知っておきたい豆知識!しみに予防・改善に良い有効成分って?

知らず知らずのうちに肌にしみが増えていた・・・。なんてことありませんか?しみについての知識があれば、改善したり予防することができます。

しみ予防または改善におすすめな有効成分について、しみや肌荒れを普段からなくすためには?しみと季節の関係性について、花粉症によるしみへの対応についてまとめました。

しみの予防・改善に有効な成分

しみの原因となっているのは、メラニン色素といわれています。メラニン色素には、紫外線から肌を守るために細胞を変色させる、という働きがあります。変色した細胞はターンオーバーで剥がれ落ちますが、いつまでも肌に残ってしまう事があります。これがしみです。

しみの改善には、美白に効果のある化粧品が役立ちます。美白効果には、改善と予防の2種類があります。目的にあった成分に注目する事で、より高い効果を得る事ができます。改善とは、メラニン色素で変色した細胞の還元です。しみになってしまった部分に働きかけます。

最も高い効果があるとされるのは、「ハイドロキノン」です。抜群の漂白効果があります。「ビタミンC誘導体」が含まれている化粧品は、還元だけでなく予防もできます。他にも、新陳代謝を活発にしてメラニンの排出を促進させる「プラセンタ」も改善に効果があります。

予防とは、新たなメラニン色素生成の防止です。まだしみに悩まされていないという人は、原因となるメラニン色素を抑える効果のある成分に注目しましょう。ハイドロキノンを薄めて、より安全に使用できるようにした「アルブチン」が高い効果を発揮します。他には「コウジ酸」「エラグ酸」「ルシノール」等も有効な成分とされています。

しみの予防と改善に効果的な化粧品とは

加齢やストレス、強い紫外線などの影響によって、メラニン色素が過剰に生成されることでできるしみ。予防と改善のためには食生活や生活習慣の改善と同時に正しいスキンケアが必要となります。スキンケアでしみを予防し、改善させるには、美白効果のある化粧品がおすすめです。

メラニンの生成を防ぐ作用のある成分には、アルブチンなどがあります。アルブチンは美白成分として代表的なもののうちのひとつであり、大変多くの美白化粧品に配合されています。αアルブチンとβアルブチンという二種類が存在し、αアルブチンの方が肌によく馴染み、美白効果も高いとされています。

とはいえ即効性はなく、毎日使い続けることで徐々にしみのできにくいお肌へ導くような緩やかな効果が期待されます。すでに生成されたメラニン色素を排出する作用のある美白成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった成分があります。ビタミンC誘導体は高い抗酸化作用がありニキビ予防にも有効な成分ですが、メラニンを無色化して排出する作用もあるためしみ改善にも効果的です。

ハイドロキノンは非常に強い美白作用があり、肌の漂白剤と呼ばれることもあります。濃いしみにも効果が期待できますが、肌への刺激性があるため、肌の状態を見ながら慎重に使用する必要があります。

しみや肌荒れを予防する方法

年齢を重ねるごとにしみや肌荒れなどの肌トラブルが出てきてしまいます。それを予防するためにエステに通ったり、高い化粧品を買ったりします。しかし、お金をかけたくない人や時間がない人もいるので、誰でも気軽には出来ないのです。

お金をかけずに日常生活で出来れば誰でも出来ます。それが内からのアプローチです。外からの肌へのアプローチも大切ですが、内からのアプローチの方が重要になってきます。内からのアプローチは水を飲むことと栄養素をしっかり取ることです。肌が乾燥してしまうと、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そのために水をしっかり飲んで保湿をすることが大切です。人の体の半分以上は水で出来ています。この水が不足してしまうと乾燥してしまい、肌荒れなどの肌トラブルが出てきてしまいます。毎日2リットルを目安に飲むと保湿効果があります。

次に栄養素です。肌を構成するものはタンパク質です。タンパク質が不足してしまうと肌が入れ替わっても綺麗な肌に入れ替わらないので、しみの原因になったり、しみを消すことも難しくなってしまいます。

タンパク質は動物性と植物性をバランスよく取ることが大切で、ビタミンCと一緒に取ることで体の中でコラーゲンに変わるので肌にハリが出てきます。このようにしみや肌荒れを予防するためには内からのアプローチも大切になります。

