ハリのある肌を手に入れるには!?パックやイオン導入の効果

美意識を高く持ちたいという女性にオススメなのが美容液です。目的に合わせた有効成分をお肌に補給することが可能です。今回は、美容液をを使ったパック・パッティング方法、イオン導入について、ライン買いについての情報をまとめました。

美容液を使うワンランク上の美意識を

スキンケア用品は様々な種類のものが販売されていますが、定番のアイテムといえば化粧水と乳液を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。目元や口元専用のクリームなど細分化されたアイテムもありますが、やはり基本のお手入れは化粧水と乳液です。とはいえ、スキンケアの方法は多くの人が独学で習得し、使用するアイテムも人によって違うことがほとんどです。

化粧水には洗顔後の肌の調子を整える作用がありますし、乳液は化粧水の後に使う保湿のためのアイテムです。この二つはまさに最低限のスキンケア用品といえます。それだけに多くの人の共通認識となっているのですが、あくまで最低限のケアのためカバーしきれない肌トラブルも発生することがあります。

そんなときに利用したいのが、美容液です。美容液は化粧水や乳液以上に効果が細分化されているため、自分の肌悩みにマッチしたアイテムを選ぶことができます。美容液はスキンケアのために絶対に必要なアイテムではなく、あくまで普段のお手入れにプラスする形で取り入れるものです。

だからこそ、人によって美意識の違いが顕著にあらわれ、肌の美しさを大きく左右することになるのです。最低限のケアを卒業し、肌の状態に合った美容液を選ぶことが大切です。

美容液でパックを行いケアする

肌の乾燥を感じてしまった時に、パックを行うことで悩みを解消できるようになってきます。パックについてはそれぞれに種類が存在していますが、その中でも美容液成分をふんだんに使っているものであれば、お肌の乾燥を早く解消できるようになるのです。

パックの中には、美容液成分をたっぷりと含んでいるシート型のものもありますので、時間が空いたときに利用しやすくなっています。シート型のパックでは、美肌成分を含んでいる液体に浸した状態で販売されているため、肌の乾燥を感じたときに使うことで、いつでも潤いを取り戻せるようになるのです。

シート型のものであれば、使った後に洗い流す必要もなくなってきますし、肌に利用してから数分程度で美容液をお肌に浸透させることが出来、肌の悩みを解消しやすくなってきます。美容液を浸した商品については、夜のスペシャルケアとして利用するだけではなく、朝に使うことでお肌に栄養分を与えられるようになります。

朝は、お肌の代謝も活発になっているため、ケアを行うことで乾燥を解消しハリのあるお肌に変えることが出来るのです。イベントに出かけるときやデートの前などに使って、お肌の対策を行ってみるとよいでしょう。

イオン導入器を使う際には専用の美容液が最適

イオン導入器は微弱な電流を流すことで美容液の成分を肌に浸透しやすくし、家庭用の導入器なども販売されていることから気軽に利用できる環境になっています。そのイオン導入器で使用する美容液はどんな美容液でも浸透しやすくすると考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、この導入器に向いている成分もあれば、上手く浸透させることができない成分もあり、使用する美容液は選ぶ必要があります。まず浸透しにくい成分にはヒアルロン酸やコラーゲンがあります。

この成分は美容成分として知られている成分ですが、この成分は分子が大きく浸透しにくいためこの導入器による成分としては向いていません。しかし、細かに分子化され浸透しやすくした成分などもありますので、そのように浸透しやすく改良されたものなら効果が期待できます。

この導入器を利用して効果が得られる成分としてはコラーゲンの生成にも使われるビタミンC誘導体、アンチエイジング効果のあるプラセンタ、メラニンの抑制効果が高いトラネキサム酸などがあります。これらの成分が配合されていても余分な成分が配合されていると浸透が妨げられる場合もあり、イオン導入器を使う際には専用の美容液を使うことが最も効果が期待できます。

美容液のパッティング方法について

効果的に化粧水や美容液に含まれている美容成分をお肌に浸透させるためには、パッティングが大切です。手のひらにのせてお肌につけるよりもお肌に成分を届けることができます。手でパッティングを行なう場合のメリットは、手とお肌は同じ皮膚のため、刺激が少ないことです。

また、手の温度でお肌が温め理、浸透が良くなります。手で行なう場合には、良く洗い、雑菌がない状態で行いましょう。コットンで行なう場合のメリットは、凹凸がない分、お肌の細部に渡って均等に美容成分が行き渡ることです。

コットンが毛羽立っている場合は、お肌に負担をかけてしまうので注意しましょう。また、叩き過ぎにも注意しましょう。叩くことでお肌に負担がかかる場合があります。赤ら顔の原因にもなりますので、やさしくパッティングしましょう。顔の下から上に向かってリフトアップするイメージで行ないます。

手とコットンを利用したおすすめの方法は、清潔な手でやさしく美容液をパッティングした後、コットンを水に濡らして手でやさしくしぼり、美容液を浸透させて裂きます。そしてパックをするように顔全体にコットンをのせていきます。3分ほど放置します。コットンが乾く前にとり、保湿クリームなどで美容成分を閉じ込めます。

美容液を買うならライン買いをしよう

もしも美容液を買うのでしたらライン買いをするのをおすすめします。これは美容液だけを単独で買うのではなく、同じシリーズのスキンケアをまとめて買うというものです。洗顔やクレンジング、化粧水乳液にクリームなどが一つのラインになっています。同じラインで使うことによって美容液の効果もより高くなるからです。

大体同じラインのスキンケアの場合は、全て同じ悩みを解決するために作られています。ですので単独で美容液だけ購入しても他のスキンケア化粧水のシリーズがバラバラであれば効果が得られなくなるのです。今他に使っているものがあるなら全て買い替えるのはもったいないように思うかもしれませんが、使い切ってから買い替えるのがいいでしょう。

中にはラインで販売しておらず美容液だけ単独で販売しているブランドもありますが、この場合はどのような効果があるのかを見極めてから買うようにしてください。また同じラインでもさっぱりタイプやしっとりタイプなどがありますので自分の肌質に合ったものを探してください。

一つのラインを一度に買うと一万円くらいはします。効果があるかどうかわからない時点で全てを買いそろえるのに抵抗のある方はトライアルセットを買うといいでしょう。これなら少量ですが全てのラインがそろっています。