曇りの日も危険!日焼けが蓄積してしみになるって本当!?

あなたは晴れている日だけ日焼け止めを塗っていませんか?実は、曇りでも、窓ガラスを通してでも日焼けはします。「今日は曇りだし日焼け止めは使わなくていいかぁ~」というちょっとした気のゆるみが蓄積し、しみ・シワへと変わっていきます。今回はしみと日焼け止めの関係性について、夏用化粧品でしみ対策する方法などのついてまとめました。

しみと日焼けについて

しみを作りたくないと考えたら、紫外線に注意をする事が大切です。肌は、紫外線によるダメージを受けると、肌細胞を炎症から守る為に、メラニン色素を発生させます。メラニン色素が発生しても、肌の新陳代謝が活発に行われている状態であれば、自然と肌の外へと排出されていきます。

新陳代謝が衰えたり乱れたりしている場合、メラニン色素がそのまま肌に定着してしまい、しみになってしまう事があります。

日焼けをするとしみになるのはなぜか

日焼けは紫外線からお肌を守るためにメラニン色素がバリアをつくる現象です。日焼け自体は健全な働きと言えます。日焼けにより肌が赤くなったり黒くなったりしても、時間とともにお肌も正常にもどります。

ところが、日焼けをした部分がしみとなって残ってしまう場合があります。それは、メラニン色素が排出されずに残ってしまったものなのです。そのため赤い日焼けではなく、黒い日焼けがシミの原因となります。

日焼けをしてもしみにならない人の特徴

綺麗な肌でいたいと考えたら、肌の新陳代謝を高めておく事が大切です。

肌の新陳代謝を高めるには
  • 睡眠をしっかりととるようにする
  • 肌のコラーゲン生成を高める働きのあるビタミンC等の成分を積極的に摂取する

新陳代謝を高めておくことでメラニンをスムーズに排出でき、日焼けをしてもしみにならないのです。同じように紫外線を浴びても、しみができやすい人とできにくい人は、新陳代謝が活発かどうかが関係しています。

日焼けをしみにしないためには

しみは、日焼けで発生したメラニンがうまく排出できないとあらわれます。肌が黒くなっても、新陳代謝が良く、ターンオーバーとともに排出できればしみにはなりません。そのため、ターンオーバーのサイクル以上に紫外線を浴び続けると、排出が追いつかずしみになってしまいます。

日焼けをしみに変えないためには、

ここがポイント!
  • 日焼け後のアフターケアをする
  • 美白ケアを継続的に行う

といったお手入れが効果的です。

紫外線をカットする対策

今の肌の状態をキープしたいと思っていませんか。すでに、しみができてしまった人にも言えるのですが、肌の大敵は紫外線です。紫外線をたくさん浴びてしまった肌は老化が進んでしまいます。だから、UV対策がとても重要だと言われているのです。

紫外線対策は一年中必須
日焼け止め、日除けグッズは季節に関わらず使用しよう

紫外線対策の基本の日焼け止め

日焼け止めは、紫外線が多い春から夏だけで良い、外出時だけで良いと考える人も少なくありませんが、肌の事を考えるのであれば1年中、そして室内で過ごす事が多い人でも、窓際等、日当たりが良い場所に行く機会が多い場合、しっかりと日焼け止めを塗っておいて損はありません。SPFの値は季節によって変えても構いません。

冬は数値が低い日焼け止めにして、他の季節は数値が高めにしておいてもいいでしょう。

日傘などの日除けグッズ

帽子や日傘などの日除けグッズを有効に活用し、紫外線をなるべく受けないようにする必要があります。少しつばの広い帽子を一年中かぶって出かけるようにするなどしたほうが、しみ対策には良いことです。帽子や日傘を使うことで直射日光を90%以上さえぎることができます。

また夏でもUVカット効果のある羽織モノを利用したり、アームカバーなどで露出部分をおさえることも効果的です。日々の対策によって肌は健やかな状態を保つことができますので、ちょっとした外出でも気をつけることが大切です。

目からの刺激をサングラスでおさえる

日よけグッズで全身防備の仕上げにサングラスは必要不可欠です。日差しが強い様子を目からの刺激で脳に伝達され、肌に紫外線を浴びなくてもメラニンが発生してしまうのです。そのため、目からの刺激も見落とさずに対策が必要なのです。

