クリームと乳液の違いって何?使い方や効果を高める方法・購入する際の注意点について

女性にとってお風呂上りやメイク前のスキンケアはとても大切ですよね。クリームでの肌トラブルの解消方法について、クリームの効果を高めるパッティングについて、クリームと乳液の違いについて、薬用のクリームについての情報をまとめました。

クリームと乳液の違いとは何か

毎日のスキンケアでは、洗顔後に化粧水でお肌を整えた後、乳液やクリームでお肌に蓋をするという方法が一般的です。お手入れ方法によっては美容液を加えることもありますが、お手入れの仕上げには、乳液やクリームなどを使う場合がほとんどです。

スキンケアが化粧水では不十分な理由とは?

化粧水は、肌の失われた水分をチャージする保湿ケアに、必須のアイテムです。化粧水をしっかりと肌に塗布することは、お肌のうるおいをキープするために、必ず必要なことです。しかし化粧水だけでは、肌の美しさを保つには不十分です。

成分のほとんどが水分の化粧水は、放っておくと蒸発します。化粧水でうるおいを与えたら、その水分を保つためにも、美容液が活躍します

美容液はその名の通り、美容成分をたっぷりと含んでいます。保湿効果だけではなく、アンチエイジング効果や美白効果など理想の肌に近づけるための美容効果が期待できます。肌をより良い状態へと導くアイテムでもあります。

大きな違いは油分と水分のバランス

美容液の美容成分に満足してスキンケアを終わらせてはいけません。仕上げのケアとして乳液やクリームは欠かせない存在です。化粧水や美容液も、油で蒸発しないように水分を閉じ込めてくれます。

ところが化粧水や美容液に含まれている油分では水分をキープする力が弱いため保湿効果が弱くなってしまいます。そこで油分を中心として出来ている乳液やクリームが重要な存在になります。

乳液とクリームでは、クリームのほうがより油分が多く、こっくりとしたテクスチャーになります。乳液は水分量も補ってくれるため、滑らかで肌なじみがよいテクスチャーです。この2つの違いは、油分と水分バランスの違いということになります。

クリームと乳液の使い分け

クリームと乳液は保湿力が違うため、肌の状態や季節に合わせて使い分けましょう。オイリー肌の時や夏の湿度が高い時期は乳液だけでも十分に肌を保護することができます。冬の乾燥しやすい季節や、加齢により乾燥肌が気になる場合は、クリームを使いしっかりと油分を補います。

外気の湿度もお肌の油分のバランスも、常に同じではありません。季節や肌の状態に合わせて上手く使い分けるようにしましょう。

肌質別の使い分け方法

オイリー肌の人のクリームと乳液の使い分け

オイリー肌の人はお肌の油分が多い状態になっています。乳液やクリームをたっぷりつけてしまうと油分過多になってしまい、肌トラブルを引き起こしてしまいます。健康なお肌に近づけるには水分量が不足しています。

水分量の多い美容液でお肌をしっとりと保湿した後、乳液を薄く伸ばすようにしましょう。クリームは口元や目元などの乾燥しやすい部分のみにおさえましょう。

乾燥肌の人のクリームと乳液の使い分け

乾燥肌の人は、油分だけではなく水分量も不足しています。そのため、クリームや乳液だけをたくさん塗り込まずに、セラミド配合の化粧水や美容液で保湿を十分におこないましょう。

保湿でお肌がふっくらと仕上がったら季節に合わせてクリームと乳液で油分の膜をはります。水分量のキープ力が弱っているのでコラーゲン配合のクリームが効果的です。

朝と夜のお手入れの使い分け

お肌を整えるには夜のゴールデンタイム前のお手入れ方法は重要なポイントです。ゴールデンタイム前にしっかりと保湿することで、肌の修復作用を高め肌トラブルを解消してくれます。そのため、就寝前に美容成分たっぷりのナイトクリームの利用は効果的です。

朝起きた時に、ベタつきが気になる場合は乳液のほうがお肌に合っています。また、朝はさっぱりした乳液のほうがメイクとの相性も良いため、朝はUVカットや下地機能のある乳液を使う人も多いです。