痒みを伴うしみの予防と可能性について

しみに痒みがある場合は、脂漏性角化症の場合と、皮膚がんの場合があります。脂漏性角化症は遺伝と加齢によって現れます。色や形は様々で、しみがわずかに盛り上がっていることもあります。良性の腫瘍なので、無理に除去する必要はありません。気になる方はレーザーで薄くすることができます。

脂漏性角化症を防ぐためには、まず、紫外線をなるべくさけて新しいしみと脂漏性角化症ができないようにすることが大切です。紫外線は日光角化症という皮膚がんの元になるものになる可能性があるため、それに対しての予防にもなります。

痒みがあったとしても、刺激されると余計に痒くなるので、掻かずにいることが大切です。しみを作らないために、日焼けを避けることと、さらに焼けてしまった場合には、早めにケアをすることが大切です。また、ビタミンCの多い食品を意識して摂取し、砂糖が多い食品は肌の老化につながるため、あまり摂らないようにし、ストレスもなるべくためないようにすることも大切です。

急速に大きくなって、数が多い場合には、症候群と呼ばれて、内臓癌に伴い発生することもあるので病院に受診することをお勧めします。日光が当たらない部分に発生するしみの中にただれができたり、除々に盛り上がってきたり、発熱を伴ったりした場合には、癌などの場合もあるので、専門医への受診が必要です。

外遊びにおけるしみシワの予防

寒風が吹き、雪が舞い、積雪する季節を終え春らしい陽気に包まれると、陽気に誘われ外出する回数も多くなります。柔らかな空気感と日差しの春は肌に与えるダメージが少なく、お散歩やピクニック、焼き肉など外で過ごしたり外遊びをするのに絶好です。

季節が移ろい、初夏になると太陽から発せられる紫外線の量が大幅に増え、日焼けなど肌に大敵の事柄が多くなります。日焼けが肌に与えるダメージは、しみやシワなどを引き起こし、とても深刻な症状を引き起こします。日焼けすると、肌が赤くなる後に黒く変色してきます。

通常黒く変色した肌は、時間が経つにつれ元の肌の色に戻っていきますが、部分的に色素が沈着したままになってしまうことがあります。そのような色素が残ってしまった部位が、しみやほくろになるのです。さらに、人間の肌は日焼けすると若干伸びることが確認されています。そのため、日焼け後に伸びた肌が完全に元に戻らずにシワとなってしまうのです。

しみとシワは、一度起きてしまうと諦めて生涯付き合っていくしかないと考えられがちですが、現在販売されている化粧品では治ることが証明されています。見た目年齢を大きく左右するしみとシワは、早めに対処してしまいましょう。

季節としみ対策と。

しみ対策は、紫外線量が特に多くなる、春から夏が重要と考える人は少なくなりません。その為、春先からは、日焼け止めが欠かせないという人も多いでしょう。ですが、紫外線というのは1年中、降り注いでいるものです。ですから、本気でしみ対策を考えるのであれば、季節を問わず、日焼け止めを塗る事が大切です。

長時間の外出の時だけ塗れば良いと考える人も少なくありませんが、ベランダ等で洗濯物を干すといった短時間の場合でも、しっかりと日焼け止めを塗っておく事が大切です。更に、室内にいる場合でも、日差しが差し込む窓の近くにいる機会が多い人の場合、日焼け止めを塗っておく事が大切です。

紫外線対策といえば、暑い季節や外出時に行うものというイメージを持つ人も少なくありませんが、1年中必要なものと考えておく事が大切です。

そして、肌に発生したメラニン色素を定着させない為には、毎日の睡眠時間をしっかりととるようにする、規則正しい生活を心がける等、肌の新陳代謝を高める事を意識しておく事も大切です。肌の新陳代謝を高める事で、肌の中にメラニン色素が発生しても、すぐに肌の外へと排出していく事が可能となり、しみになりにくい状態を作る事が出来ます。

