自宅で簡単!しわを解消する方法とは?おでこ・口元・首

しわがあるだけで一気に老けた印象になりませんか?だからといって美容整形に行くお金もない・・・。そんな女性のしわ解消法を紹介します。今回は、おでこのしわの改善方法、口元のしわのお手入れ、首のしわのお手入れ、デコルテのしわの改善方法を紹介します。

しわの一番簡単な解消法

女性は皆綺麗になるためにスキンケアを行います。しかし、生活習慣や食生活、ストレス、加齢など様々な原因によって肌トラブルが起きてしまいます。中でもしわは肌の老化現象の1つで、1本あるだけで随分と老けて見られるようになります。顔の中でもよく動かす場所にしわはできやすく、特に目じりと口元のほうれい線で悩む方がとても多いです。

しわの原因は乾燥

しわが出来てしまう原因は乾燥です。人の肌には潤いを保ったり、肌をリフトアップさせたりする成分があります。しかしそれは年齢と共に減少してしまいます。そのため、肌がたるんだり乾燥肌を引き起こしてしまいます。解消法はとてもシンプルです。それは潤いを与えることです。

しわのある肌はタオルを絞って広げた状態です。しかしそこに水を足すとしわは消えます。肌も同様に水分を与えることでしわが刻まれた肌を改善させることができます。それは肌の内と外の両面からのアプローチが必要です。

水分補給は外からも内からも

外からは化粧水でパッティング後、保湿成分がたっぷり入ったタイプの美容液、乳液、クリームの順に塗り込んでいきます。また、肌表面だけではなく内へも水分を摂取します。1時間にコップ1杯の水を飲むだけで十分です。

昨日より多めの量を飲むことを心がけて飲んでください。これが一番簡単な解消法です。

ここがポイント!
保湿と水分補給がしわ解消には一番効果的

表情じわを薄くする方法について

若いころは、表情を作ったときだけしわができますが、年齢と共に、無表情の時もしわの線が残るようになります。年を取った証拠として、しわができるのは仕方がないと思い込んでいる人がいますが、薄くすることは可能です。

しわを作るのも薄くするのも毎日の積み重ね

しわは、皮膚が寄ったところにできます。眉間にしわを寄せる癖がある人は、毎日の蓄積で深く刻みこまれてしまいます。同じ表情を長時間続けることは、皮膚を寄せる原因になるので辞めましょう。

このように、毎日積み重ねた皮膚の動きや、紫外線が原因になるので、薄くする方法も継続して行わなければいけません。保湿をしっかりすると、お肌はうるおいに満ちてハリがでます。肌荒れなどのお肌のトラブルは乾燥からくることがほとんどなので、しっかり保湿することが大切です。

表情筋を鍛えることでしわを薄くする

おでこにできたしわは、眉毛を片方ずつ動かすことで、筋肉を鍛えて薄くすることが出来ます。目元は、薄目を開けた状態から大きく目を見開く動きを繰り返すと効果的です。口元に出来たときは、舌を口の中で時計回りにぐるぐると動かした後に、反時計回りに動かすようにするといいでしょう。

ほうれい線のような、目立つものはなかなか薄くなりませんが、小さなものは少しずつ薄くなっていきます。

表情筋を鍛えるには

  • おでこのしわ・・・眉毛を片方ずつ動かす
  • 目元のしわ・・・大きく目を見開く動き
  • 口もとのしわ・・・舌を口の中で時計回りに動かす

顔に出来るしわの対処法

顔に出来るしわに悩む女性は沢山いますが、様々な要因からしわが作られるため、自分に合ったケア方法を行う事が気になる症状の緩和には効果的です。

基本のケアは乾燥対策の保湿

まずありがちなのは肌の乾燥によるしわです。季節の変わり目など大気の影響によるものや、肌が加齢と共に乾燥しやすくなって潤い不足になることが要因です。この場合最適なケア方法は、肌の保水力を高めるような顔用スキンケア製品を使用してケアを行うことです。

また、加齢と共に肌内部のコラーゲンが減少する事で出来るしわもあり、この場合はいくら保湿を行っても症状の改善が見込めない場合があります。そのような場合は肌の血行をよくしたり、コラーゲンを多く含むような食材を積極的に食べるなどの対策を行うのが有効です。

頭皮ケアもしわ解消に効果的

他にもよく笑ったり怒ったりと表情豊かな人は表情しわが出来やすいといわれますが、このような場合は保湿を行うことはもちろんですが、頭皮ケアを行うのが効果的です。頭皮と顔は同じ皮膚でつながっているため、頭皮を優しく揉み解すことで顔の皮膚をリフトアップして気になるしわの予防・改善効果があるといわれています。

このように原因別に対処を行うことで、顔の気になる症状を改善して見た目年齢を引き上げることが出来るでしょう。

ここがポイント!
頭皮ケアで顔全体の血行を促進してしわを解消!

