優秀すぎる!日焼け止め・美白効果のある化粧品って?

女性にとって紫外線はとても注意しなければならないものです。強い紫外線はシミ・そばかすの原因となります。美白・日焼け止め効果のある化粧品について、美白の季節、UV対策について、夏用の美白化粧品、冬用の美白化粧品、花粉症の人の美白ケアについての情報をまとめました。

美白肌を目指すなら日焼け止め

美白に効果がある化粧品を使うことで、日に焼けた肌を白くすることが出来ると思っている人もいますが、それは違います。美白化粧品は日焼けの原因となっているメラニンに働きかける化粧品なのです。

日焼けのメカニズムと美白化粧品の役目

日焼けは紫外線を浴びることでおきる現象です。紫外線を浴びた肌がダメージに対しての防御活動としてメラニンを生成します。このメラニンが過剰に生成されると肌が黒くなり、代謝が悪い場合にはシミとして残ってしまいます。

そのため、美白と名前のつく化粧品はメラニンに対して何らかの働きかけをするのです。美白に効果がある化粧品の成分にはアルブチンやビタミンC誘導剤などが配合されていますが、それらはメラニン生成の抑制に効果ががるものです。したがってメラニンの生成を抑えてシミをできにくくするものです。

紫外線を徹底的にカットして美白になる

白い肌を目指すのであれば、美白化粧品に頼る前に、そもそも紫外線を予防するのが一番良い方法です。紫外線から肌を守る効果があるのは日焼け止めのクリームや乳液です。この日焼け止めを夏の外出時にしか使っていないという人もいます。

それでは美白にはなかなかたどりつけません。UVケアは外出をしない日であっても、日差しのない曇りの日であっても欠かしてはいけません。曇り空でも紫外線は降り注ぐし、屋内でも紫外線は窓を通過して室内にまで影響を及ぼします。

夜以外は紫外線ケアを欠かさないことが重要です。

美白肌になるための日焼け止めの選び方

あまり日に焼けないようにしている女性はとても多いです。肌が黒くならないように日焼け止めをこまめに塗っていると言う人も多いでしょう。それでも日に焼けてしまうことはあります。日焼け止めに表示されているSPF・PA値の数字の見方も覚えておきましょう。

SPFとPA値の数値の意味

日焼け止めのパッケージなどにSPFやPAなどと記載されています。これらの指標をしっかりと理解することで日焼け止めを効果的に使うことができます。

SPF
皮膚の表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こして肌を赤くしてしまうUVBと言う紫外線を防ぐ指標
PA
皮膚の深い部分のコラーゲンを変性させる紫外線を防ぐ指標

例えばSPF20と言うのは何も肌に塗らない場合と比べて、UVBを浴びてから皮膚が赤くなるまでの時間が20倍長くなると言うことです。PAは、+から+++の3段階があり+の数が多いほど効果が高いというものです。

日焼け止めの数値の目安

日常生活
SPF10~20/PA+
運動会やBBQなどの屋外レジャー
SPF10~30/PA++
リゾート地でのマリンスポーツなど
SPF30~40/PA+++

美白肌のためには季節を問わず、適量の日焼け止めを使うようにすると良いです。

数値の高すぎる日焼け止めは肌負担が大きい
数字は大きければ良いわけではない

活動内容よりも過剰な日焼け止めを使用すると肌への負担が大きくなります。日焼け止めが紫外線を吸収することでおきる化学変化にお肌がついてゆけず、赤みが出たり、かぶれてしまう可能性があるのです。

紫外線対策が美肌への近道

女性にとって肌を美しく保つ方法に、紫外線を浴びない事があります。シミ、シワ、荒れ、たるみなど、紫外線は老化を早める原因と言えます。日焼け、太陽の下でスポーツを行うなどは、肌を傷つけている状態でもあります。

日光を浴びた後は、洗顔、汚れを落としスキンケアを行う事が必要になります。また、日焼けをしたくない人は、クリームを塗る、肌を防護する事が効果的になります。しかし、太陽は日常生活を送っていると、必ず浴びるようになります。

