しみそばかす・肌トラブルの原因は?肌の悩みを改善するためのターンオーバーを考えたケア方法やしみそばかすを消す人気の施術について

しみ・そばかすを増やしてしまう原因は様々あります。自分では正しいと思ってるスキンケアのやり方も、実は間違っている可能性があり、知らない間に肌を傷つけてしまっている可能性があります。

今回は、肌トラブルを改善する方法についてまとめました。

自分では改善しにくい肌トラブルを改善する方法とは?

1.しみやそばかすを改善させる方法

しみやそばかすは出来てしまうとなかなか消すのが難しい肌トラブルの1つです。実際に改善させようとしても何をしていいのかわからないという方も少なくありません。

スキンケアを変えてみよう

スキンケアや日常生活の一工夫で改善することができます。スキンケアでは美白用の化粧水を使うと効果的です。

美白化粧品にはビタミンC誘導体という成分が入っています。しみやそばかすの原因であるメラニン色素を還元して、徐々に薄くしていく効果があります。

ビタミンCは食品で摂取することもできますが、体内で分解されると様々な部分に吸収され肌にたどり着くころにはごくわずかな量になってしまいます。そのため、スキンケアでのビタミンCは肌に直接染み込ませた方が効率がよいです。

1日2リットルの水で新陳代謝を活発に

体の中からできることは水分摂取です。一日2リットル以上の水を飲むことで新陳代謝がよくなります。新陳代謝が活発になると肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、幾重にも重なった角質も古い順に剥がれていきます。

そうすることでしみやそばかすができてしまった部分も徐々に薄くなっていきます。常に新鮮な水分が体内に入ってくることで水分代謝も良くなるので、肌に潤いやはりが出てきたりと美肌効果も抜群です。

2.年齢によって出てくる肌トラブルを改善する方法

しみなどの肌トラブルは年齢を重ねると出てきてしまいます。この老化現象を改善するためには体の中と体の外、両方からアプローチをしないといけないのです。

体の中からのアプローチは、根本の老化を抑えることが大切です。この老化の原因は活性酸素です。

抗酸化作用のあるサプリで体の中からアプローチ

活性酸素が異常に発生してしまうと体が酸化してしまうのです。酸化することでしみやシワなどが出てきてしまい、病気にもなってしまいます。

この活性酸素を抑えるものがファイトケミカルです。ファイトケミカルは抗酸化作用があるので、活性酸素の異常な発生を抑えて酸化させないので、若返りの効果があります。

抗酸化作用は肌の若返りだけでなく、病気の予防にもなります。ファイトケミカルはサプリメントで手軽に取れるので、毎日取ることでしみなどの肌トラブルを改善します。

美白化粧水で体の外からアプローチ

体の外からのアプローチは美白化粧品をつけることです。美白化粧品に含まれているビタミンC誘導体が重要で、ビタミンC誘導体がメラニン色素を還元してくれるのです。

ビタミンCは体の中からだとなかなか届かないので、直接肌に浸透させることが大切です。このようにしみなどの肌トラブルを改善するためには体の中からと体の外からの両方のアプローチが大切になってくるのです。

正しいお手入れ方法で効果的に肌の悩みを改善しよう

1.しみのお手入れは化粧品だけではない

そもそもしみができてしまう原因とは?

しみは年齢を重ねるごとに増え、広がってしまいます。早い段階でお手入れをして、薄くしていかなければなりません。

しみの原因はメラニン色素です。紫外線にさらされると肌の中のメラニン色素が肌を守ろうとします。それが肌に残ってしまうとしみに変化してしまいます。

本当は体の循環がきちんと行われていれば、なくなるのですが日常生活でそれが難しくなっています。お手入れ方法は化粧品が一番です。

もちろんビタミンCのサプリメントや多く含む食材を食べるのも重要ですが、身体に吸収される順番があり、肌が一番最後なので肌に届くまでに他の部分に使われてしまいます。

しみケアに最適とされている水分摂取と植物性タンパク質の摂取

ビタミンC誘導体という成分が含まれた化粧品でケアをする方が手っ取り早く確実です。また、ビタミンCの吸収をよくしたり、肌のターンオーバーを正常にして古い角質をはがすためにも水分の摂取が必要です。