しわのできるパーツ別のしわ解消法

年齢を重ねると、シミやしわ、たるみなど肌の老化によるトラブルが増えていきます。エステサロンに通ったり、サプリメントを摂取するなどエイジングケアを行っている方も年齢と共に増えていきます。しわのできるパーツごとに効果的なしわ解消法を試してみましょう。

おでこのしわを改善する

おでこのしわが気になってきたときには、表情に気を付けてみるとよいでしょう。いつも、難しい表情をしていることで、おでこ部分にしわが集中してしまいます。一度しわができてしまうことで、十分なケアを行っても消すことは難しくなってしまいますので、難しい表情をしないように気を付けて生活を送ってみるとよいでしょう。

さらに、おでこについても他の部分と同様のケアを行うことで、お肌の状態を改善できるようになってきます。おでこ部分にも、保湿効果の高い成分が配合された美容液を使うことで、肌の水分不足を補えるようになるのです。水分不足状態を改善することができれば、余計なしわができてしまうことも防止できますし、今あるしわについても改善しやすくなるのです。

化粧品を使うことでおでこのしわを改善させられますが、それでも良くならないときには美容外科でヒアルロン酸注入を受けてみるとよいでしょう。

直接お肌にヒアルロン酸を注入してしまえば、肌の水分が減少している部分も綺麗に改善できますし、ツルツルのお肌に改善させることで、美しくなることも可能になるのです。お肌の状態を改善したと考えたときには、直接的なケアを行うことも検討してみるとよいでしょう。

おでこのしわ解消法
  • おでこにしわの寄る表情を避ける
  • おでにの保湿を欠かさない
  • しわが深い場合は美容外科も利用する

口元のしわのお手入れ法

口元のしわは、人目につきやすく年齢を感じさせる部分ですのでお手入れが重要です。日々のお手入れやちょっとした生活習慣に気を付けることで、年齢を感じさせない口元を作ることができます。しわの解消だけでなくあらゆる肌のトラブルの原因になることが、肌の乾燥です。

乾燥しない肌を作るためには保湿を心がけた生活習慣が必要になります。寝る時はのどや乾きやすい頬や口元の乾燥を防ぐためにマスクを着ける、濡れたバスタオルを室内に干す、カップに入れたホットドリンクの湯気を顔に当てるなど工夫します。

また乾燥が深刻になる冬場は、保湿成分を含んだクリームや乳液を選ぶように心がけることが大切です。

口元美人は笑顔美人といわれています。笑顔の決め手となる笑筋を鍛えましょう。

笑筋の鍛え方
口を閉じて口角に力を入れて5秒間キープ

口元の表情筋が鍛えられ、血行がよくなります。目も天井を見据えながら行えば、目元の血行促進もされて目元のしわにも効くためお勧めです。

口元のしわ解消法
  • 寝る時にマスクをつける
  • 保湿効果の高い化粧品で保湿する
  • 笑筋を鍛える

顔周りのしわの解消方法

二重あごというのは顔が大きく見えるし、何よりも顔がとても老けた印象に見えてしまう嫌なものです。あごのラインがシャープですっきりとしていると、目鼻立ちがそれほど美しいわけではなくても、なんだか垢抜けた美人に見えてしまうものです。

また、顔のスキンケアはしっかり行っていても、忘れがちになってしまうのが首のケアです。そのため、首は最も年齢が出やすい場所だとも言われています。気づいたら、しわだらけの首になっていたという事がないように、日頃からきちんとお手入れすることが大切です。

ここがポイント!
あごからデコルテのラインを美しく保つことは、見た目年齢にも大きく影響!

