しみを予防して美肌を目指す!ノーマル肌・アレルギー肌・アトピー肌

女性なら誰もが、しみのない綺麗な美肌に憧れますよね。これから先、しみを防いで今以上に美肌になる方法とは?ノーマル肌のしみケアについて、アレルギー肌・アトピー肌の人のしみ対策について、かぶれによるしみを治す方法についての情報をまとめました。

しみを防いで美肌作り

しみを防いで美肌作りを行うためには、紫外線対策を徹底しなければなりません。紫外線は一年中降りそそいでいますので、夏以外でも気を抜くことはできません。紫外線対策の基本として、UV機能の備わった化粧下地やファンデーションを利用することはとても重要です。

無防備な状態のまま紫外線を浴びてしまうと、肌の防御反応によりメラニンの生成量が増えてしまいます。その結果、排出がおいつかずに長期にわたり留まることでしみになってしまいます。まずはメラニンの生成を抑えるという目的で、紫外線カットを考えることが大切です。

化粧品以外では、日傘や帽子で物理的に防ぐ方法もあります。次に、化粧品や食べ物を利用して、生成されてしまったメラニンの排出を促したり、ターンオーバーを整えて細胞の生まれ変わりを促進させることを考えます。どんなに気をつけていてもメラニンの生成をゼロにすることはできませんので、生成されてしまった後のケアが重要になります。

元々、メラニンの生成と排出を繰り返していますが、メラニンが長く肌に留まることがなければ問題はありません。しみやくすみなどのトラブルになるのは、そのバランスが崩れてしまった時ですので、排出を促すケアが必要です。

ノーマル肌のしみケア方法

しみケアを行う時には、自分の肌タイプを正確に把握する必要があります。オイリードライ肌、ノーマル肌、乾燥肌とそれぞれタイプが分かれており、行わなければならないケアも異なります。もっともトラブルが少なく理想的なのはノーマル肌です。

肌コンディション自体は悪くありませんので、今の状態を維持できるようにケアを続けることが大切です。肌中に含まれる水分量が多ければ多いほど潤いもアップしますので、保湿対策はとても大切です。保水力の高い肌は新陳代謝が良いので、しみになりにくいといえます。

ただし、代謝で入れ替わる量よりも多くのメラニン色素が生成されると排出が追いつかなくてしみになることはあります。トラブルの元になるのは、紫外線や摩擦です。特に夏場は強い紫外線によって肌細胞が傷つけられる恐れがありますので、お手入れを怠らないようにしなければなりません。

万が一しみができてしまっても、ノーマル肌の場合には薄いものなら自然に治ってしまうことも多いようです。問題は濃いしみですが、基本的にはビタミンC誘導体などを用いてメラニンの排出を促すケアで改善が可能です。ダメージを受けた部分に更なるダメージを重ねないように、原因を突き止めておくことも忘れてはいけません。

アレルギー肌の人のしみ対策

アレルギー肌の人がしみ対策を行う場合、もっとも気をつけなければならないのは刺激です。刺激は紫外線からも受けてしまいますし、摩擦によっても起こるものです。日常のケアでは、顔を洗う時に刺激を与えていないかを確認します。優しく洗い上げるなら、キメの細かな泡を作って、その泡で包み込むようにマッサージをします。

泡はクッションの役割を果たしてくれますので、摩擦を避けることができます。また、キメの細かな泡は余分な皮脂や汚れをきちんと吸着してくれますので、力を入れなくても綺麗になります。泡洗顔はトラブルを抱えている時でも優しく洗い上げることができますのでおすすめです。

次に、日常生活を送る上で紫外線カット機能のある化粧品を使ったり、日傘や帽子などのグッズを使うことももちろん有効ですが、それ以外でもしみの改善や予防に役立つことがあります。それは保湿対策です。

肌が乾燥していると自然に備わっているはずのバリア機能が損なわれ、ちょっとした刺激に敏感に反応してしまい、メラニンの生成を増やしてしまいます。その結果、しみやくすみ、しわといったトラブルに発展しますので、保水力を高めることは重要です。保水力が高まると肌は強くなります。

アトピーのしみ対策とは

アトピーの人は、通常よりも皮膚が敏感です。そのため、化粧品選びもかなり慎重に行わないとトラブルの元になります。肌のバリア機能が弱いために、水分を保持する力も足りない状態です。乾燥するとしみやしわを引き起こしますので、保湿を考えなければなりません。紫外線の強い時期は特にケアが重要であり、乾燥しやすい冬も怠ることはできません。

保湿をしっかりと行って保水力が高まれば、アトピーの人でも肌を安定させることができます。しみ対策では水分と油分のバランスが良いという点が重要であり、それが崩れると外的刺激に対して敏感に反応します。

また、摩擦も避ける必要がありますので、ケアの時にはこすらないように気をつけます。化粧品はなるべく自然由来のものを利用し、洗顔剤は洗浄力の強過ぎるものではなく、必要な皮脂を残せる程度の洗浄力のものを選びます。余分なものが含まれていると負担がかかりますので、成分チェックも大切です。

一般的に、石鹸の方が純度が高いので負担が少ないようです。ただし、洗い上がりの肌がつっぱって感じる時にはやや強いので注意が必要です。洗う前にはよく泡立てて、泡で優しく包み込むようにマッサージをすると負担をかけません。

かぶれによるしみを治す方法

しみにはいろいろな原因がありますが、アトピーや季節の変わり目などに肌がかぶれ、それに色素沈着が重なりしみになってしまうものもあります。時間はかかりますがこのようなしみもきちんと治すことができます。まずはかぶれの原因のひとつである乾燥を抑えるためにきちんとクリームを塗り、肌を保湿することが大切です。

またクリームは美白効果のあるビタミンCが配合されたものを使用するとより保湿の効果が高まります。さらに保湿をきちんとすることで肌が新しい肌に生まれ変わるためのターンオーバーも正常通り行われるので
それだけでしみが改善する場合もあります。

それでも改善しない場合は美容専門の皮膚科でハイドロキノンやトレチノインという美白効果のある美白剤を処方してもらったり、さらに費用はかかりますがレーザーや光治療でしみを改善することもできます。

かぶれた面積の広さや肌の乾燥状態、人それぞれの肌質の問題もあるのでその改善方法が適しているかも人それぞれ違いますのでかぶれがでた時点で色素沈着を起こす前にきちんと治療すれば費用のかかる治療を必要とする前に治すことが可能です。季節の変わり目は特に日頃簡単な肌ケアや生活習慣を見直すだけで防ぐこともできるので小さなケアを継続して行うことが大切です。