いま注目の化粧水をつけない美容法「肌断食」とは?

化粧水をつけない美容法について、化粧水の肌断食はどんなものなのか、脂性肌・ノーマル肌の人の為の化粧水について、知っておきたい化粧水の合う合わないの個人差について、体調に合わせた化粧水の使い方についてまとめました。

化粧水をつけない美容法に着目

化粧水をたっぷりとつけても蒸発してしまうので、当たり前のように使っている化粧水をつけないスキンケアが、最近注目されていますが、長年ケアしてきた方法とは違うやり方に、俄かには信じられないと言う人もいます。それだけでなく美容液なども肌には異物なので、つけない方が良いとさえ言われています。

これは断食に似た考え方で、ファスティングで胃腸を休め自然治癒力を引き出すのと同じで、肌にも余分なものはつけず、肌本来の美しさを引き出すと言うものです。だからと言って、いきなり何もつけないのでは、肌もびっくりしてしまいますから、洗顔後は馬油やワセリンなどを薄く塗るなどして様子を見ることが必要です。この時は水分を完全に拭き取る前に塗るのが効果的です。

実際に自然志向の女性は、洗顔料も衣類を洗う固形石鹸と同じものを使い、化粧水ではなく水道水や蒸留水などをつけ、その後は油分をしっかり肌に与えている人も多いですが、皆さんとても綺麗な肌をしています。皮膚科医や美容部員も、仕事のない日などは一日何もつけずに、肌を休めている人もいます。

この結果から言えるのは、化粧水が悪いのではなく、蒸発してしまう前に油分をしっかり補うことが大切なのではないでしょうか。肌は水分量と油分のバランスが重要ですので、化粧水ばかり多めにつけても、瑞々しい肌になるとは限りません。

化粧水などを一切使用しない肌断食について

現在はありとあらゆるスキンケア商品が発売されていて、エイジング、美白、など目的、季節別に選択肢は数多く存在します。自分の理想の肌に近づくために目的別に色々なアイテムを組み合わせて使用している人も多いと思います。ちゃんと基礎化粧品でお手入れをしているのに、肌のトラブルが改善しないという人は、肌そのものの再生能力を引き出すために、一度「肌断食」を見直してみましょう。

洗顔後、お肌に何もつけずに過ごす「肌断食」では、化粧水などの基礎化粧品も一切使わず、ファンデーション、パウダーなどのメイクアップ商品ももちろん使用しません。思い切ってスキンケアやメイクを一切やめるのは、決心が必要ですが、乾燥肌やニキビ肌などのトラブルが改善されたり、肌そのものが美しくなる事が期待されます。

人の肌は自ら水分や油分のコントロールを行う機能が備わっていて、それを化粧水などで過多に補うことで肌自体へマイナスの影響を与えていることもあるのです。肌断食で全くメイクを行わないことに抵抗がある人も、今はマスクの機能もかなり良くなってきているので、外出時にはマスクやメガネなどで外気や紫外線、ホコリなどのダメージを防ぐこともできます。

脂性肌にある化粧水はいくつかある

それぞれの肌質にあった化粧品を使うのは、肌荒れ対策にも効果的です。脂性肌にあう化粧水などを探して使うようにしておくと、乾燥やニキビなどを改善することができることもあります。脂性肌と言っても、さまざまなタイプがあるので、自分がどのタイプなのかをきちんと把握しておくことが大切です。

赤く腫れてしまい膿を持ったニキビ肌、ニキビ跡がありそこから毛穴の開きが気になる毛穴が目立つ肌、キメは整っているけれどとにかく脂が多いという肌など、数種類にわけることができます。その肌質によって、化粧水も違うものを使う必要があります。ニキビが気になる人はニキビ肌用化粧水、毛穴の開きが気になるようなら引き締め効果を期待することができる収れん化粧水を使います。

脂が多くて困っている肌ならば脂性肌用のさっぱりと書いてある化粧水を使用します。自分あった化粧品をまずは知りたい、という人は、美容部員の人や専門のクリニックなどでしっかりとどんな肌質なのかを確認してもらいます。

