生活習慣の乱れが影響?しわやたるみの原因を理解して若々しい肌へ

しわを作ってしまう原因には様々なことがあげられますが、中でも生活習慣が大きくかかわってくるそうです。クレンジングオイルでしわを増やしている可能性がある、肥満がしわを作っている可能性、皮下脂肪が少なすぎるとしわの原因になる、などの情報をまとめました。

しわの2大要因は乾燥と紫外線

しわには小じわから深いしわまで大小さまざまなしわがあります。また、しわのできる部分はそれぞれ違います。ですが、ほとんどのしわは大きく分けて乾燥と紫外線が原因で発生しているのです。

乾燥が原因のしわ

一番多い原因が乾燥によるしわです。お肌が乾燥すると、角質層が乱れ小じわやちりめんジワができやすくなります。季節の変化で乾燥しがちな時期や、スキンケアが不十分で保湿不足の場合に、乾燥しやすくなります。また、加齢によりお肌の水分量をキープする力も失われ、乾燥肌になりやすいのです。

加齢とともにシワが増えるのは年齢に合ったスキンケアに切り替えないために水分量が不足してしまうために起こります。自分のお肌の状態を常に把握し、最適なスキンケアをこころがけましょう。また、お手入れのしすぎによる乾燥も考えられます。

過剰なクレンジングや洗顔を行っていないか、落とすスキンケアにも配慮が必要です。

紫外線が原因のしわ

紫外線は日焼けやしみに注目しがちですが、シワの原因にもなります。紫外線を浴びることで、皮膚のコラーゲンが失われてしまいます。コラーゲンが減少することでお肌にダメージが起こりシワになってしまいます。

加齢によるシワは紫外線の蓄積が原因の場合もあります。若いうちから紫外線を予防することで、しわの出現を遅らせることができます。

紫外線は季節に関わらず一年中降り注いでいます。油断しがちですが日差しの降り注がない悪天候の日でも、紫外線は存在します。紫外線対策をする場合、季節や天候に関係なく一年中対策をするように注意しましょう。

その他のしわを作ってしまう生活習慣

しわは、お肌の老化現象として考えられています。確かに、加齢による皮膚内のコラーゲンの減少によりしわは発生しますが、原因はそれだけではありません。生活習慣にも原因となるものがあります。習慣を見直して、しわを作る原因を少しでも減らすことで、若々しいお顔でいることができます。

眠る時に横向き姿勢の人
横向きに寝ると、身体が曲がってしまうので、しわの原因になります。
入浴時にシャワーで洗顔する人
シャワーを浴びる際に、顔に直接お湯をかけてしまうのも良くありません。肌を保護する角質がはがされてしまい、顔のたるみにつながって、結果的にしわになってしまいます。
表情が豊かな人
表情が豊かな人も注意が必要です。笑ったり怒ったりするときには、お肌のしたで筋肉が動いていますが、何度も同じ表情をしていると、皮膚に動きが刻まれてしまうためです。
肩肘をつく癖のある人
頬杖をつくのも、一定方向に圧力をかけているので、良くありません。
スマホやPCを日常的に使う人
スマートフォンやパソコンの普及によって、下を向いている時間が多くなりましたが、うつむく姿勢は口角が下がり、筋肉も衰えてしまいます。
お酒やタバコを摂取する人
タバコにはビタミンCを破壊する副作用がありますし、アルコールはコラーゲンの代謝を低下させます。

思い当たる習慣がある場合は、改善するように気をつけましょう。

スキンケアの過不足がしわの原因

スキンケアで一番重要なのは洗顔です。きちんとメイクを落とし、たっぷり泡立てた洗顔で洗うことで、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂をかきだし、化粧水などが浸透しやすくなります。しかし、クレンジングの種類によっては様々なトラブルの原因になってしまうものもあります。

またクレンジング後の保湿ケアが十分でない場合も、しわの原因になってしまいます。

ここがポイント!
過剰なクレンジングと保湿不足がしわの原因になる

オイルクレンジングの過剰な洗浄力がしわの原因に

オイルクレンジングは汚れがよく落ちるのでとても人気があります。しかし、よく落ちすぎるため肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥してしまいます。乾燥すると肌を守ろうとする防御本能が働き、皮脂が過剰に分泌されます。