不要なしわを作らず、薄くしていきましょう。

二重あごの原因

太っているから二重あごになりやすいと思われがちですが、体は痩せている人でもあごのラインが二重になってしまっている人はけっこういます。それはパソコンなどを長時間続けていると首に対して長時間同じ姿勢を取り続けて首関節に負担をかけ、顔の一番下にある顎で支える形になることが原因の一つと言われています。

これを防ぐためにはストレッチなどをときどき行うことが効果的です。

首のしわを作らないためのお手入れ

首のしわも見た目年齢に大きくかかわってきます。では、どのようなお手入れを行ったらよいかというと、基本的には、顔のお手入れと同じものを使っていれば大丈夫です。しっかりと保湿をして、週に1度パックを行っていれば、しわの少ないスムーズな肌を保つことができます。

首のしわが甲状腺の異常などによってできてしまっている場合はまずは医療機関の受診が必要ですが、軽度のものなら、二重あごのストレッチと組み合わせて首のマッサージも行うことが効果的です。あごから首のリンパの流れを整えるように、あまり皮膚を強くこすらないように気を付けて無理のないように行うのがおすすめです。

あごの下から鎖骨の方向へ向かって、老廃物を押し出すようなイメージでマッサージします。ローションをたっぷり塗り、滑りを良くして行うと、より高い効果が得られます。

そして、首にしわを作らないために重要なのが、枕選びです。自分に合わない高さの枕で寝ていると、睡眠中にどんどんしわが刻まれていくことになります。高すぎず、低すぎず、寝転んだ時に委縮せず、伸びた状態で保てるものが良いとされています。

できてしまったしわをなくしてしまうのは難しいので、できるだけしわを作らないよう心がけ、年齢を感じさせない首を保つようにしましょう。

首のしわ解消法
  • 顔のお手入れと同時に首も保湿する
  • リンパマッサージをする
  • 高さの合った枕を使う

デコルテのしわを改善する方法

デコルテのしわが気になってきたときには、十分な日焼け止め対策を行ってみるとよいでしょう。デコルテ部分の紫外線対策を行わないと、お肌が紫外線に反応してしまい老化がひどくなってしまいます。その結果、しわが増えてしまうだけではなく、お肌に深く刻みつけられてしまうのです。

デコルテのしわを改善するためには、日焼け止めを使って日がお肌に当たらないように対策を行ってみるとよいでしょう。日焼け止めを塗ることで、お肌に対しての負担を軽減することができ、肌のしわを防止できるようになってきます。それに加える形で、デコルテ部分のマッサージを行うことで、お肌に柔軟性をプラスさせられるようになります。

デコルテ部分のしわが酷い時には、栄養豊富な美容液やクリームを使って、お肌をマッサージすると効果を感じることが可能です。ただし、マッサージするときに必要以上に力を入れすぎてしまうことで、皮膚に摩擦を与えてしまう為、力を入れずにマッサージを行うようにしましょう。

力を入れることなくマッサージすることで、お肌に対しての柔軟性を与えられるようになり、老化が広がってしまったお肌も、しわのない若々しいお肌に改善していけるようになるのです。

デコルテのしわ解消法
  • 日焼け止めを塗る
  • マッサージで血行を良くする
  • 化粧水や美容液をデコルテにも使う

やりがちな誤ったしわ解消法

しわを解消したくて一生懸命ケアをしたにも関わらず、効果が出ないばかりか、逆に悪化してしまう場合があります。その原因は誤ったお手入れにあります。正しいケアでしわを悪化させないように気をつけましょう。

マッサージで皮膚を引っ張りすぎる

シワ解消の効果を早く得たくて、ぐいぐいと引っ張ってマッサージをしていませんか?お肌はとても繊細でデリケート。強く引っ張ることでダメージを受けてしまい、かえってしわをつくる原因になってしまいます。

力を加えすぎないように気をつけてやさしくマッサージをしましょう。指が肌をすべる程度の強さが目安です。力加減がわからない場合は、エステサロンなどでプロのマッサージを受けると力加減の勉強になります。

長時間のマッサージ

マッサージをする場合は、マッサージオイルやクリームを使用して肌への刺激を和らげます。ところが、長時間マッサージを続けているとオイルやクリームが肌に浸透してしまい潤滑効果が薄まってしまいます。

そのため、何もつけずに直接マッサージをしている時と同じ強い刺激を肌に与えてしまうのです。マッサージはだらだらと長時間続けずに、ピンポイントにツボを刺激する程度にしておきましょう。

表情しわ対策のポーカーフェイス

笑いジワや、額のシワを作らないために、表情を変えないように努力をするのも間違った対策です。顔の表情を動かさないことで表情筋が衰え、顔全体の新陳代謝が悪くなってしまいます。

顔の新陳代謝が悪くなると、顔色のくすみの原因にもなり、しわの原因にもなります。また、笑顔が少ないと口角が下がってしまい、いつも不機嫌な表情に見えてしまうため、良いことはありません。

  • マッサージは優しく時間をかけすぎない
  • 表情筋を鍛えることはしわ解消効果がある

勘違いお手入れでしわを増やさないように気をつけましょう。