気になるしわメイクで上手にカバーするには!ファンデの塗り方

しわを目立たせないためには、日頃のケアが欠かせないのは大前提ですが、「今すぐ隠したい!」そんな時にオススメなのが「しわ隠しメイク」です。しわを目立たせなくさせるファンデーションやしわとりテープなどの役立つ知識をまとめました。

しわをメイクでカバーする方法

しわが目立つ状態は、皮膚が乾燥している状態のため、肌の潤いを維持させることで、メイクのりも良くなります。しわをカバーするメイク方法として、下地を付ける前に肌にたっぷりと水分を与えます。乾燥によってしわはさらに目立って見えてしまいます。肌に水分を与えることで、角質が水分でふっくらとするため、しわが目立ちにくくなります。

たっぷりと保湿したあとは、保湿効果の高い下地を使うことで潤いを保ちながら肌の赤みなどをカバーすることができます。それでも、しわが目立つ場合には、コンシーラーを薄く塗ってカバーする方法があります。コンシーラーは部分的に厚く塗ることで、光に当たった時に不自然に見えることがあるため、注意が必要です。

肌を乾燥させないためにリキッド系のファンデーションは薄く塗ります。仕上げにフェイスパウダーで肌全体をブラシでブラッシングして肌にツヤを出します。隠すのではなく、明るい色で目立たなくする方法もあります。

しわにペンタイプの白っぽいハイライトで明るい色をつけることで膨張して見えるため、目立たなくさせることができます。ハイライトがない場合には、肌よりも明るいコンシーラーでも代用することができます。

しわを目立たなくさせるファンデーションの塗り方

しわがあると、それを隠そうとして、どうしてもファンデーションを厚塗りにしてしまいがちです。しかし、そうすることによって、しわの間にファンデーションが入り込み、余計に目立たせてしまう結果になってしまいます。そんな時は、いくつかのポイントを抑えることによって、ファンデーションで目立たなくさせることができます。

まずは、基礎化粧品をしっかりとつけて、瑞々しい肌の土台を作ります。そして、リキッドファンデーションを薄く伸ばしていきます。しわの目立つところは、特に薄く塗るようにするのがポイントです。目の周りは特に念入りに、目尻から目頭に向かって、トントンと叩きこむように塗っていき、スポンジで軽く押さえ、肌になじませます。

最後に、ルースパウダーを上からはたき、パフで押さえて肌に密着させます。ヨレが防げ、しわが目立たない状態を長持ちさせることができます。また、パウダーをつけるときも、目尻から目頭に向かってつけ、しわが目立つ部分は、下から上に向かってつけます。

このようなポイントに注意することによって、しわの目立たない若々しい肌に見せることができます。厚く塗るのではなく、薄くブレンドさせるように塗るのがコツといえるでしょう。

しわを隠すにはコンシーラー

コンシーラーは、クマはもちろん、しわも隠してくれる万能アイテムです。目元以外のしわやくすみもカバーしてくれるので、しみ、しわが気になる年齢の方には欠かせないアイテムです。アイメークのベースメイクとしても使えるので、世代によって使い方は様々かと思います。

使い方は簡単で、クマなども目元にはスーッとひと塗りして、指で軽くトントン叩く用になじませます。ほうれい線などのしわにも、同じように線に沿ってひと塗りした後指で軽く叩くようになじませます。顔全体に使えるので、クマのような暗くなってしまっていた顔の部分も明るくなり、全体的にパッと明るくなった印象を持ちます。

しみ、そばかすをしっかりカバーしてくれるので、実年齢よりも若く見られるようになります。ファンデーションをただ重ね塗りするだけでは厚化粧の印象になり、また不自然な仕上がりになってしまいます。コンシーラーを部分的に使用することによって、しみ、しわの部分はしっかりカバーしつつ、全体的に薄化粧の印象を与えます。

色合いもとても大切になりますので、自分の肌とファンデーションと合った色を選ぶ事をお勧めします。色味の明るいものは、ハイライトとしても使えるので、用途に合わせて様々な色のコンシーラーを持っておくのも良いです。

即効性があり注目されているしわ取りテープ

どんなにケアをしていても、加齢とともにしわができてしまいます。また、一度できてしまったしわは、通常のスキンケアだけでは改善しにくいというのが実情です。そんななか、簡単にできて即効性があると注目されているのが、しわ取りテープです。

しわ取りテープには、外出時などに貼って一時的に目立たなくさせるタイプと、家にいる時に貼って、薄くしていくタイプの2種類があります。外出時に貼るタイプのものは、たるんだ部分を引き上げながら、耳の後ろやこめかみ張り固定します。美容整形のリフトアップ手術の原理を利用して、皮膚をピンと張った状態にするものです。

家にいる時に貼るタイプのものは、気になる部分を伸ばしながら貼り、肌に伸ばし癖をつけるというものです。テレビを見ながらや、眠っている間に、貼っておくだけでよいという手軽さです。

どちらの方法においても、テープを貼るときは、あまりきつく貼り付けないことが大切になります。はがす時に肌に刺激を与えすぎると、よけいにしわを悪化させてしまう場合もあります。テープの種類は、しわ取り用に販売されているもののほかに、医療用のサージカルテープでも代用できます。それ以外の物は、通気性などの点からも避けたほうが無難です。

しわを伸ばす色々な方法

顔にできるしわには色々な種類があります。その種類に応じて適切なケアを行えば、効率良くしわを伸ばすことができます。一般的には、表皮部分に表れている浅いしわなら、それほど苦労をしなくても短期間のケアで伸ばすことができます。しかし、深いしわになればなるほど、改善には時間がかかります。

皮膚が乾燥していて、小じわやちりめんじわが表れることがあります。この場合は真皮層まではいっていませんので、水分や脂分を適度に補って角質層の乾燥を防ぐことができれば良くなります。このタイプは年齢が若くてもできてしまう可能性があり、栄養状態や水分摂取量とも深い関わりがあります。

たるみやほうれい線は、見た目年齢を大きく左右します。皮膚的な問題ではヒアルロン酸等の潤い成分を補うことで改善されますが、顔の筋肉量の問題が絡んでいるとフェイスストレッチが必要となるケースもあります。

その他、表情のくせによりしわになることもあります。その場合は原因となっているくせを改めることで改善されますが、長年同じくせを続けていると自然には治らないケースもあります。保湿をしっかりと行い、ストレッチを行うことで浅いしわは少しずつ薄くなりますので、諦めずにケアを続けることが大切です。