美白の味方!お肌を変える美容液・ナイトクリームの効果って?

毎日のスキンケアはとても大切で、欠かせません。中でも美白効果のある美容液について、寝る前に使うナイトクリーム、手軽に使えるシートマスク、美白化粧品を使う順番、旅行に行ったときの美白ケアについての情報をまとめました。

美白効果のある美容液成分

今、美白に力を入れている女性は多いです。昔から「色白は七難隠す」といわれています。それほど色白は魅力的で女性が憧れるものなのです。艶があって、うるおいとハリがあり、さらに美白の肌の持ち主はとても美肌で若々しく見えます。

白くて透明な肌になりたいと考えた時に有効なのが、美白効果のある美容液です。ただ、選ぶ際は、成分を意識して選ぶ事がお勧めです。

美白美容液には

  • 既に出来てしまったシミやソバカスを薄くする
  • これからできるシミを予防する

成分が含まれている

美白美容液で可能になるのは本来のお肌の色を保つことです。生まれつきの肌色以上には白くなりません。そういった過剰な効果は期待できないので注意が必要です。

既にできたシミにも効果のあるハイドロキノン

既にしみが出来た状態で、しみのない綺麗な肌へと変えていきたいと考えているのであれば、メラニン色素を薄くしてく働きを持つ、ハイドロキノンが有効です。ハイドロキノンは肌の中にとどまっているメラニン色素にも有効で、皮膚科等でも実際に使われている成分です。このハイドロキノンが配合されたものは、ドクターズコスメに分類される事になります。

美白効果で有名なビタミンC

肌を白く綺麗に保つ事で、人気の成分がビタミンCです。肌に浸透しやすく加工した、ビタミンC誘導体という形で、多くの化粧品に使われています。ビタミンCにも、メラニン色素抑制やメラニン色素を薄くする働きがあります。

それと同時に、肌の中のコラーゲンの生成を助け、新陳代謝を高める事で、肌の中のメラニン色素を外に排出しやすい状態を作るという働きもあります。肌全体の美白を考える場合や、メラニン色素が出来にくい肌を作りたいと考えた時に、有効な成分となります。

美白効果のある2大美容液成分
  • ハイドロキノン
  • ビタミンC

美白美容液の効果的な使い方

美白成分が豊富な美容液でも自己判断により使い方を変えてしまうことで、お肌に成分を浸透させることが出来なくなったり、使った時に乾燥を感じやすくなってしまいます。いくら高い化粧品を購入しても、使い方を間違えることで、お肌に対しての効果も感じにくくなるため、使用する前に使い方についての説明を読んでおくようにしましょう。

正しい使い方を守ることで、お肌に使った時の効果も高くなってきますし、くすみがおこっている方も使い続けることで、肌を変えていけるようになるのです。

美白化粧品の順番を守る

美白化粧品は、順番を守ることで、肌に対しても効果的になってきます。通常の美白化粧品では、洗顔を行った後に化粧水を付けて潤いを与えていくことになります。化粧水を与えることで、肌の水分量をアップさせることが出来るのですが、商品によっては化粧水を使う前に美容液を使ったり乳液を使うタイプも存在していますので、使う順番について確認しておきましょう。

一般的な化粧品と違い使う順番が変わっているものは、より肌のメラニンに働きかける成分が含まれているため、順番を守ることで美白になれるようになってきます。肌のくすみに悩んでいるときには、メーカーが推奨している使い方を守るようにしましょう。

美白効果は浸透させてアップ

美白効果をしっかりと得たいのであれば、肌に成分をしっかりと浸透させることが必要です。そうすることによって、美白の効果をアップすることができます。化粧品そのものを浸透性の高いものにするのも方法の一つですが、つけ方が悪いと十分に効果を得ることができません。

効果が得られる付け方

手のひらで温めてから肌にのせる
温めることで毛穴を開いて浸透力がアップ
手の平でやさしく押さえつけるようにのせる
肌へしっかりとなじませ、吸収させる
コットンの場合たっぷりと化粧水を含ませる
コットンの毛羽立ちでお肌を傷つけない
洗顔をしっかりとする
汚れた肌には美容成分が浸透しない

しっかりと浸透させるためには、事前に手を温めたり、手の平で化粧品を温めてから肌に乗せるほうが効果的です。冷たいと毛穴が閉じてしまいますが、温めることで浸透力がアップします。手の平で優しく押さえつけるようにすると肌へしっかりと吸収させることができます。