日焼け止めや紫外線対策グッズを上手に活用して紫外線からお肌を守りましょう。

季節ごとの日焼け止めと美白ケア

特に、日差しが強い夏はそうです。特に美白に力をいれる季節というと、夏や秋という人が多いのではないでしょうか。日焼けしてしまった肌を早く元に戻そうと思って夏や秋という人が多いでしょう。出来ることなら夏ではなく春から始めたほうが良いでしょう。紫外線の威力は、4月から強くなるので意識した対策を早めに行いましょう。

季節ごとの日焼け止め利用のおすすめ度

  1. 夏のUV対策・・・絶対に日焼け止めを使いましょう
  2. 春のUV対策・・・紫外線量が増える時期のためケアしたい
  3. 秋のUV対策・・・日焼けしてしまったお肌のアフターケアと一緒に日焼け止めを使おう
  4. 冬のUV対策・・・忘れがちな季節ですが油断せずにケアをすることが美白への近道

やはり、日焼け止めを塗ることがポイントです。冬にも塗っておいてほしいのですが、春以降は特に気を使うようにしましょう。春から日差しを意識することで、紫外線を浴びる量を抑えておいてください。夏になったら、よりSPF値が高い日焼け止めに変えるなどしてください。

また、美白化粧水などを使うのも良いでしょう。夏だけでもスキンケアを変えておくということでも構いません。冬は何もしなくて良いのかというとそういうことではありません。冬に美白化粧品を使えばより効果が出やすいのでお勧めです。一年中、使っても良いというわけです。

夏用の美白化粧品で揃えたいアイテム

夏用の美白化粧品として、ラインで購入すると肌に働きかける効果も高くなってきます。ラインで美白化粧品を使うことで、肌のメラニンの発生を予防することが出来、お肌の日焼けを防止できるようになるのです。化粧品をつかうときには、ラインで購入してみると効果も高くなってくるでしょう。

ライン使いできる化粧品を購入することで、お肌の健康も守れるようになってくるのですが、使う時にはクレンジングや石鹸から揃えることで、お肌に働きかける効果も高くなってきます。クレンジングや石鹸を購入するときに、美白成分を含んでいるものを選ぶことで、お肌のくすみを解消しやすくなってきます。

肌にくすみが起こっている時には、余計な角質が溜まっていることになるため、角質を解消できる洗浄力を持っている石鹸を使う必要があるのです。美白化粧品の中でもクレンジングや石鹸についてもこだわることで、お肌に溜まってしまった汚れを除去しやすくなり、肌のくすみを気軽に解消しやすくなってきます。

夏には、汗も大量にかいたり、皮脂の分泌も活発に行われ肌に汚れが溜まりやすくなってきますので、美白効果のある洗顔やクレンジング商品から揃えてケアを行ってみるとよいでしょう。

夏の美白ケアのポイント
  • ライン使いで効果を上げる
  • 皮脂汚れが溜まりやすい季節だから角質を落とすピーリングも取り入れる

冬用の美白化粧品について

春夏は紫外線量が多いため、お肌にダメージを受けやすく冬の時期は、夏に出来たシミやそばかすが目立ってくる時期です。冬になると気温が下がってくるため、お肌の新陳代謝も低下しやすくなるため、美白対策をするのに最適な時期です。

1年間を通して美白化粧品を使っている人がほとんどですが、夏は油分が少なくさっぱりとした化粧品を使っている人が多いので、冬用の油分が多く、保湿成分が豊富に含まれた美白化粧品に変えることが大事です。

美白化粧品を購入する時は、セラミドやエラスチンなどの保湿成分が含まれている商品を選ぶようにして、油分が多めの乳液やクリームを使ってしっかりと保湿をするようにして下さい。春夏は紫外線量が多いので、外出をする時はきちんとUVケアをしている人が多いですが、冬の時期は油断をしがちです。