クリームと乳液のダブル使いのデメリット

乾燥肌が気になるからと言って、クリームと乳液を両方重ねて使う場合にも注意が必要です。化粧水からクリームまで何種類も重ね付けをすることで、お肌への刺激や摩擦が増え肌トラブルを招く原因になります。

保湿力の高いセラミド配合の製品を使えば、複数のスキンケアアイテムを重ねなくても保湿力は十分に保てます。エイジングサインが出やすい目元や口元などのポイントのみ重ね付けするなど、ダブル使いにも工夫が必要です。

クリームでのシンプルケアで肌トラブルを解消

 

 

肌トラブルが起こっている時には、クリームだけのお手入れを行ってみましょう。肌にトラブルが起こってしまった時に、化粧水を使ってからクリームを使いますが、化粧水をお肌に与えることで肌荒れが酷くなってしまうこともあるのです。

クリームのみのケアがおすすめなのはなぜ?

肌トラブルが起こっている時には、まず炎症や赤みを解消するためのケアを行う必要が出てきますので、余計なケアを行うことなくクリームだけのケアを始めてみるとよいでしょう。シンプルなケアを行うことで、お肌に刺激を与えることなく肌の保湿を行うことが出来ます

保湿に力をいれることで、お肌のあらゆるトラブルを解消できるようにお肌を変えていくことが出来ます。肌に悩みを感じたときには、保湿力の高い化粧品を使ってケアを行ってみるとよいでしょう。

肌が荒れやすくなったり、痛みを感じるなどの刺激が出てきてしまった時には、出来るだけシンプルなケアを心がけることにより、肌の問題を解消できるようになってきます。

シンプルなケアを行うことにより、保湿効果を得られるようになります。頻繁に炎症を起こしていた方も、炎症が起こりにくい肌質に変えていけるようになるのです。肌の悩みを感じた時には、シンプルなケアを行ってみるとよいでしょう。

肌トラブルを感じたらシンプルケアで肌本来のバリア機能を取り戻そう

お肌には本来、自身の肌荒れを回復させる自己修復機能が備わっています。ところが、化粧水やクリームの重ねすぎにより回復させる力が正常に働かなくなってしまうのです。

シンプルなケアに戻すことで、肌本来のバリア機能が回復し、肌トラブルに負けない強い肌を取り戻すことができるのです。

美肌になるためのクリームの使い方

美肌は女性にとって永遠のテーマです。年齢を重ねてゆくと肌はだんだん老化していきます。老化が進むとシミやしわ、たるみ、乾燥など様々な肌トラブルを抱えてしまいます。

そのため、エイジングケアを早い段階からすることが美肌に繋がります。その際にまず化粧品をそろえなければなりません。

それぞれの塗り方の手順

弱酸性の化粧水を選び、その化粧水のシリーズで全て揃えます。化粧品の使い方ですが化粧水はコットンにとってパッティングをしていきます。

美容液や乳液は肌になじむように塗り込みます。最後のクリームは一番乾きやすい頬から塗っていきます。塗り方は内側から外側に向かって伸ばしていきます。

仕上げのクリームを塗る際のポイント

クリームは最後の仕上げでもありますが、目元など気になる部分を優しくマッサージするように塗り込みます。

クリームは保湿性が高いので、それでマッサージすることでしわやたるみの対策になります。最近は美白やリフトアップ、アンチエイジングなど様々な化粧品が販売されています。

自分は肌に対して何を求めているかによって使用する化粧品の種類は変わります。しかしどのような効果がある化粧品を使うにせよ保湿性が高いものを選んでください。保湿はスキンケアの基本です。どのような肌トラブルでも保湿はキーワードになります。

 

クリームの効果を最大限高めるパッティングの必要性

 

日々のスキンケアで使用する化粧品ですが、手持ちの化粧品の効果を最大限に高める方法があります。それは、化粧水を使用する際は、コットンでパッティングをするということです。

