肌の悩みを相談できる
  • 肌トラブルなどを直接見てアドバイスが貰える
  • 専用の機器で肌質チェックができる
  • お肌に合った化粧品を紹介してもらえる

高級化粧品だけではなく、ドラッグストアでも販売されている化粧品についても、専門のスタッフが存在していますので、相談することでお肌に合った化粧品を購入できるようになってきます。美白化粧品が合わない悩みを感じている時には、専門のスタッフに悩みを相談したり、お肌をチェックしてもらってから選んでみるとよいでしょう。