そのため毛穴の中に汚れや皮脂がつまってしまい、しわやたるみなど更なる肌トラブルを起こしてしまいます。また、オイルは酸化しやすく、酸化したオイルを顔に塗ることで肌の老化が促進されてしまいます。

ふき取りシートのクレンジングの刺激がしわを作る

ふき取りシートは毛穴の奥まで汚れが取り除きにくいため、汚れが落ちにくく、ゴシゴシ擦ってしまい、しわの原因になってしまいます。そのため、肌が傷つき、そこから吹き出物などの肌トラブルが出てきてしまいます。

肌にとって一番ベストなクレンジングはクリームタイプのものです。優しくマッサージしながらメイクオフすることで肌を傷つけずにしっかり汚れを落とすことができます。しわやたるみの予防にもなります。

保湿が不十分でしわができる

細かいしわは、水分不足により起こるので、スキンケアを丁寧にすることが大切です。忙しいからと保湿ケアをおろそかにしていると、どんどん進行してしまいます。コラーゲンなどのハリを作る成分やヒアルロン酸などの保湿成分の配合された基礎化粧品を日常使いにしましょう。

過剰なクレンジングで油分も落としすぎている場合には、乳液やクリームで油分を補うことでお肌の保水力を高めることができます。

肥満や痩せすぎがしわの原因になる

特に太った人がダイエットに成功しても、太っている時にのびた皮膚が痩せることで体の表面がしわやたるみが目立っていることがあります。

ダイエットしても伸びた皮膚が戻らない

若いころの肌は新陳代謝が活発で、一旦皮膚がのびて痩せても皮膚はもとの状態に戻りやすいのですが、20歳を過ぎたあたりからのびた皮膚はもとに戻りづらくなります。原因となるストレスを少なくすることと、自分でマッサージをすることもしわやたるみ改善が期待できます。

顔や体のしわやたるみの原因になるのは、肥満と糖化です。この肥満などの原因を食事で抑えることが可能で、これはたるみやしわを防ぐ食事方法にもなります。

たるみやしわを防ぐ食事方法
  • 野菜を最初に食べる
  • 野菜や豆類、海藻など食物繊維が多い食材を選ぶ
  • 色の濃い野菜や果物を摂取する

たるみやしわの原因と考えられる肥満への食事方法は、野菜を最初に食べる食習慣が大切です。これを実施するだけで肌の弾力を低下させる糖化や脂肪を溜めて肌をたるませる肥満も抑えることができます。食材選びも大切です。

野菜や豆類、海藻など食物繊維が多い食材を選ぶことでAGEsの排出を促すことができ、色の濃い野菜や果物を摂取すれば抗酸化成分で糖化も防げます。朝食のとり方も大切です。朝食には血糖値を上げにくい食事が効果を高め、昼食後の血統値をあがりにくくします。野菜を加熱調理する際は、歯ごたえを残す程度に調理することも大切です。

皮下脂肪が少ないとしわの原因になります

コラーゲンやエラスチンなどが減少することで皮膚にハリや弾力が少なくなり、しわが出来やすくなります。皮下脂肪が減少することでも、しわができることが考えられます。皮膚は表皮、真皮、皮下組織で構成されています。この3層がバランスでハリや弾力が保たれています。

表皮は主に水分保持やバリヤ機能があります。表皮の下の真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が大半を占めており、それらがハリや弾力を生み出します。真皮層の下に皮下脂肪層があります。この層は大半が脂肪組織ですが、コラーゲンなどの組織もあり、コラーゲンの隙間を脂肪で満たしています。

脂肪が減少すると皮下層の弾力がなくなり、コラーゲンが歪み、深い層でのたるみやしわになってしまいます。加齢や過激なダイエットなどで皮下脂肪が減少すると皮膚にハリがなくなりたるみを起こします。さらに皮膚が余ることでしわにもつながっていきます。

これは皮下脂肪が少ない皮膚が薄い部分や、表情をつくる時にしわが出来やすい部分に影響します。ハリや弾力がある肌は表皮、真皮、皮下組織がしっかり構成している状態で、この3層の状態を保つことがしわやたるみを少なくしたり、改善できる方法です。