女性の豆知識!美白の成分って?オススメの食べ物・飲み物・サプリ

1度日焼けしてしまった肌を白くするにはどうしたら良いのでしょうか?美白に効果のある成分について、メラニン色素について、美白とビタミンCの関係って?美白に効果のある食べ物・飲み物について、摂取すべきサプリはどんなものなのか、美白のお手入れ方法をまとめました。

美白に効果のある成分とは

美しく白い肌は女性の憧れの一つですが、太陽の紫外線を浴びる事で気を付けていてもシミやそばかすなどの肌トラブルに見舞われてしまいます。そこで重要なのが日々のスキンケアですが、化粧品の謳い文句として定番の美白には、どのような成分があるのでしょうか。

美白成分はメラニンに働きかける

シミなどの皮膚の変色にはメラニン色素が深く関わっており、肌が紫外線などに晒されると皮膚のバリア機能が働き、皮膚の奥深くまで紫外線が侵入するのを防ごうと表皮の基底層にあるメラノサイトがメラニン色素を発生させます。メラニン色素は肌を炎症や水ぶくれなどから守ってくれる存在ですが、美容の天敵でもあるのも事実です。

美白成分の種類は二つに分類される
  • メラニン色素が発生するのを阻害する効果を持つもの
  • 発生してしまったメラニン色素を薄くする成分

シミができる原因とメラニンの関係

年齢を重ねるとしわやたるみが肌に出てきますが、若い頃から出てきて悩んでいる人が多い肌トラブルの一つがシミです。加齢とともに出てくる場合もありますが、強い紫外線に当たったりニキビ跡が色素沈着として残ってしまう場合があるのです。

美白ケアが大切な理由は、表面に出ているシミを解消するだけでなく、肌の中のシミ予備軍のケアが重要だからです。強い紫外線を浴びたり、カミソリなどの脱毛で繰り返し肌に刺激を与えることで、肌が細胞を守ろうとメラニン色素を作り出します。

メラニンは悪いものではなく、身体を守るために必要なものなのです。本来なら肌のターンオーバーで自然に剥がれ落ちますが、ターンオーバーが乱れていたり強い紫外線に浴びると肌に残ってしまいます。これがシミの原因です。

主な美白成分とその特徴

美白ケアを重視するなら、メラニン色素の生成を抑制・排出・還元する力がある成分のスキンケア製品を使うことが大切です。美白化粧水や美容液という製品には、それぞれ配合されている成分によってお肌への働きかける内容も変わってくるのです。

メラニン生成を抑制する成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • カミツレエキス
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • トラネキサム酸
メラニンの排出を促進する成分
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタエキス
  • リノール酸
メラニンを還元する成分
  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸

万能成分ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はメラニン色素の還元作用に優れるだけではなく、メラニンが生成されるプロセスも阻害してくれる優れた物質ですが、刺激が強く乾燥を招いてしまうデメリットもあり、保湿のサポートが欠かせません。

ビタミンC誘導体の特徴として、成分表には「ビタミンC誘導体」と表示されないことです。化粧品の成分表に書かれている成分名としていくつか名前を持っているのです。しかし大きく分けると3つのタイプにわかれています。

ビタミンC誘導体は3つに分類される
  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • 両性(水溶性と油溶性の性質を併せもつ)ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンC誘導体の成分表示名
  • リン酸型ビタミンC
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル
油溶性ビタミンC誘導体の成分表示名
  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル
両性(水溶性と油溶性の性質を併せもつ)ビタミンC誘導体の成分表示名
  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

水溶性のビタミンC誘導体は皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液によく利用されています。油溶性のビタミンC誘導体は、ビタミンCに油を結合させたもので美白クリームなどによく使われています。両性のものは皮膚への吸収もよくクリームとしても使えるタイプになります。

漂白効果の高いハイドロキノン

同じく生成阻害と還元作用両方の効果がある物にハイドロキノンがあり、肌の漂白剤とも呼ばれる高い美白効果が期待できます。こちらも刺激が強く安定性に欠けるため医師の処方が必要でしたが、現在は低濃度であれば化粧品にも配合できるため注目されている成分です。