それから、化粧品をいくつか試してみて、自分にあったものを見つけるようにするといいです。脂性肌でもその人によって使うものは違います。なので、しっかりと自分の肌質をまずは見つけるようにしておきます。

化粧水が合う合わないは個人差がある

毎日の洗顔やシェービングによって肌は乾きがちになるものです。この状態を長い間放置しておくと、肌のバリア機能が低下し、様々なトラブルを誘発してしまいます。それ故に洗顔後の水分補給は必要不可欠なケアなのです。ここで使用するのは一般的に化粧水と呼ばれるものですが、これが自分に合うのか、それとも合わないのかは個人差があります。

肌の表面の状態は人によって千差万別であるため、自分自身に一番合う化粧水を使う必要があるのです。化粧水は水分を肌に補給しうるおいを与える役割が基本ですが、最近ではそれに加えて様々な付加効用を持つものも増えてきています。

洗顔で落としきれなかった余分な皮脂や老廃物を除去するものや、ニキビ跡やシミを薄くして目立たなくするもの等が一例です。また美白促進成分を含んでいるものもあり、そのバリエーションは目移りしてしまうほどに豊富です。一般のドラッグストアに陳列してるものからネット販売限定品まで、その種類は多岐にわたります。

言い換えればこれらは、多くの人たちの肌のケアへ関する意識が高まっている何よりの証拠でもあるのです。自分の肌質はもちろん、その時の肌状態によって製品を使い分けるのが肌ケアのテクニックです。

ノーマル肌におすすめの化粧水とは

ノーマル肌は4つの肌質の中で、皮脂と水分のバランスがとれていてお手入れのしやすい肌質です。皮脂が出すぎて肌がべたついたり、乾燥したりという肌トラブルも少ないはずです。今の肌のバランスをキープするために、水分を増やす保湿ケアをすることが大切です。季節の変わり目や体調の変化によって肌の状態は変わりやすいものですので、肌の変化を感じたら、それに合わせてケアを行なうようにしましょう。

ノーマル肌の時の化粧水は、一般的な柔軟化粧水で大丈夫です。コットンパックが毎日できるくらい安めのものでも大丈夫です。化粧水をつけるときはコットンか手でやさしく押さえこむようにつけてください。ノーマル肌の方のスペシャルケアには、美容液が配合されているパックやスクラブがオススメです。

パック美容成分を肌に浸透させることができますし、スクラブは肌のくすみを解消することができます。スクラブはしすぎると肌に負担がかかりますので、週に一度くらいにしてください。それぞれの肌質によって合う化粧品は異なりますので、化粧品を選ぶときには自分の肌質にあったものを選ぶようにしてください。ノーマル肌の方はたいていの化粧品が肌に合うので、自分に合うものを積極的に探すようにしてみてください。

化粧水を体調に合わせて使う

スキンケアを行っていて、いつもとは何か様子が違うと感じることはありませんか。肌は、毎日変化しているものです。自分の体調が変われば、肌の調子も良くなったり悪くなったりします。この変化を感じ取って日々のスキンケアを行ってください。

今日はいつも以上に乾燥していると感じたり、ニキビが出来たと言うことはありませんか。肌トラブルを感じたのならば、いつも以上に化粧水の量を多くしましょう。重ねづけをするくらいのほうが良いかもしれません。肌トラブルは、肌が乾燥しているから起こることが多いので、保湿に力を入れましょう。これだけでも肌の調子が改善されるはずです。

季節によってスキンケア用品を変えている人がいるでしょう。それも大事なことですが、体調と肌は密接に関係していますので、化粧水を使う量を変えることはしたほうが良いでしょう。何種類も化粧品をそろえなくても、保湿をいつも以上にするかしないかで対応できます。

かなり肌トラブルがひどくなった場合は、医師に診てもらったり、化粧品を敏感肌ように変えたりしてください。こういう時も化粧水は少し多めに使ったほうが良いでしょう。肌の潤い不足も関係しているでしょうから、化粧水を多めに使ってください。