しみ対策に効果的な日焼け止めの使い方

できてしまったしみにもまだできていないけれど対策をしておきたいと言う人にも共通して言えることがあります。紫外線を浴びすぎないようにしましょう。これは、とても重要なポイントです。紫外線を浴びてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。ダメージをなるべく与えないようにするためにも、毎日、日焼け止めを使ってください。

季節を問わず日焼け止めは一年中使う

夏は使っているけれど、他の季節はあまり使っていないと言う人がとても多いです。しかし、紫外線は一年中浴びるものです。冬になるとかなり紫外線が弱くはなりますが、浴びていることには変わりありません。だから、日焼け止めを使わなくてはなりません。怠ってしまうとしみができてしまうかもしれません。

日焼け止めはこまめに塗り直す

朝塗れば、一日持つというわけでもないので気を付けてください。汗をかいたら汗を拭いて日焼け止めを塗り直す必要があります。また、化粧直しに使ったりしてください。長持ちするものではないので、一日で何度か塗り直したほうが良いというわけです。ファンデーションなどに日焼け止め効果があるタイプを使うというのもお勧めです。

以上のことを気を付けていれば、しみができにくくなるでしょう。すでにできてしまっている人もひどくならなくて済むはずです。

スキンケアでできる日焼けのしみ対策

日常のお手入れでシミを予防したり軽減することができます。普段のスキンケアを見直してシミ対策をしましょう。

夏用の化粧品にはUV効果がある

化粧品は季節ごとにかえることで肌のコンディションを保ちやすくなります。たとえば、夏は皮脂が浮き出やすく、強い紫外線によってダメージを受けやすい状態です。それに対し、冬は乾燥しやすく、皮膚が外的紫外線に弱くなるケースもあります。それぞれの季節で必要なものが異なりますので、それに合わせて化粧品を選ぶことが大切です。

夏用はしみ対策に特化しています。しみの主な要因は、強い紫外線を浴びることで肌が防御反応を起こし、メラニンを生成させることです。メラニンの生成量が増えてもどんどん排出されれば問題ありませんが、排出が滞っていつまでも肌に留まってしまうとしみになります。メラニンの生成を抑えるためには、やはりSPFやPAの値が記載されているもので紫外線対策を行わなければなりません。

夏用の化粧品を正しく使用すれば、日常生活における紫外線のリスクをかなり下げることができます。

日焼け後に十分な保湿ケアをする

紫外線を浴びたあとは保湿をしっかり行うことも忘れてはいけません。特に、紫外線を浴びてしまった後は肌のターンオーバーが乱れがちですから、ローションパックをして肌を潤わせましょう。

こうすることで、乱れてしまった肌のターンオーバーを早く回復させることができます。毎日ローションパックをしても良いくらいです。紫外線を浴びないようにしたり、肌を潤わせたりすることでしみを予防しましょう。

日焼けをしてもしみができにくい生活習慣

しみができにくい体づくりには、スキンケアだけでは限界があります。体の中からもケアすることで、紫外線に負けない強いお肌を作ることができます。

抗酸化作用のある食べ物を取り入れた食生活

ビタミンC,E,Aが豊富な抗酸化作用のある食べ物を、毎日の食卓にとりいれましょう。紫外線により発生する活性酸素がシミの原因になります。抗酸化作用のある野菜を摂取することで、活性酸素を抑えることができます。

抗酸化作用のある主な食べ物

  • かぼちゃ
  • トマト
  • 玄米
  • ココア
  • にんにく
  • タマネギなど

体の中からも、しみ対策に取り組みましょう。

こまめに水分補給をする

お肌のターンオーバーを促すために、保湿は重要なスキンケアです。外からの保湿も重要ですが、内側の保湿も忘れてはいけません。日焼けの後は、体の中も乾いています。水分を積極的に摂ることでお肌の再生する力を促します。

質の良い睡眠をとる

よく眠ることで成長ホルモンが出てお肌のターンオーバーの乱れを整える効果があります。睡眠が不足してしまうと、シミ以外の肌トラブルの原因にもなり、代謝が悪くなるため肌トラブルの治りも悪くなります。

夜22時から2時までのゴールデンタイムは熟睡できるように生活習慣を整えましょう。