もうしみには悩まない!万能クリームの効果って?

しみを目立たなくさせるには、早めの対処がカギになります。自宅で簡単にしみ対策ができるアイテムといえばクリームがメジャーです。目的のシミ対策に合ったクリームの選び方や美容成分、専用クリームについての情報をまとめました。

目的に合ったしみ対策用のクリームの選び方

美白とUVケアは似ていますが、違います。美白は紫外線によってできてしまったシミやそばかすを薄くしたり、メラニンがお肌の表面に出ないようにすることです。

一方、UVケアの場合には紫外線がお肌にダメージを与える量を減らすことで、しみとそばかすの原因となるメラニンが作られないようにするためのものです。それぞれのお手入れでしみの予防とできてしまったしみを薄くすることができます。

ここがポイント!
目的に合わせたシミ対策を取る必要があります。

しみを予防するクリーム

しみを予防するにはシミの原因からお肌を守る必要があります。しみは紫外線のダメージからお肌を守るために作られたメラニンが原因です。メラニン色素がお肌に残ってしまうとしみになるのです。お肌で作られたばかりのメラニンは、チロシナーゼという酸化酵素の活性化により黒いメラニンへと変わります。

つまり、チロシナーゼの作用を抑えることでシミ予防につなげることができるのです。チロシナーゼを抑制する効果のあるクリームを使うことでシミ予防につなげることができます。

しみを薄くするクリーム

しみができてしまったら、早急にケアを始めなければなりません。薄いうちに手を打てば、短い期間でも改善することができます。できてしまったシミを薄くするにはお肌のターンオーバーを整えて、メラニンを排出するように促します。ピーリング効果のある化粧品で外側から古い角質を除去し、ターンオーバーの活性化につなげます。

さらに、ビタミンC誘導体配合のクリームを使うことでメラニンの還元作用が高まります。

しみの種類とシミができる原因

自分の顔を鏡で見たときに、しみが気になっていませんか。これさえなければ、こんなに老けた感じがしなくて済むのにと思ったことがある人もいるかもしれません。実はしみにも種類があり、それぞれの原因により対策も変わってくるのです。

加齢によるしみ

紫外線が原因でできるシミ。長年、日光にさらされ蓄積したメラニンが排出できずに姿をあらわしたものです。お手入れでも改善しますが、完全に消すには時間がかかるしみです。

ニキビ跡などの炎症によるしみ

ニキビ跡のほか虫刺されなどの肌荒れによりできてしまったしみです。肌が炎症を起こした後、茶色から黒くなるものです。シミの中でもセルフケアで改善しやすいタイプです。

女性ホルモンが減少してできるしみ

肝斑と呼ばれるしみです。他のシミに比べて広範囲に渡って広がります。頬骨のあたりにできることが多いです。セルフケアでは治しにくく、美容医療でのケアがおすすめです。

色白な人に多いそばかす

遺伝により現れることが多いシミです。紫外線の量により薄くなったり濃くなったりします。セルフケアでは改善しないため、クリニックでの治療対象となります。

セルフケアで改善できるしみ

加齢によるシミや、炎症が原因のシミはセルフケアでも改善できます。日頃のお手入れにシミ対策を加えて、キレイなお肌を取り戻しましょう。セルフケアでは改善できないしみも皮膚科や美容皮膚科などの専門医への相談で改善できます。

皮膚科に行って薬を処方してもらったり、レーザー治療を受けることも可能ですので諦めずにケアしましょう。

しみに効くクリームの成分と選び方のポイント

美白効果が高いハイドロキノン

シミ対策で最もオススメしたいのがハイドロキノンです。もともと海外で使われていた成分で、メラニンの生成を抑えるだけでなく、すでにできたしみを強力に消してくれる効果があります。

かなり強い漂白効果のある成分です。そのため、以前は医師の処方箋がないと軟膏などを手に入れることができませんでした。しかし、今では配合量を少なくして市販の化粧品にも使われるようになったので、ドラッグストアなどでも手に入れることができます。

配合量がかなり多い場合は、手や指を使うのではなく、面倒などに少量を付けて、しみの部分にだけ塗ってください。そうしないと何もない部分に塗ってしまうとそこが白くなってしまうからです。

刺激が強すぎるため敏感肌や乾燥肌の方には向いていません。妊娠中の方も控えたほうが良いでしょう。

しみに効果的なその他の美白成分

ハイドロキノンの他にしみに効果的な成分は以下のような物があります。

  • システイン
  • アルプチン
  • プラセンタエキス
  • ビタミンC

シミ対策にはシステインという成分がおすすめです。美白に加えて抗酸化作用があり、お肌の老化を防ぐためにも欠かせない成分です。また、アルブチンにはチロシナーゼを抑制する効果があり、シミに強いお肌作りに効果的です。アンチエイジングで有名なプラセンタエキスにも、メラニン生成抑制効果があります。

古くから美白成分として使われてきたビタミンCもおすすめできます。即効性はありませんが、メラニンを減らしてくれる効果がありますし、お肌の再生を促すためにも欠かせない成分です。これらのクリームは顔全体のケアもできますので、便利です。

ビタミンCを摂取する際は、ビタミンCを肌に届けるビタミンC誘導体も役立ちます。ビタミンCもは水溶性ビタミンのため、そのままではなかなかお肌に浸透しません。ビタミンC誘導体は、皮膚への浸透を助ける役割があります。