コットンを使う方法もありますが、その際には毛羽立ちの少ない肌を傷付けないコットンを使い、たっぷりと化粧水を含ませて使用するのがコツです。また、肌に汚れが残っていると吸収しませんので、しっかりと汚れを落とすことも大切です。スキンケアにピーリングをプラスすることもオススメです。

ピーリングをすることでメラニンを含んだ古い角質も落とせますので美白の効果がアップします。ただし、やりすぎはいけません。週に1回から2回を目安にし、肌に優しいタイプのピーリング剤を使って、肌を傷つけないように行いましょう。

美白化粧品の蒸発を防ぐ

美白効果のある成分が入っていたとしても、蒸発しやすくなっていれば、お肌を守ることはできません。肌のケアに化粧品を購入するときには、蒸発しにくい成分のものを選ぶようにしましょう。

化粧品の中でも、ビタミンC誘導体が入っているものは、お肌に付けたときに乾燥しやすくなっています。ビタミンC誘導体をお肌に与えることにより、メラニンの発生を予防できるようになるものの、乾燥を感じやすくなるため、オイル成分を含んでいる化粧品を選ぶようにしましょう。

美白を行いたいときには、配合されている成分に注目してみるとよいのですが、洗顔を行った時にすぐにお肌に化粧品を付けるケアも重要となってきます。洗顔を行った後に、何時までも化粧品を付けないままで過ごしてしまうと、肌の水分が蒸発してしまい乾燥が起こりやすくなるのです。

肌の乾燥を予防して、いつでもよい状態で保ちたいときには、洗顔した直後にお肌に化粧水を付けてケアを行ってみるとよいでしょう。化粧水をすぐにつけることにより、乾燥も改善しやすくなるのですが、つけるときにはお肌の奥まで浸透させられるように、抑え込みながら使ってみるとよいでしょう。

美白ケアしながら乾燥対策をするポイント
  • 美白美容液として一般的なビタミンC誘導体は乾燥しやすいので保湿成分にも気を配る
  • 洗顔後に時間をおかずに使用して保湿ケアまでに時間をかけない

ケア方法に気を付ければ、美白効果をより実感できるようになります。

美白に利用したいアイテム

美白成分の配合された化粧水の他に、スキンケアで取り入れやすい美白化粧品があります。美白成分の配合されたクリームやシートマスクです。毎日のスキンケアにプラスすることで美白効果をアップすることが出来ます。

美白成分豊富な美白クリーム

美白クリームを使うことで、肌のくすみを解消しやすくなってきます。美白のための化粧品を使うときには、化粧水や美容液を使った後に、クリームを塗ることで、肌の水分量を調節することが出来たり、くすみを解消しやすくなるのです。

化粧水を使った後には、脂性の方から乾燥肌の方まで、必ずクリームを使うようにしましょう。美白クリームを使うことで、お肌のくすみも抜けやすくなってきますが、使う時にはビタミン類や植物成分のバランスがよいものを購入してみるとよいでしょう。

美白になりたいときには、くすみ抜けに効果的な成分だけではなく、乾燥対策も一緒に行えるものを購入することで、お肌の状態を変えていけるようになるでしょう。乾燥を感じにくくなっているものを使えば、夏だけではなく冬も利用することが出来、いつでも紫外線対策を行うことが出来ます。

美白に特化した化粧品の場合、乾燥肌に陥りやすくなってしまいます。

保湿効果のある植物成分を含んでいる美白クリームを使うことにより、気になる乾燥も感じにくくなるのです。とくに、肌に対しての浸透性が優れたオイルを使っている化粧品については、お肌の奥まで成分が浸透し、乾燥も解消しやすくなってきます。

美白のシートマスクについて

シートマスクは一回、一回、個包装になっていて、目と鼻と口の部分に穴が開いてあり、シートマスクを穴に沿って顔に乗せて、数分置くだけで美容成分が肌に浸透していく、手軽なパックです。美白や保湿など目的別に種類がいろいろあり、香りなどもついているため、リラックス効果や癒し効果もあり、継続して行うことにより、効果も感じられることと思われます。