シートマスクでしみ対策しよう

普段のスキンケアで何を使っているでしょうか。オールインワンだったり、化粧水や乳液などを使っているのではないでしょうか。確かに、これらも良いのですが、ぜひプラスして欲しいのがシートマスクです。これは、とても優秀なスキンケアアイテムです。保湿にとても優れているので、乾燥で悩んでいる人だけではなく、しみ対策としても活用してください。

なぜ、保湿アイテムがしみに良いのかというと、肌が潤っていることが大事だからです。肌が乾燥してしまうといろいろな肌トラブルを引き起こしてしまいます。肌の色にも影響が出るくらいです。保湿に力を入れて肌のターンオーバーを改善し、肌トラブルが起こらないようにしましょう。

今では、美白成分が配合されているシートマスクがあります。しみで悩んでいたり、予防したいと思っているのならば、プラセンタなどの美白成分が入っているものを使ってみてください。化粧水代わりに毎日使うのも良いでしょう。

使い続ければ、常に肌の調子が良いですし、乾燥知らずの肌になるので、しみが改善されたり、できにくくなるはずです。シートマスクは、化粧水を手で付けるよりもずっと肌に美容成分を浸透させることができるので使ってみてください。

花粉症によるしみを体内から防止

花粉症の季節になると、目をこすってしまったり、鼻をかむなどでお肌にも大きな負担をかけてしまいます。肌を無理にこすったり、刺激を与えることにより、しみができやすくなってしまいますので、お肌に刺激を与えないように注意しましょう。痒みを感じたときやくしゃみが出てきてしまう時には、目をこすらないように薬を使って治療を受けてみるとよいでしょう。

治療を受けることで、痒みやくしゃみの症状を和らげることが出来、肌に刺激を与えずに済むようになってきます。花粉症の時期には、お肌に対する直接的な刺激だけではなく、ホルモンのバランスによってしみができやすくなってきます。

花粉症が起こることで、体内のバランスも崩れてしまい、お肌の変化をもたらすことになりますので、ホルモンバランスを整える生活を送ってみるとよいでしょう。食事のバランスに気を付けながら食べるようにしたり、乳酸菌を多く含んでいる食品を摂取することで、免疫機能を改善することでしみの発生を予防できるようになります。

乳酸菌は、お肌にも良い効果をもたらしてくれますので、体の中から花粉症によるしみを防止したいときには、ヨーグルトなど乳酸菌の多い食品を食べてみるとよいでしょう。

しみ対策にはアロマオイルをお試しください

お肌のしみの原因にはいくつかあります。代表的なのが紫外線。紫外線を浴びることで色素形成細胞(メラノサイト)が刺激を受け、メラニン色素を作り出します。肌を守ろうとして肌の色が黒くなるのが原因です。

他にも、加齢・ストレス・睡眠不足による新陳代謝の低下でメラニンが上手く排出されず、しみとして残ってしまうことが原因だったり、ニキビ・肌の炎症により、色素細胞が刺激されメラニンを生成してしまうこともあります。また、女性ホルモンの分泌異常によりメラニン色素が多く作られる状態になり紫外線の影響を受けやすくなることも考えられます。

できてしまったしみへの対策として美白化粧品を使用したり、ビタミンCを摂取するなど、さまざまなケア方法がありますが、いつものスキンケアにプラスしていただくだけで、自然の恵みを得ながらお肌の悩みを改善するアロマオイル美容法(シミ対策)をご紹介します。

ゼラニウム ハーブ系の香りの中にローズに似たフローラルの香り。しみ・しわの改善、肌の若返り効果。
ネロリ 甘さと苦味を持つビターオレンジの香り。そばかす・たるみ改善、新陳代謝を活発にし肌のターンオーバーを促す。

ラベンダー さわやかでフローラルな香り。しみ・しわの改善、ニキビ・傷・火傷の回復。ローズウッド バラに似た甘さに、ややスパイシーなウッディ調の香り。透明感を上げ、肌を若返らせる効果。

ローズオットー(ダマスクローズ)上品でエレガントな甘いバラの香り。女性ホルモンに働きかけホルモンバランスを整える。美肌効果。アロマオイルは、いつもお使いの乳液やクリームに数滴まぜて使用したり、アロマバスを楽しんだりしてお試しください。