外出をする時は、日焼け止めを必ず使用するようにして、UV効果の高いファンデーションを使うようにしましょう。冷え性の人は、毎日湯船に入って入浴をするようにして、体を清潔に保つようにしましょう。

冬の時期は、古い角質や角栓などが溜まりやすいので、お肌のターンオーバーを正常に保つための、洗顔料やクレンジング剤を使うことも大事です。

冬の美白ケアのポイント
  • 肌温度をあげるお手入れをする
  • 保湿ケアに重点を置く

花粉症の人の美白ケア

春になると花粉症に悩まされることがあります。空気中に飛び散る花粉によって、くしゃみや鼻水、目のかゆみを起こす人もいますが、肌トラブルを起こしてしまう人もいます。花粉症は一種のアレルギー反応なので、皮膚の花粉が付着することで肌に炎症を起こしてしまうこともあるのです。

春になるとこれまでよりも日差しも強くなるので、美白ケアをしたいと思ってしまいますが美白ケアは肌に負担がかかりやすいものです。そのため花粉症で肌が弱っているときには更に、肌の調子を悪くしてしまうことがあります。白い肌を目指すには、まずはスキンケアをきちんとして肌の常態を回復させるようにしましょう。外出して帰宅したらすぐに肌についた花粉を落とすようにします。

メイクをすぐに落として洗顔しますが、この時クレンジングは優しく行うようにして洗顔はぬるま湯でおこなうようにしましょう。またスクラブ入りの洗顔料などを使うと肌に刺激を与えてしまうのでよくありません。

刺激の少ない洗顔料をしっかりと泡立てて優しく洗いましょう。洗顔後はしっかりと保湿ケアを行うようにします。毎日しっかりとスキンケアをすることで肌の状態が良くなってきたら美白化粧品を使うようにすると良いです。

春の美白ケアのポイント
  • 花粉で肌を炎症させないように帰宅したらすぐ洗う
  • お肌が敏感になっているので刺激を与えないようにお手入れする

美白化粧品などでできるUV対策

美白のために欠かせないのがUVケアです。オゾン層の破壊などによって紫外線は直接私たちの肌に強い刺激を与えています。紫外線から肌を守るためにメラニン色素が出てきます。メラニン色素が出てくるといわゆる日焼けした肌のようになります。

メラニン色素は出てきても肌のターンオーバーが正常に行われている肌だと消えるのですが、そうでないとそのまま色素沈着してしまい、シミとして残ってしまいます。シミをなくすためには2つの方法を並行して行ってください。

美白化粧品でシミ対策

1つはスキンケアです。美白専用の化粧品を使います。最近はビタミンC誘導体というメラニン色素を還元する成分が入ったものもあります。スキンケアで肌からビタミンCを浸透させていくことでメラニン色素を還元する力が増えます。

肌を守る、美白を保つ成分

  • ビタミン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

美白は、努力をしないと保てないと言われ効果的な商品も販売されています。ローション系、クリーム系、パウダー系など、成分、効能を把握して利用する事が大事になります。成分では、ビタミン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれた商品が肌の内部からケアしてくれます。

水分補給でシミ対策

もう1つは水分摂取です。水分を毎日2リットル以上飲んでください。そうすることで新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーが正常に行えるようになります。肌のターンオーバーができるようになると古い角質は剥がれ、新しい角質になります。

もちろん、保湿成分が多いケア商品を使い外からお肌へ水分補給をすることも効果的です。肌に潤いを与えることで傷んだ部分を修復してくれます。肌の乾燥が負担を大きくするので、保湿効果がある化粧品は効果的と言えます。美白は、定期的なケアを行う事で持続できるので、スキンケア商品を選ぶ事から始めてみましょう。

これを繰り替えることでしみになっている層が徐々になくなってきて、しみが薄くなります。それを続けることで徐々にシミがなくなっていきます。肌のくすみもなくなるので、白く滑らかな肌に生まれ変わります。