美白成分は他にもたくさんありますが、初めてシミ対策クリームを手にとる場合には「医薬部外品(薬用)」と書かれたものを選んでみましょう。紹介したような美白有効成分が何かしら配合されているため、シミ対策効果が期待できます。

しみにも有効なかたつむり製品

美容に意識の高い女性が増え、メイクなどで飾った作られた部分に限らず素肌まできれいに保とうとする方も多くなっています。いつまでも若々しい肌を保つためにしみなどにも注意して紫外線を極端に避けるため、真夏でも真っ黒な帽子を被ったりしている人もいます。

しかしそれは予防対策であり、一度出来てしまったしみを元の状態に戻すのは至難の業です。そのような場合には創傷治癒力のある成分を取り入れる事が必要になります。スキンケア製品にも色々な配合物がありますが、かたつむりの粘液を利用したかたつむりクリームというものがあります。

この粘液には傷を治す力があるという事が発見されており、それを肌に塗布する事によってしみやしわなどの肌トラブルにも有効に働きます。ネーミングに躊躇してしまうという方もいますが、かたつむりをそのまま使用しているわけではなく、粘液を抽出して作られているものですから心配ありません。

化学物質とは違って天然由来のものですから敏感肌やアレルギーを起こしやすい肌の人でも安心して使えます
使い続ける事によって肌を根本から健康にしていくというメリットもあり、素肌を大切にする女性には嬉しい製品と言えるでしょう。

専用のシミ対策クリームで得られる効果

しみはとても目立って気になるものですが、日々のお顔のお手入れの際に工夫をするだけで、対策をすることができます。ナイトクリームやアイクリームなどの専用クリームを上手に活用してシミ対策効果を高めましょう。

ナイトクリームで寝ながらシミ対策を

自分でケアを行う場合、ナイトクリームがとても便利です。しみに働きかける成分を肌につける場合、寝る前が最適だといわれています。

それは、寝ている間に肌細胞の修復が行われ、瑞々しい新しい細胞がどんどん生まれるからです。肌のためには質の良い睡眠をとることが重要だと言われており、睡眠環境を整えるだけでも美肌効果を得ることができます。その睡眠時間を利用してしみのケアを行えば、より高い効果を実感することができます。

ナイトクリームに含まれる成分は、夜間の肌の代謝を促進させたり、色素沈着の原因になっている部分にアプローチすることができますので、お肌の修復にとても効果的です。自分でのケアですのである程度の期間はかかりますが、続けていけば透明感が蘇ります。

しみ、しわなどのポイントケアにアイクリーム

年齢を重ねるとよく動かす目元や口元からしわやしみ、たるみなどの肌トラブルが出てきます。スキンケアや食生活などで改善ができる場合もありますし、ヒアルロン注射などを美容整形外科などで受ける方も最近は増えています。

大半の方が自分にできる範囲以内であれば自分で何とかしたいと思っています。そのため日々のスキンケアでも化粧水の付け方、乳液、美容液、クリームの順番や塗り方にもこだわっている方もいらっしゃいます。それでも無理かなって言うときは目元専用のアイクリームを使うのもオススメです。

アイクリームにも様々な種類があります。アンチエイジングや保湿、しみ、しわ、たるみ予防などがあり、自分の求める効果のものは必ずあります。もし、自分の使っているスキンケアラインにアイクリームがあるなら必ずそれを使ってください。化粧品メーカーは自社製品をそろえて使うこと前提で作っています。

プラスアルファの美容成分があるクリーム

商品によって内容は異なりますが、保湿成分であるスクワランやコラーゲン、アンチエイジング成分のプラセンタやαリポ酸などが配合されています。お肌に直接美容成分を与えることができますので、シミ対策をしながら気になる部分にもしっかり効いてくれます。

効果的なシミ対策のお手入れ方法

美白化粧品やシミ対策クリームはライン使いで

化粧品メーカーが開発している化粧品やクリームは、同時に使うことで効果が発揮できるように作られています。1つでも他社製品が含まれると本来期待できる効果も期待できなくなってしまいます。

もし他社製品の製品でよさそうなものがあるなら、全て総入れ替えしたほうが効果を実感しやすいです。使う順番も重要ですが、だいたいは乳液とクリームの間か美容液と乳液の間にいれることが多いです。

使用期限を守って使う

シミ対策クリームに限らず、化粧品には使用期限があります。使用期限を守らずに使用すると、十分な効果が得られません。

特にシミ消し効果が抜群のハイドロキノンは酸化しやすい特徴があります。開封後は冷暗所で保存し、1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

生活習慣を見直してシミ対策をする

しみのケアには、日常生活を整えたり食事のバランスを考えることも必要です。抗酸化作用のある食べ物を使った食事をとることで、内側からしみに強いお肌を作ることができます。

また、規則正しい生活でしっかりと睡眠をとることで、成長ホルモンが出てお肌のターンオーバーも正常に整います。ターンオーバーが整えば、シミ予防にもつながり、できてしまったシミの修復時間も短くすることができます。

日々の生活を見直しつつ、効果的にクリームを活用してキレイなお肌を取り戻しましょう。