ハイドロキノン誘導体のアルブチン

「アルブチン」はハイドロキノン誘導体と呼ばれ、肌に吸収されるとハイドロキノンになります。チロシナーゼに直接作用してシミの原因となるメラニン生成を抑えます。アルブチンはコケモモや洋梨、ウワウルシなどの植物に含まれています。医師から処方されるハイドロキノンとは違い、既に出来てしまったシミへの効果は望めません。

美白成分にも相性がある

人により、アルブチンで効果が出る人もいればビタミンC誘導体で効果が出る人もいます。生活スタイルも違えば、お肌の状態も人それぞれ。効果の出る成分にも個人差が出てきて当然です。また、同じメーカーの製品で同じ成分が配合されていても、他の成分との組み合わせにより効果が出たり出なくなったりと、結果は様々です。

シミや肌の老化を招く紫外線を浴びないことが一番良いのですが、同時に美白ケアをしっかり行う事も肌にとって大切なことです。一つずつ試してみて自分に合う化粧品を探すようにしましょう。

ビタミンC摂取で美白ができるのか

白くて美しい肌は、すべての女性の望むところかもしれません。色白は七難隠すとも言われ、肌がきれいなら若くも美しくも見えるものです。ですからシミやくすみは美肌の大敵となるのですが、生活していく上で紫外線に全く当たらないということは不可能です。紫外線に当たるとメラニン色素が生成されてこれが肌の深層に沈着してシミやほくろになるのですね。

シミ予防に効果を発揮するビタミンC

美白化粧品は色々販売されていますが、その中にビタミンCが配合されていることが多いのはご存知でしょうか。正しくは、ビタミンC誘導体という、体内に吸収されやすく加工されたものが配合されています。ビタミンCには、メラニン色素の生成を阻害する働きがあるので、確かにシミができるのを防ぐ効果はあります。

既にできてしまったシミには効果が薄い

もう沈着してしまったシミを美白するのはなかなか難しいといえます。既に沈着したシミを除去するには、ハイドロキノンを使用したり、レーザー治療が必要になる場合もあります。ただ、美白のために一番重要なのは、シミができるのを予防することです。

これからできるものを予防するためにも、ビタミンCを化粧品やサプリメントで日常的に体外から摂取しておくことは、美肌のために有効な対策であることは間違いないでしょう。

美白に効果のある食べ物・飲み物

一昔前までは日焼けサロンなどで肌を焼き、小麦色の肌が健康的だと人気がありましたが、最近では紫外線に浴びないようにしたり美白を意識する人が増えています。特に紫外線はしみだけでなくしわやたるみの原因にもなるので気を付ける必要があります。

生まれ持った肌の色は変えることはできませんが、ケアをすることで透明感のある肌を作ったり、白く美しい肌という印象を与えることができます。美白は肌の外側からのケアとして、スキンケアをしっかりと行う事も大切ですが、バランスの良い食事をすることで健康的な肌にすることができます。

美白に効果のある食べ物

美白に良い食べ物の栄養素と言えば、ビタミンCが有名です。メラニン色素を還元する力があります。抗酸化作用があるので老化を防ぎ、コラーゲンの生成を助ける働きもあります。その他にはトマトなどに含まれるリコピンや、ポリフェノールも効果的です。

抗酸化作用があるビタミンEを多く含むアボカドやナッツ、大豆製品などを摂取することでアンチエイジングの効果も期待できます。

ビタミンCを含む食べ物
かんきつ類やイチゴ、ホウレンソウなど
ビタミンEを含む食べ物
アボカドやナッツ、大豆製品など
リコピンや、ポリフェノールを含む食べ物
トマト

特に日焼けをしてしまった後や、強いストレスを感じているときはビタミン、ミネラル、タンパク質などをバランスよく摂取し、肌の内側からケアをすることが大切です。食べ物でケアをすることで、肌表面に出ていないしみ予備軍のケアにも役立ち、美白につながります。肌や髪は食べ物から作られるので、毎日意識して食事をすることが大切です。