どうしてパッティングが重要なのか

肌には紫外線から肌を守り、異物などの混入を防ぐバリア機能があります。肌に醤油をのせても浸透していかないのは、肌のバリア機能によるものです。そのため、ただ化粧水を肌にのせただけでは浸透しないため、パッティングをして肌のバリア機能を一時的に緩める必要があります。

パッティングをする際はコットンを使用することがおすすめ

パッティングの際、手ではなくコットンを使用することで、鼻や目元など凹凸のある部分でもムラ付きを防ぐことが出来、キメの粗い手のひらに化粧水が浸透するのを防ぐことが出来ます。

パッティングの目安は、顔全体で100回程と言われており、毛穴の気になる鼻などは空気を含ませるように大きくパッティングをして毛穴を引き締めるようにすると効果的です。

栄養分は水分によって運ばれるため、化粧水をしっかり浸透させ肌の水分量を増やすことで、その後に使用する美容液やクリームの効果を最大限に高めることが出来ます。

クリームは油分が多いため、化粧品の中で最も栄養分を配合することが出来るアイテムです。そのため、栄養分の豊富なクリームの効果を実感するには、スキンケアの1番初めに使用する化粧水のつけ方が大切になります。

クリームを購入する際の注意点

1.浸透性がいいか

クリームを購入するときには、肌に対して浸透の良いものを選ぶようにしましょう。クリームの中には、お肌にのせた時にいつまでも油分が残ってしまうものも存在します。油分が残ったまま外に出てしまうと油焼けを起こす原因となってしまうので注意が必要です。

肌に残っている油分に気が付くことなく出かけてしまうことで、シミの原因となります。クリームを購入するときには浸透性の良いものを購入するようにしましょう。

2.塗った際にカスが出ないか

クリームを使った時に、配合成分と化粧成分が反応しカスが出やすくなるものも存在します。

カスが出るクリームを使うことで、お化粧のノリが悪くなりムラが起こってしまいます。使った時に成分がお肌に浸透しやすいものを選んでみるとよいでしょう。

3.使い心地を知るにはまずはサンプルを取り寄せてみよう

使った時の使い心地について知りたいときには、いきなり現品を購入するのではなく、サンプルを取り寄せて試してみるとよいです。

サンプルを使った場合、肌への浸透性について確認ができます。また、手持ちの化粧品との相性についても確かめられます。サンプルについては、無料で取り寄せることもできますし、安価な値段で購入することもできます。

薬用クリームの効果について

女性の消費物の多くは化粧品や薬用クリームではないでしょうか。

薬用クリームを使用する際に気を付けるポイント

毎日のスキンケアで一番気を付けないといけないことは「刺激の量」です。多くの人が体の皮膚に対しての知識に乏しく、そのことが肌荒れの原因となります。

まずは皮膚の構造を理解し、「なぜ荒れるのか」を知ることが清潔で美しい肌に近づくための近道です。

「刺激の量」は毎日のお化粧や美容液を使うことで肌に与えられる刺激のことです。人の皮膚はとても敏感です。細胞のひとつひとつが刺激を与えると死んでいきます。それほど弱いのです。

紫外線だけでも細胞はダメージを受けています。手指で強く触れた皮膚は強い刺激を受け細胞を死滅させます。人は眠っている間にダメージを受けた細胞を修復しますが死んでしまった細胞は修復できません。そのため、みずみずしさがなくなり、しわの多い肌となるのです。

つまり、日常的に薬用クリームを頻繁に使うことは刺激の原因となるため控えた方がいいのです。多くとも一日に2回まで、それもお肌をたたくように刷り込ませるのではなく、そっと手を添えるように刷り込ませましょう。

薬用クリームは有効成分がわかりやすい

薬用クリームは化粧品と違い、有効成分がわかりやすく表示されています。化粧品のクリームよりも、目的の効果のある製品を選びやすくなっています。

ただし、薬用クリームは「薬」という文字が入っていますが「医薬品」ではありません。治療目的では使えないので注意が必要です。

目的や肌質に合わせて薬用クリームと化粧品のクリームを使い分けましょう。