美白のシートマスクも一回行っただけでは、美白効果もさほど得られないので、1週間に何回か行うことにより、効果も感じられることででしょう。マスクは美容液がかなり入っていて、しっとりしている為、肌に乗せると心地良く、外したあとは、肌に残った美容成分を浸透させるように、手で押し包むようになじませた方が、成分が肌に入っていきます。

使用した後はかなりうるおいのあるお肌になっているので、洗顔した後に使用することにより、化粧水の代わりになります。外した後は、化粧水の必要はなく、必要と思ったら乳液や美容液をつけるだけでスキンケアは充分です。

美白のシートマスクを使うポイント。

仕事で疲れた日などに、ご褒美として行ってもリラックス効果を得られ、贅沢な気分になったりもできるちょっとしたエステのような商品です。いつものスキンケアに加えてみたらどうでしょうか。

旅行に行ったときの美白ケア

旅行に行くことで、紫外線がお肌に影響を与えることになります。紫外線が強い地域に出かけたり、夏の期間に旅行に出かけることで、お肌にも紫外線が降り注ぎやすくなってきます。

ここがポイント!
いつもは紫外線に当たらないように気を付けている方でも慣れない土地では油断しがち

旅行の際には泳いだり、薄着で歩き回るなど、お肌に対する負担も大きくなりやすいです。出かけたときでも美白ケアを継続的にケアを行うようにしましょう。

旅行中でも、いつも使っている美白化粧品を持っていくことで、肌に対する影響を抑えることが可能になってきます。美白化粧品を使うことで、紫外線があたったとしても、その影響を抑えることができますし、日焼けによるほてりや炎症も解消しやすくなるのです。

ただ、出かけるときに大きな化粧瓶を持っていくことでかさばってしまいますので、荷物を減らす意味でもトライアルセットを購入しておきましょう。トライアルセットは、お試し用の小さなサイズになっているため、出かけるときにも小さなスペースに入れて持っていけるようになるのです。

小さな容器になっているため重さを感じませんし、数日間利用できる量もあるため、出かけたときにも家にいるときと同じ美白ケアを行えるようになってきます。

旅行先での美白ケアのポイント

  • 紫外線の多い地域に行く場合は美白化粧品は必須
  • 日焼けによるほてりや炎症をケアするものもあると便利
  • トライアルセットなどの旅行用化粧品を利用して上手に美白化粧品を利用

美白効果のあるナイトケア

しわなどは年齢と共にどうしても出来るものですが、美白ケアは年を重ねてもずっとお手入れが出来ます。肌は夜に修復され生まれ変わるので、こうした美白成分が配合された美容液は、寝る前のスキンケアの際に使う事がお勧めです。

様々な美容効果を求めて、いくつもの化粧水や美容液を使い分けるのは手間がかかります。ところが、いつものお手入れにナイトクリームを追加するだけであれば組み合わせなどを変える必要もなく手軽に取り入れることが出来ます。

夜の洗顔忘れはくすみの元

毎日、お出かけの際には徹底して日焼け止めを塗ることが大事です。外出時にこまめにクリームやパウダーで日焼け止めを塗りなおします。そして、夜は必ずきれいに日焼け止めやお化粧を落とします。

せっかく日焼けをしない為に日焼け止めを塗っているのに、それが顔に残ったままにしているとくすんでしまいます。それは絶対に避けたいものです。お化粧をしっかり落とした後は化粧水で保湿をします。

美白効果のあるナイトクリームの塗り方

夜のケアでは、朝よりもたっぷりめに保湿美容液を使います。夜用のクリームでケアした後は、寝てしまうだけなのでお肌のべたつきなどを気にせずたっぷりのせることができます。乾燥が気になる部分に重点的に塗れば保湿パック効果も得ることが出来ます。翌朝しっとりしていれば、クリームの量も十分足りています。

朝、乾燥が気になるようであればナイトクリームの量が少なすぎる可能性があります。もう少し多めに塗るようにしましょう。

洗顔後の乾燥対策でくすみ解消

洗顔後には美容液やナイトクリームで化粧水が蒸発しないように蓋をします。この工程を省くとより乾燥してしまうので気をつけましょう。さらに、ハイドロキノン成分の入ったクリームをしみの気になる箇所に部分付けするとしみの集中ケアが出来ます。

日焼け止めや基礎化粧品のお手入れは、毎日続けることがとても重要です。手を抜かずに習慣づけるようにしましょう。