美白に効果的な飲み物

美白に効果を発揮するのが、緑茶です。緑茶にはビタミンCが豊富に含まれており、メラニン色素の色を薄くする効果があります。他にも、ココアに含まれるポリフェノールも有効です。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、活性酸素の発生を抑えてくれます。さらに嬉しいことに、食物繊維も含んでおり、便秘にも効果的だと言われています。

ビタミンCを含む飲み物
緑茶
ポリフェノールを含む飲み物
ココア
リコピンを含む飲み物
トマトジュース

トマトに含まれるリコピンはメラニン色素を作る時に使われる、チロシナーゼの働きを弱める効果も持っているんです。そのため、トマトはそのまま食べても良いですが、トマトジュースとして摂取しても美白効果を得ることができるのです。

このように、身近な飲み物にも有効な成分が含まれています。毎日続けてあなたもどんどん、美白に近づきましょう。

水分を必要量摂取できていると新陳代謝が活発になります。

新陳代謝が活発になると肌の再生化が促進され、古い角質などが剥がれ落ちます。新しい角質に切り替わるので、くすみやシミなどが薄くなります。肌の細胞にも水分が行き渡るので弾力のある潤った肌になれます。

美白ケアはサプリを上手に利用しよう

美白に効果のある栄養素は食品として摂取してもよいのですが、毎日続けるのは大変です。また、ビタミンCは壊れやすく調理の過程で失われてしまいかねません。そのため、安定性の高いビタミンC誘導体が配合されたサプリメントを上手に利用するとより効果的です。

一日に2回か3回に分けて摂取すると常に身体に残るため、効率が良いのです。美白は女性にとって永遠のテーマです。身体の内側からと外側から、両方からケアをすることで肌はよりきれいに生まれ変わり、透明感のある美しい肌を作ることができるのです。

スキンケアだけじゃない美白のお手入れ方法

最近は小麦色の肌よりも白く透き通った肌が男女ともに好まれています。そのために美白化粧品でスキンケアをしたり、フェイシャルエステに通ったりしてお手入れをする方がほとんどです。しかし美白のお手入れはスキンケアだけでなく、体の内側からすることで完成します。

お風呂をシャワーで済ませない

新陳代謝が悪くなると平均28日と言われるターンオーバーの周期を保つことが出来ません。その結果、しみやくすみのもとなります。毎日のお風呂をシャワーで済ませていませんか?入浴をゆっくりすることで新陳代謝が活発になります。

ゆっくり湯舟につかり汗を流すことで血行が促進されます。また、毛穴が開くため毛穴の汚れや毛穴つまりの解消にも役立ちます。ターンオーバーも促進され古い角質も取れやすくなり美白に近づくのです。

夜10時から2時までのお肌のゴールデンタイムに眠る

夜10時から2時まではお肌のゴールデンタイムと言われ、成長ホルモンが活発に出る時間帯です。この時間帯にしっかり休養することで、日中に受けた肌ダメージを修復することが出来ます。深夜まで起きて活動すると、成長ホルモンは十分に出ることが出来ません。

修復機能が損なわれた結果、肌ダメージが蓄積されしみやくつみの原因となるのです。

室内で過ごす時も紫外線を気にする

夏の日差しの強い時期に外出する場合、紫外線対策は欠かせません。ところが、一歩屋内に入ってしまうと、紫外線の事を忘れてはいませんか?屋内で過ごしていても、UVカットを施されていない窓ガラスでは紫外線は簡単にすり抜けてしまうのです。

遮光カーテンを利用したり、紫外線をカットする特殊なフィルムを窓ガラスに貼ることで自宅の紫外線対策をすることができます。また、室内で過ごす場合も日焼け止めを日常的に塗ることも効果的です。美のプロの中には、日の出前に日焼け止めを塗る徹底したケアをする人もいるくらいです。

少しの手間の積み重ねが美白につながります。透明感のある美しい肌のために、自分にあったスキンケアや生活スタイルを取り入れていきましょう。