一日に使われる水分は2リットルなので、それ以上の水分が必要です。一時間にコップ1杯、トイレや入浴後に1杯、食事中にも水分をよく飲むなどこまめに摂取すれば2,3リットルは飲めます。

意識して水分摂取をしてください。また、肌を形成しているのはタンパク質です。動物性より植物性のタンパク質を意識して摂取することもスキンケアの重要な方法です。

2.ターンオーバーを整えてしみを消す

しみを消す方法には色々なものがありますが、基本はターンオーバーを整えることです。ターンオーバーが乱れてメラニンの排出が遅くなると、細胞の生まれ変わりが阻害されてしまいます。その結果、しみになりやすい状態になりますので、ターンオーバーの正常化はとても大切なことです。

ターンオーバーを整えるのに必要な成分と摂取方法

ターンオーバーを活性化させるために、ビタミンCやビタミンEを積極的に摂取します。

緑黄色野菜や果物から取り入れても構いませんが、コンスタントに摂取できないと効果が限定的になってしまいますので、サプリメントを服用するという方法が良いケースもあります。

サプリメントなら一定量を継続して摂取することが容易ですので、効果が表れやすいといわれています。

ターンオーバーと睡眠の関係性

ターンオーバーには睡眠も不可欠です。長い時間寝るということではなく、ちょうど良い時間で質の良い睡眠がとれるように環境を整えることが大切です。

寝ている間には成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンには傷ついた細胞を修復する働きがあります

つまり、肌細胞の修復に欠かせないものであり、成長ホルモンを十分に働かせるためには睡眠の確保が重要です。これらにプラスして肌ケアを行えば、内側と外側の両方から改善できます。

 

3.しみにも良い効果がある肌断食

皮膚にできるしみというのはあらゆる刺激から皮膚を守ろうとする防御反応で働くメラニン色素が肌内に溜まることによって作られます。

しみを取り除く治療やケアは様々ありますが、その中でもあえて何もしないという肌断食も有効な方法とされています。

肌断食とは?

肌断食というのはメイク以外にも化粧水を始めとする基礎のケアもしない期間を作り、肌本来の自己治癒力を高め、乱れやすい肌サイクルを整えるという効果が期待できます。

しみは肌サイクルが順調に行われ、新しい肌細胞が古い皮膚を押し上げて排出していくターンオーバーという働きにより古い皮膚と共に肌表面から消えていくものです。

そのため肌サイクルを整えターンオーバーを潤滑に行わせるための肌断食は有効な手段と言えるのです。

近年様々なケアアイテムが登場し一見良さそうに見える肌ケアも頻度や使用方法によっては肌に良くない刺激になり逆効果になってしまうことは多くあります。

特に湿疹や炎症を伴っている場合には色素沈着してしまう可能性も高く新たなしみにつながってしまうこともあります。

その点で肌断食法を実践したケアは刺激がほとんどないということが大きなメリットとなります。より自然に肌の機能を高めながら様々なトラブルを改善することに期待できます。

自分ではどうにもできない!しみを消すのに人気の施術

現在、多くのしみは美容皮膚科や美容整形外科等で、行われている治療によって、消す事が可能となってきています。

しみの原因からアプローチしてくれるレーザー治療の仕組み

しみの治療法の中でも、人気が高いのが、レーザーによる治療です。皮膚の中のメラニン色素を破壊する働きを持つ、レーザーを照射する事で、しみの原因となっているメラニン色素を破壊する事が出来ます。

レーザーを照射した部分は、軽い火傷のような状態になり、かさぶたが出来る事になりますが、このかさぶたは自然に剥がれ落ちるまでそのままにしておく事が大切です。

そして、かさぶたが剥がれ落ちると、しみが消えている事が殆どです。ただ、色素の状態によっては、繰り返しの照射が必要となってきます。

かさぶたが剥がれた後は、しばらく皮膚がピンク色の状態となっていますが、これも時間が経つにつれ、他の肌と同じ色に戻り、綺麗な肌へと変わっていきます。多くの人は、1回の照射で綺麗な肌を取り戻す事が出来ると、高い注目を集めています。

ただ、生まれつきのしみ等、状態によっては、完全に消す事が出来ないものも存在します。しみというのは、出来てしまうと、消えないと考えてしまう人も少なくありませんが、美容皮膚科等で治療を受ける事で、消していく事が可能となってきています。